馬桜 掲示板


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字で8文字以内)   クッキー保存
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
[2099] 四度目の緊急事態宣言 投稿者:ばおりん 投稿日:2021/07/09(Fri) 06:59   [返信]
今日の一句
|、七夕や揚巻の帯懐かしむ
*助六由縁江戸桜の揚巻は、その衣装に五節句が見事の配置?されてます。
二度目の出の俎板帯の柄が短冊が散りばめられてる七夕を表してます。
正月・初めの出の打掛 後ろ向きになり注連縄と飾り海老。
三月・満開の桜と火焔太鼓の長着?。五月・俎板帯鯉の滝登り。
九月・二度目の打掛 有名画家の菊 立女形の贔屓が描くのが趣向です。
歌右衛門展で見た数々の打掛は素晴らしかった。


昨日の19時のNHKの総理の記者会見を見て感じた事から・・・。
11日の「初演の会」も13日「山野楽器落語の一日」29日「独演会」開催致します。

ワクチン接種から二晩が経ちましたが、お蔭様で副作用の症状は全くありません。
体調も良いので午前中に雑用を片付けてお昼からフィットネスクラブへ。
12時40分に36度6分で入館。血圧 115 67 でプールへ。
25m泳いで75m歩くを8本こなしてジャグジーに入る。
身体を改めて解して上がる。血圧 101 56 と 滅茶苦茶正常。

帰宅して、義弟が長野の土産で買って来てくれた、しっとりバームクーヘンと牛乳で遅い昼食。
再放送の「相棒・最後の淑女」を見て大相撲中継へチャンネルを変える。
ご贔屓・隆の勝はようやく初日が出ました。
中盤戦から頑張って、白鵬を苦しめた相撲が取れれば三役復帰は・・・早いと思います。
[2098] 七夕 投稿者:ばおりん 投稿日:2021/07/08(Thu) 10:33   [返信]
今日の一句
|、七夕や永六輔のご命日

*昨日は二つ目に成るときのプログラムに原稿を頂き、
真打昇進の口上を頂いた永六輔氏の祥月命日でした。
最後にお目に掛かったのは、両国のシアターX(カイ)でした。
もう身体の自由が利かなくなり車椅子での観劇でした。
改めてご冥福をお祈り致します。

お陰様でコロナ接種の影響はアリマセン!。
熱が出たり腕が上がらなくなる事が有るそうですが全く無症状です。
打った所に多少の痛みは感じますが、どうこう云う痛さでは有りません。
かみさんが水曜日で帰宅したのでワクチン接種の話を色々する。
大事を取ってプールへ行かず、一日家でのんびり過ごさせて貰いました。
と、言っても来月の「山野楽器落語の一日」の詳細を決める為に色々電話させて頂きました。
メールのやり取りでも良いのですが・・・まだまだアナクロ人間は電話が良いです。

かみさんは夕飯のお弁当(今回はカツサンド)と洗濯をしておかずを冷蔵庫に入れて帰宅。
もう 感謝の言葉しかありません。
かみさんは板橋区で無く実家の江東区で打てる様に手配したそうで・・・恐れ入りました!

先代の千賀ノ浦親方からメールを頂き恐縮していたら・・・隆の勝 惜しかったですね!
幕の内は最初の取り組みから結びの一番までテレビ桟敷で見せて貰いました。
やはり 相撲の基本は 押せば押せ 引かば押せ ですね。
引いて負けた力士が何人か居ました。
[2097] 改めて告知とお誘い 投稿者:ばおりん 投稿日:2021/07/07(Wed) 11:07   [返信]
今日現在 蔓延防止措置で緊急事態宣言には成らない様なので開催致します。
@どうやら緊急事態宣言に変わりそうですが・・・。
 万全の予防をして開催させて貰います。
入館前に、マスク着用・手消毒・検温をして貰います。


☆文月・初演の会
時:令和三年七月十一日(日曜日)
  13時30分開場・13時50分開演・16時00終演
所:板橋文化会館 三階第四会議室
*東武東上線大山駅下車徒歩3分
木戸:前売り完全予約制 定員20名 1500円
予約電話:090−8567−2302(事務局)
メール予約:baorin@reireisha.com
番組
|、宿題三題噺のお題を頂きます。 馬桜
|、人生相談室    馬桜
|、野晒し      春風 一刀
|、火焔太鼓     三遊亭 歌実
|、孝行糖      林家 たま平
|、おさん茂兵衛   鈴々舎 馬桜

@皆様のご予約をお待ちしております。
[2096] ワクチン接種 投稿者:ばおりん 投稿日:2021/07/07(Wed) 10:06   [返信]
今日の一句
|、ようやっと梅雨の晴れ間に接種終え

昨日は、少し早起きをして朝食を取り血圧の薬を飲む。
シャワーを浴びて注射が打ちやすい服を着て出掛ける。
近所の私の主治医の萩原医院で10時30分の予約で15分に着く。
結構 待合室は混んでました。夏風邪を引いて来た方もいたようです。

時間通りに検温・36度4分 問診 血圧128で下が聞こえませんでしたが正常の範囲です。
10時50分に打ちました。
左腕の筋肉注射 結構痛かった。(周りがさんざん脅かしてくれたのでその影響も有り)
15分待合室で待ったが、腫れもしないし腕も上がります。
真っ直ぐ帰宅・‥と、思いましたが蒸し暑かったので自分へのご褒美にアイスクリームを買う。

一応大事を取って昨日は何も予定に入れませんでした。
帰宅してからはテレビで熱海のニュースを見るが天災も有るが、半分は人災の様なきがしました。
14時45分からフジテレビで「古畑任三郎」を見る。
犯人役の弁護士の役で明石家さんまが出る。二人共若い!

見終えてNHKにチャンネルを変え大相撲中継。
気が晴れて異常も無く良かったです。

山野楽器から電話が有って8月は31日(火曜日)に決まりました。
たこ蔵師は吉例の浅草演芸場の余一会 「初代林家三平追善落語会」が有り欠席。
先日 八ゑ馬君に稽古した【井戸の茶碗】を此処で口演して貰う事にする。
詳細が決まりましたらお知らせ致します。

それより・・・「初演の会」まだお席が御座います。
[2095] 穴子の日 投稿者:ばおりん 投稿日:2021/07/06(Tue) 08:59   [返信]
今日の一句
|、稽古終え天三で喰う穴子丼
*昨日は7月5日で「なご」の日で穴子の日だったそうです。

昨日は、早めに雑用を片付けてフィットネスクラブへ。
10時10分過ぎに36度6分で入館して血圧 132 71 でプールへ。
*少し高めでしたが「朝の薬」を飲み忘れてました。
25m泳ぎ75m歩くを8本こなしてジャグジーに入り 血圧を再び計る 125 71です。

帰宅して、しっかり昼食を取り血圧の薬を飲む。
食休みをして雨が小降りに成って来たので出掛ける。
落語協会へは15時30分に36度6分で入館。
夏のご挨拶を(お中元)を事務員さん達に渡してたら、玉の輔師が来る。
可愛いマスクをしてたので写真に撮らせて貰う。

二階へ上がって、高座舞の浅茅師匠に挨拶をしてお中元の品を渡す。
今日から彦いち門下のやま彦君が新しく仲間に成る。
先ず、歩く事から稽古してまして、胸を張り腰を入れて歩くのは大変です。
私もお付き合いして軽く汗をかく。
そして、【鶴亀】と【風折り烏帽子】を浚い。
来年の高座舞の群舞【武田節】を稽古するが、立ったり座ったりで結構大変。

稽古を終えて、馬生師がやま彦君の歓迎の意味を踏まえて稲荷町の三天へ、と誘われる。
久し振りの三天でやま彦君は始めてで店の女将さんから先代・正蔵師の話を聞く。
当時 彼の大師匠・木久扇(木久蔵)が、此処の天ぷらを師匠のお使いで買いに来ていたそうです。
私も美味しく頂きました。
19時30分がラストオーダーで20時には閉店で大変だそうです。
一日も早いコロナ収束を願っております。

帰りは、大江戸線で春日で乗り換え三田線の板橋区役所前で降りて氷川図書館へ。
岡本綺堂の「半七捕物帳」を返却して同じ著者の【玉藻の前】を借りて来る。

さぁ 今日はコロナ予防接種を打ちに行って来ます。
[2094] 都議会議員選挙&ミイラ取り&読了 投稿者:ばおりん 投稿日:2021/07/05(Mon) 09:01   [返信]
今日の一句
|、深夜見る投票結果梅雨の末

昨日も変な天候の一日でした。
午前中に雑用を片付けてお昼過ぎに投票所へ。
結構 混んでたんですが投票率は相変わらず低いですね。

で、出口調査に捕まる?
正直に答えて、小池都政は「評価せず」に〇を付けました。
NHKでは無く読売新聞の小池都政の調査でもあった様です。

帰宅して、ユーチューブで談志師匠の晩年の「ミイラ取り」を見る。
独演会で突然のネタ変更で「鳴り物」が、入ります。
下座さんとの打ち合わせは無かった様で・・・いじり倒してました。
なんか情けない。清蔵が権助 で 角海老が三浦屋でした。
まぁ 名前なんかどうでも良い。と云う見本でした。
夕方に図書館で借りた昭和49年版を聴く。
こちらは圓生師がお手本の様でまくらでは稽古を付けて貰って無い様です。
まだ、鳴り物は入っておりませんでした。

大相撲名古屋場所が始まりました。
上位陣(白鵬・照ノ富士・貴景勝・正代)は白星で初日を飾りました。
ご贔屓 隆の勝は正代に何もする事が出来ませんでした。
「力(ちから)の差」は、歴然でした。
当たりをもっと強くして左で前まわしを取り右でおっつける。そう云う相撲を目指すべきですね。

「半七捕物帳」読了。最後の話「狐と僧」も面白かった!
[2093] 晴耕雨読 投稿者:ばおりん 投稿日:2021/07/04(Sun) 11:05   [返信]
|、梅雨末の土石流見る悲惨なり
*熱海の事故でお亡くなりに成った皆様のご冥福をお祈り致します。

昨日は土曜日でかみさんが来ていろいろ世話を焼いて呉れる。
朝は凄い雨でしたがお昼近くには小雨に成り15時過ぎに晴れ上がりました。
洗濯をして貰い、夕飯はお弁当を買って来て呉れて今日からのおかずを整えて呉れました。
美味しく頂きました!
感謝! 感謝!! 感謝!!! です。
終えて、かみさんは今日の「都議会議員選挙」の期日前投票をして実家へ戻りました。

私は、整体へ行く前に「半七捕物帳」を読み。
16時30分に整体へ。大山駅前のソフトな整体です。
帰宅して、マンションの一階のお宅の朝顔が結構咲いてました。
昨日は気温が上がらなかったので肌寒い一日でしたね。

半七「熊の死骸」「冬の金魚」「津の国屋」「二人女房」を読み終えました。
[2092] 半夏生 投稿者:ばおりん 投稿日:2021/07/03(Sat) 10:40   [返信]
今日の一句
|、蛸飯や一人静かに半夏生
*半夏生とは夏至から十一日目に当たる日の事

昨日は一日中肌寒い一日でした。
午前中に圓生師の【肝潰し】と【木乃伊取り】を聴く。
午後に、ミイラ取りを声を出して稽古。
やはり30分以上有ります。トリ根多ですね。

13時40分からテレ東の「ダーティハリー5」を見る。
この作品は見逃してました。結構重い内容で精神科医の持つ重要性は日本より米国ですね。
ラストシーンは日本映画では考えられません。
でも、爽快感は有りませんでした。

その後はテレ朝で相棒の再放送「辞書の神様」を見る。
アルツハイマー型認知症が根底にあるドラマで犯人は酒向芳(さこうよし)さん・・・知り合いの役者さんです。
キムタクの主演映画「検察側の罪人」の犯人役で一躍 怪優の名を上げましたが普段は普通の人。
まぁ 当たり前ですが役者さんは・・・つくづく凄い! と思います。
70歳を過ぎてから一番の心配は「惚け」です。
新しい知識に弱く成っております。特にスマホ系は情けないくらい駄目です。

夕飯までの時間は読書。
借りて来た『半七捕物帳・年代別』を読み始める。
いやぁ〜〜〜 面白い。江戸言葉満載。
第一回の「お文の魂」そして、半七が十九歳の見習い?時代の「大阪屋花鳥」を読む。
就寝前に「石灯籠」も読む。
[2091] 七月朔日 投稿者:ばおりん 投稿日:2021/07/02(Fri) 10:44   [返信]
管理人さま
「挨拶文」のアップ有難う御座います。
今月は、五月六月に比べて色々落語会があります。
助かりました!

今日の一句
|、雨音で七月の朝明けにけり
*朝の雨は正に驟雨でした。

さぁ 下半期のスタートです。
早い時間に雨音で目を覚まして出掛けられる支度をして長靴で師匠宅へ。

吉例の夏のご挨拶で弟子代表で私が伺いました。
馬風師匠もおかみさんも元気でほっとしてます。
二つ目の八ゑ馬(来春真打昇進)とあお馬の三人でご馳走に成る。
蟹入りのリゾット 玉子スープ トマトとキャベツと?のサラダ 美味しく頂きました。
? 名前訊いたけど・・・忘れた。
帰宅しようとしたら馬るこ君が美馬を連れて11時に来る。と云う情報。
二人が来て挨拶を交わして帰宅。

雑用を片付けてテレ東の映画【ローグ アサシン】を見る。
テレ朝で「刑事七人」を見て【おさん茂兵衛】を浚い 氷川図書館へ。
奥山景布子著の本二冊と山城少掾のCDを返却する。
新しく岡本綺堂の「半七捕物帳」を借り談志師の【ミイラ取り」のCDを借りる。
半七は、単行本の大きさなので読み易いんで借りました。
今月は、声を出して稽古をしっかりして、独演会と落語会に備えます。
[2090] ずぼらん 読了 投稿者:ばおりん 投稿日:2021/07/01(Thu) 08:45   [返信]
今日の一句
|、梅雨寒の中を勇んで行けばこそ 図書館晦日本日休館

☆「寄席品川清洲亭・づぼらん」奥山景布子著 集英社文庫刊 読了
ブックカバーの絵が面白い。
猫の名前:五郎太 落語家:九尾亭猫又を描いている。
読み終わった後改めて見るとニヤリとする。

安政二年十月二日の大地震が微妙に狂言廻しに成ってます。
主人公の秀八とおえいの夫婦に子が授かってその日に生まれる。
娘の成長も楽しみな大河小説です。
この小説を読んでいる時に被官稲荷にお参りに行き、見つけた鳥居の年号。
安政二卯年九月立之 と刻まれてます。 この鳥居は、その地震に耐えたのですね。
江戸の建築の凄さを感じました。
東日本大震災でも地震で崩壊した家はほとんど無く、その後の津波が大災害を招きました。

寺子屋の先生が河村彦九郎 戯作者・弁良坊黙丸 名前を聴いただけで「ああ〜!」
と、思うのは相当な落語通です。前者が上方落語【宿屋仇】で後者が江戸落語【天災】に出て来ます。
大変に洒落っ気のある著者で各章事のサブタイトルも皆洒落てます。

九尾亭天狗名跡の襲名の件 は、「いよ! まんてんの夜」でした。
朝ドラ「エール」でお若い方にも知名度がある「イヨマンテの夜」のもじりです。
襲名を相応しい落語家が決めるのでは無く、お客様が決める。
・・・何年か前の某大名跡を決める趣向を思い出しました。

付録のフジテレビアナウンサーの阿部知代さんの対談も面白く読ませて貰いました。
おススメの一冊です。
記事No 削除キー

- LightBoard -