馬桜 掲示板


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字で8文字以内)   クッキー保存
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
[2606] 酷暑 投稿者:ばおりん 投稿日:2022/08/04(Thu) 09:10   [返信]
今日の一句
|、体温を超える暑さや今の夏
*下五が・・・一考の余地ありです。

昨日は、水曜日でかみさんが来て呉れました。
夕飯は、検査の関係で一食抜いているのでそのままおにぎりにして貰いました。
洗濯をして貰い、用事を済ませて帰宅してから取り込みました。

私は、雑用を片付けて支度をして池袋へ。
ヤマノミュージックサロン池袋へ。
14時からたけ平君の【蜆売り】の上げの稽古です。
早めに着いたので、雑用を片付ける。
@9月4日(日曜日)馬桜堂の看板「古今亭志ん生」のペーパークラフトを高松氏から借りる約束をする。
A11月「團十郎襲名公演」の切符を頼まれていたのを事務所の人に依頼する。
B円朝座(8月11日)のプログラム原稿の案を考える。
と、云う所へ たけ平君が来て稽古をする。

8月12日から三日連続で、横浜にぎわい座で独演会だそうです。
14日の演目です。
終えて、隣のコメダで・・・と、結構並んでいるのでもう一軒のコメダへ。
こっちはもっと並んでいるので、サンマルコカフェへ。
色々情報交換をして、彼はお江戸日本橋亭へ。私は真っ直ぐ帰宅。

勉強部屋で【緑林門松竹】を浚い家に戻り夕飯を美味しく頂き。
洗濯物を取り込む。しかし 暑い一日でした。
[2605] 大腸癌の検査 投稿者:ばおりん 投稿日:2022/08/03(Wed) 09:49   [返信]
今日の一句
|、汗走る身体に悪い気温かな

8月2日(火曜日)に「大腸癌の検査」は決まってから緊張感が続いてました。
何人かの仲間がそれが原因で命を落としてますので・・・。
食事制限の朔日(ついたち)の夜21時に下剤を飲んで就寝。
午前4時に目が覚めてトイレへ。薬が効いてます。
水分をたっぷり取って二度寝。
また6時に目が覚めて、二度目のトイレへ。これがもうすでに嫌です。

雑用を片付けてシャワーを浴び支度をして、バスに乗り日大病院へ。
36度6分で入館して9時少し前に診察要領の説明を受ける。
器械で無い体温計で計ると35度9分 平熱が低いので良好です。
予約時間は10時でしたが、その前に下剤を飲み始める。
で、1,5リットル飲んで(一時間以上かけました)腸内を綺麗にして大腸カメラ。

自分で自分の内臓を見るのは、正直 好きでは無い。
3mmの大きさのポリープを二つ削除。
先生に訊くと、まったく問題は無く「癌のけ?」はまったく無いのでご安心を!
23日に詳しい事を主治医から聞いて下さい。との事。

なんか・・・疲れた!!
会計で13700円と言われて驚いた。老人なので二割負担ですから・・・
えっ 検査は7万円もするんだ! でも安全が保障されれば安いものです。と、思いました。

時間が合ってバスで帰宅して、しっかり食事を取る。
そうめんを薬味(葱・茗荷・大根)をたっぷり入れて食べる。美味しい〜〜!!
*検査前は薬味は駄目なんです。

終えて、パソコン関係の雑用済ませて勉強部屋へ。
冷房が効いてます。相棒の再放送「バーター」を見る。
随分前に話題になった官僚の天下り問題。落語家には無い価値観です。
でも、芸能界でも「バーター」は結構ありますね。
[2604] 八朔 投稿者:ばおりん 投稿日:2022/08/02(Tue) 07:15   [返信]
今日の一句
|、下剤飲み明日は検査の熱帯夜
*これから日大病院へ「大腸がん検査」に行って来ます。

|、八朔の雪は見たいし金は無し
*この川柳は、雑俳・つ花連の「立ち入り川柳・果物二つ以上」の時に三彩に入ったモノです。
徳川家康が江戸に入城したのが、八月一日(所謂・八朔)です。
それを記念? して吉原ではこの日 花魁が白無垢を着たそうです。
季節は「秋」に成ります。尚 果物ははっさくと梨です。
因みにその時の天は、|、声高の世間ばなしは垣根越し 私の句です。

昨日は、早めに起きて朝食をしっかり取り雑用を片付けて落語協会へ。

11時に36度2分で入館。10月の「初演の会」の予約です。
無事に10月22日(土曜日)に会場を押さえました。
因みに「葉月・初演の会=特集・禁演落語」8月27日(土曜日)
「長月・初演の会=特集・鳴り物入り噺」9月24日(土曜日)下座:石川さき師
が決まっております。

14時の「高座舞」の稽古まで二階が空いていたので【緑林門松竹・上総屋清三郎からあんま幸治」まで浚う。
二階を冷やして高座舞の稽古。
馬桜・花飛・彦三の三人で「風折烏帽子」「槍さび」を浚い。
私は「鶴亀」と「茄子かぼ」を浚ってお開き。
歌実君が来て入れ替わりでした。

真っ直ぐ帰宅して、色々今日の準備。
やはり久し振りの検査なので緊張しておりました。
[2603] 映画・ジェラシック ワールドを見る 投稿者:ばおりん 投稿日:2022/08/01(Mon) 09:10   [返信]
今日の一句
|、参ったと黙っていても汗が出る

昨日は7月31日で普段の年なら落語協会吉例の「夏の総寄合い」でしたが・・・
コロナ感染対策の為 中止に成りました。
「試演会」が終ってほっとして二度寝をして9時過ぎに起きました。
昼食をしっかり取り雑用を片付けてシャワーを浴びさっぱりして池袋へ。
映画「エルビス」を見るつもりでしたが・・・満員御礼札止めで諦める。
吹き替え版の「ジェラシック・ワールド」14時25分からなので切符を買う。
字幕版は、その速度に追いつかなくなりました。

時間まで13時からのお笑いライブ、ワンコイン(500円)を見る。
10組の若手の漫才とコントでしたが面白く拝見。
不思議な世界観を持った漫才がツボでした。

見終えて、映画館へ 夏休みのせいか子供の観客が結構居ました。
日テレの続けてこの映画のシリーズを遣っていて、それを見ていて良かった。と思いました。
最終版だそうですが、恐竜の動きがめちゃくちゃリアル(見た事はアリマセンが)。
見終えて、友人とお茶をしてバスで帰宅。

色々と雑用を片付けて21時からEテレで歌舞伎を見る。
「橋弁慶」牛若丸:萬太郎 凛々しくて結構でした。
弁慶:彦三郎 先々代(お祖父さん)にそっくりで嬉しくなりますね。

「義経千本桜・すし屋」を見ました。
菊五郎のいがみの権太に歳を感じました。
芝翫の梶原は始めて見ました。
橘太郎の母親は、悪くはないのだが本来のこの人の役どころでは無い様な・・・。
老け女形不足なんだと認識!
[2602] Re:[2601] 試演会 プログラム 投稿者:ばおりん 投稿日:2022/08/01(Mon) 09:02   [返信]
マロンさま

ご投稿有難う御座います。
「試演会」のプログラムが重複しますので、かってながらカットさせて貰いました。
申し訳御座いません。

> たっぷりのオープニングトークも楽しく興味深く拝聴させていただきました。
 かわら版の影響が大きい事が良く解りました。
> お目当てのわん丈さん「鰍沢」はもちろん、初聴きの「植木のお化け」は小すみさんのお三味線と歌唱力もあって聞き惚れました。
 絶対音感を持っている人の凄さです!
> 通常は下の方が上の師匠にお願いして噺を教えていただくのかと思いますが、馬桜師匠のように、この噺をこの方に覚えてほしいと、芸を伝えていくのもよいなと思いました。
 本来は、後輩が先輩にお願いしてそれを継承して行くのが筋です。
 そうなると今回の噺の様に継承する者に力が無いと・・・。
> わん丈さんは古典も新作もしっかり聴かせていただける推しの二つ目さん、小すみさんは尺八や洋曲アレンジなど注目の音曲師さん、今後も追いかけていきたいと思います。
 追い続けて下さい。
> 馬桜師匠推しの歌実さん、たま平さんも聴いてみたいと思います。
 プログラムにチラシが挟んであったと思います。
 私の独演会は25日(木曜日)です。
 「初演の会」は、27日(土曜日)です。
> 第二回の試演会にも期待しております。
  有難う御座います。
  今後も宜しくお願い致します。

[2601] Re:[2600] 試演会 プログラム 投稿者:マロン 投稿日:2022/08/01(Mon) 08:24   [返信]
たっぷりのオープニングトークも楽しく興味深く拝聴させていただきました。
お目当てのわん丈さん「鰍沢」はもちろん、初聴きの「植木のお化け」は小すみさんのお三味線と歌唱力もあって聞き惚れました。
通常は下の方が上の師匠にお願いして噺を教えていただくのかと思いますが、馬桜師匠のように、この噺をこの方に覚えてほしいと、芸を伝えていくのもよいなと思いました。
わん丈さんは古典も新作もしっかり聴かせていただける推しの二つ目さん、小すみさんは尺八や洋曲アレンジなど注目の音曲師さん、今後も追いかけていきたいと思います。
馬桜師匠推しの歌実さん、たま平さんも聴いてみたいと思います。
第二回の試演会にも期待しております。



> 第一回 
>
> 試演会
>
> 時:2022年7月30日(土曜日)
> 17時00分開演
> 木戸:2000円
> 所:落語協会二階(黒門亭)
>
> B&C面
>
>      ご挨拶                      鈴々舎 馬桜
>
> 本日はお暑い中のご来場で誠に有難う御座います。
> この原稿は一週間前に書いております。東京都の新規コロナ感染者数が三日連続で三万人
> を超えましたが23日(土曜日)は、東京都主催で国立競技場で一万五千人を入れてイベ
> ントを開催しました。本音は中止にしたかったんでしょうが? 休業補償が出来ないくら
> い都の財政もひっ迫して来てる様です。
> 今回は、新しい落語会「試演会」を立ち上げました。と言っても定期的に公演する予定は
> 残念ながら今の所は御座いません。
> この会のコンセプトとしては【古くて新しい落語模索中】です。いろいろ実験的な試みを
> 今までは「初演の会」で、遣らせて貰いましたが今回は【植木のお化け】を落語芸術協会
> 所属の桂小すみさんに移したのをきっかけに、新しい落語会で初演して貰い今後もどんど 
> ん高座に掛けて貰うつもりです。詳しい事は「噺のはなし」をお読み下さい。オープニン
> グトークでもその辺の話を致します。
> わん丈君は、私共の言葉で言うと「手みせ」なんです。それは、私のプロデュースする公
> 演の会のゲスト出演をお願いするかもしれません。それにしても若手の勢いを感じる数少
> ない若手の一人で、買いです。応援して上げて下さい。
>
> 噺のはなし
>
> |、オープニングトーク                         楽屋一同
> 本来ならば、前座さんが務める場所ですが、経費の関係でご挨拶と云う形で三人で一席の前 
> にお喋りさせて貰います。
>
> |、昔むかし                           鈴々舎 馬 桜
> 寄席には持ち時間が有ります。関東大震災の前は上席・下席の十五日間興行でした。震災後
> 庶民の暮らしが代り中席が増えて、十日間興行に成りました。それまでは真打(トリ)が続
> き物を口演してお客様を呼んだそうです。その筆頭が八丁荒らしと呼ばれた大看板の圓朝で
> した。圓朝が亡くなり鼻の圓遊の出現でこれではいけない、というので「第一次落語研究会」
> が誕生して今は第六次でTBSがスポンサーになり継続しております。
> その頃は持ち時間がひとり二十分くらいですが分裂騒動(落語協会・睦会・演芸会社)が有り、
> 睦会の頭取・五代目柳亭左楽師が、「演芸会社の所属芸人に比べて君たちは下手なのだから、
> 持ち時間を十五分にして、笑いの多い噺を遣りなさい!」となりこんにちまで続いております。
> しかし 寄席の軒数が減り落語家が増えお正月の持ち時間は、一時間に八人と云う状況に成り
> ました。そこで口演する演目を考えた末の結論が・・・本日 口演する噺だと初席の持ち時間
> だと三席分あります。お得感を満喫下さい!。
>
> |、植木のお化け                          桂  小すみ
> 大先輩の音曲師・春風亭枝雀師がこさえた一席です。残念ながら後継者が居ないので向こうへ
> 持って行って仕舞いました。宇都宮で「落語を聴く会」の主催者・清水一朗氏から連絡が有り
> 「復活してくれないか!」と、その音源を頂きました。こりゃ 俺には無理だ! むしろ一朝
> 兄さんの方が向いていると、正直思いました。兄さんはそのままの形で口演して、弟子の一花
> がなんとか口演しておりますが、まだまだ他人様に聴かせられる水準まで行っておりません。 
> しかし なんとか落語協会は継承できそうな雰囲気ですが、肝心の芸協にその人材がいないの
> で、私の方から小すみさんにお願いして覚えて貰いました。覚えの良い人でほっとしておりま
> す。私の遣ってみようと云うきっかけは、さるご贔屓が現代風にアレンジてみて口演したら、
> というアドバイスを受け本日の形になりました。若手は現代音楽は出来るのですが、長唄・小
> 唄・端唄・清元と邦楽です。で、プラスで演歌と宝塚と盛りだくさんです。
> この構成を、後代に残したい。と思いました。そのままで無く受け取った人たちの工夫の可能
> な噺です。近頃 落語がひと色になりつつありますので警鐘の意味合もあります。
>
> |、鰍 沢(かじかざわ)                      三遊亭 わん丈
> 三題噺の名作です。その題は、諸説有りまして東大落語会編・増補落語事典は「@小室山ご封 
> A卵酒 B熊の膏薬」榎本滋民著落語小劇場では「@山猟師 A信心 B卵酒」加太こうじ著
> 「落語の世界五」では、「@毒消し A鉄砲 B卵酒」と有ります。卵酒だけが共通です。伝
> 承と云うものが結構あやふやですが、三遊亭圓朝が創った事には間違いが無い様です。
> 今回は、その直系のわん丈が挑みます。直系と云うのは、圓朝→4圓蔵(俗に品川)→6圓生
> →圓丈→わん丈と成りますので彼は圓朝師の玄孫(やしゃまご)に当たりますので噺が本家?
> へ帰りました。初演は自分の独演会で今回が二度目の口演と成る予定です。
> 所謂 大根多ですのでなかなか口演する機会が少ないと思います。まだ二つ目ですので、寄席
> での口演は不可能です。真打でもトリでも務めぬ限りは無理ですのでまだまだ大分先に成りそ
> うです。それを楽しみに長生きして下さい。今は小さな落語会、特に二つ目勉強会で口演して
> 貰いたい。と、思ってます。それは先輩の落語家が唯一公認の前廻って後輩の落語を聴ける場 
> 所なので・・・。この噺の系譜は圓朝→4圓生→圓橘→6圓生→圓彌→馬桜→三三→わん丈と
> 繋がっております。私と三三は柳家系の落語家です。この辺が落語の世界の素晴らしい所です。
> この噺は圓朝がこさえたのだから、柳家系の落語は駄目だ!。と云う事の無い世界なんです。
> 芸事でこれが出来るのは寄席関係の大衆芸能だけですね。能・狂言・歌舞伎(特に十八番もの)
> など色々と約束事がある様で系列の違う筋の者の口演は不可能です。
>
> 改めて本日はご来場有難う御座いました。
[2600] 試演会 プログラム 投稿者:ばおりん 投稿日:2022/07/31(Sun) 22:59   [返信]

第一回 

試演会

時:2022年7月30日(土曜日)
17時00分開演
木戸:2000円
所:落語協会二階(黒門亭)

B&C面

     ご挨拶                      鈴々舎 馬桜

本日はお暑い中のご来場で誠に有難う御座います。
この原稿は一週間前に書いております。東京都の新規コロナ感染者数が三日連続で三万人
を超えましたが23日(土曜日)は、東京都主催で国立競技場で一万五千人を入れてイベ
ントを開催しました。本音は中止にしたかったんでしょうが? 休業補償が出来ないくら
い都の財政もひっ迫して来てる様です。
今回は、新しい落語会「試演会」を立ち上げました。と言っても定期的に公演する予定は
残念ながら今の所は御座いません。
この会のコンセプトとしては【古くて新しい落語模索中】です。いろいろ実験的な試みを
今までは「初演の会」で、遣らせて貰いましたが今回は【植木のお化け】を落語芸術協会
所属の桂小すみさんに移したのをきっかけに、新しい落語会で初演して貰い今後もどんど 
ん高座に掛けて貰うつもりです。詳しい事は「噺のはなし」をお読み下さい。オープニン
グトークでもその辺の話を致します。
わん丈君は、私共の言葉で言うと「手みせ」なんです。それは、私のプロデュースする公
演の会のゲスト出演をお願いするかもしれません。それにしても若手の勢いを感じる数少
ない若手の一人で、買いです。応援して上げて下さい。

噺のはなし

|、オープニングトーク                         楽屋一同
本来ならば、前座さんが務める場所ですが、経費の関係でご挨拶と云う形で三人で一席の前 
にお喋りさせて貰います。

|、昔むかし                           鈴々舎 馬 桜
寄席には持ち時間が有ります。関東大震災の前は上席・下席の十五日間興行でした。震災後
庶民の暮らしが代り中席が増えて、十日間興行に成りました。それまでは真打(トリ)が続
き物を口演してお客様を呼んだそうです。その筆頭が八丁荒らしと呼ばれた大看板の圓朝で
した。圓朝が亡くなり鼻の圓遊の出現でこれではいけない、というので「第一次落語研究会」
が誕生して今は第六次でTBSがスポンサーになり継続しております。
その頃は持ち時間がひとり二十分くらいですが分裂騒動(落語協会・睦会・演芸会社)が有り、
睦会の頭取・五代目柳亭左楽師が、「演芸会社の所属芸人に比べて君たちは下手なのだから、
持ち時間を十五分にして、笑いの多い噺を遣りなさい!」となりこんにちまで続いております。
しかし 寄席の軒数が減り落語家が増えお正月の持ち時間は、一時間に八人と云う状況に成り
ました。そこで口演する演目を考えた末の結論が・・・本日 口演する噺だと初席の持ち時間
だと三席分あります。お得感を満喫下さい!。

|、植木のお化け                          桂  小すみ
大先輩の音曲師・春風亭枝雀師がこさえた一席です。残念ながら後継者が居ないので向こうへ
持って行って仕舞いました。宇都宮で「落語を聴く会」の主催者・清水一朗氏から連絡が有り
「復活してくれないか!」と、その音源を頂きました。こりゃ 俺には無理だ! むしろ一朝
兄さんの方が向いていると、正直思いました。兄さんはそのままの形で口演して、弟子の一花
がなんとか口演しておりますが、まだまだ他人様に聴かせられる水準まで行っておりません。 
しかし なんとか落語協会は継承できそうな雰囲気ですが、肝心の芸協にその人材がいないの
で、私の方から小すみさんにお願いして覚えて貰いました。覚えの良い人でほっとしておりま
す。私の遣ってみようと云うきっかけは、さるご贔屓が現代風にアレンジてみて口演したら、
というアドバイスを受け本日の形になりました。若手は現代音楽は出来るのですが、長唄・小
唄・端唄・清元と邦楽です。で、プラスで演歌と宝塚と盛りだくさんです。
この構成を、後代に残したい。と思いました。そのままで無く受け取った人たちの工夫の可能
な噺です。近頃 落語がひと色になりつつありますので警鐘の意味合もあります。

|、鰍 沢(かじかざわ)                      三遊亭 わん丈
三題噺の名作です。その題は、諸説有りまして東大落語会編・増補落語事典は「@小室山ご封 
A卵酒 B熊の膏薬」榎本滋民著落語小劇場では「@山猟師 A信心 B卵酒」加太こうじ著
「落語の世界五」では、「@毒消し A鉄砲 B卵酒」と有ります。卵酒だけが共通です。伝
承と云うものが結構あやふやですが、三遊亭圓朝が創った事には間違いが無い様です。
今回は、その直系のわん丈が挑みます。直系と云うのは、圓朝→4圓蔵(俗に品川)→6圓生
→圓丈→わん丈と成りますので彼は圓朝師の玄孫(やしゃまご)に当たりますので噺が本家?
へ帰りました。初演は自分の独演会で今回が二度目の口演と成る予定です。
所謂 大根多ですのでなかなか口演する機会が少ないと思います。まだ二つ目ですので、寄席
での口演は不可能です。真打でもトリでも務めぬ限りは無理ですのでまだまだ大分先に成りそ
うです。それを楽しみに長生きして下さい。今は小さな落語会、特に二つ目勉強会で口演して
貰いたい。と、思ってます。それは先輩の落語家が唯一公認の前廻って後輩の落語を聴ける場 
所なので・・・。この噺の系譜は圓朝→4圓生→圓橘→6圓生→圓彌→馬桜→三三→わん丈と
繋がっております。私と三三は柳家系の落語家です。この辺が落語の世界の素晴らしい所です。
この噺は圓朝がこさえたのだから、柳家系の落語は駄目だ!。と云う事の無い世界なんです。
芸事でこれが出来るのは寄席関係の大衆芸能だけですね。能・狂言・歌舞伎(特に十八番もの)
など色々と約束事がある様で系列の違う筋の者の口演は不可能です。

改めて本日はご来場有難う御座いました。
[2599] 試演会・反省 投稿者:ばおりん 投稿日:2022/07/31(Sun) 10:01   [返信]
今日の一句
|、冷房を多大に効かせ鰍沢

昨日は、土曜日でかみさんが色々世話を焼いて呉れる。
夕飯は、「試演会」が有るので食べないのですが、ソーメンを茹でて来て呉れました。
ベランダに洗濯物を干して貰う。
かみさんは「夕方に雨が降るかもしれない?」私自信ありで、ベランダでお願いします。
感謝! 感謝! 感謝!

かみさんは実家に戻りました。私は出掛けられる支度をして落語協会へ。36度2分で入館。
手洗い・うがい・改めて消毒して「試演会」の準備。
圓朝座・独演会のチラシをコピーしてプログラムを作成する。
三階の楽屋と二階の高座を冷房を強めにして準備。
座布団は20人ですので理事会用のものを準備。
いろいろ不手際が有りました。
本来の定刻17時開演ですが、かわら版の表記の17時40分だと思い、遅れるお客様が6人も居た。
私の公式HPの「掲示板」は、役に立って無い。
私のミスで申し込みのレスメールに開演時間が早く成った事を知らせて無かった様で・・・残念。

オープニングトークを30分以上喋る。
災い転じて福となる。で、大分ほぐれた様です。

|、昔むかし  馬桜
*思った通りの反応でした。最後の小咄「トラと女」まだまだ練り直す必要ありでした。

|、植木のお化け 小すみ
*100点満点の110点の出来でした。
わん丈の能管「ねとり」が良いともっと良かったのに・・・と、思いました。
一朝兄さんのを聴いているので・・・まぁ 仕方が無い。

|、鰍沢  わん丈
*自分の独演会で口演して今回が二度目・・・。
圓生師の言う、「一度目より二度目の方が稽古を倍しなければ行けない!」良く解りました。

無事にわん丈君の手締めでお開きになり、三年振りで「村役場」へ。
面白反省会に成りました。
わん丈ファンの皆様 末永く応援して上げて下さい。
また、小すみさんの【植木のお化け】をどこかで買ってくれないか?
売り込んで行きます。
この噺 私に型であと30年は残ります。当初の目的は達成されて、ほっと一安心!

帰宅して、雑用を片付けて洗濯物を取り込む。
[2598] 定期健診U 投稿者:ばおりん 投稿日:2022/07/30(Sat) 09:23   [返信]
今日の一句
|、猛暑日や定期健診異常無し

昨日は、腎臓と高血圧の定期健診・二ヵ月の一度くらいの割です。
軽い朝食を取り、バスで日大病院へ。8時55分・36度7分で入館。
チェックイン? して採血場へ。上手い人に当たりほっとしました。
採尿も無事に終えて一階の診察室へ。まぁ 結果がでるまで1時間以上掛かるのは覚悟の上。
冷房が苦手な私は上に羽織るものを持参して「てんてん人生」を読む。
11時近くに呼ばれて診察室へ。
お陰様で薬が効いているのですべての数値が異常無し。健康体だそうです。

会計へ、番号が「555番」なんか嬉しい???
無事に済ませて、地上へ出ると・・・暑い! タイミングよくバスの発車時間。
三つ目の停留所下りるので普段なら乗らないのですが、暑いので乗り薬局へ。
週末のせいか? 待ち時間が45分くらい、と云うので一旦帰宅。

シャワーを浴び、さっぱりして昼食をしっかり取る。
食欲も有り、味も解るので心配無し。雑用を片付けるがこれが結構時間が掛かる。
落ち着いたので薬局へ。薬は今迄飲んでいたものの継続。
セブンイレブンに寄り、「試演会」のプログラムのネットプリントをしてアイスクリームを買って勉強部屋へ。
クーラーが効いていてうとうと・・・。
「てんてん人生」の切りの良い所まで読み、相棒の再放送を見る。
「あとぴん〜角田課長の告白」を見る。カメラもフィイルムからデジタルに成りました。
世の中の進歩ってなんなんでしょうね?

終えて少し午睡を取る。19時のニュースでオオタニさんは104年振りの快挙成らず!。を知る。
次回は三度目の正直でぜひ達成したいですね。

夕飯を美味しく頂き、雑用を片付ける。
お陰様で「試演会」の申し込みが有りましたが・・・申し訳御座いませんがキャンセル待ちに成ります。
申し込んでお越し頂け無いお客様、キャンセルはお早めにお願い致します。
[2597] 四万人を超えた日 投稿者:ばおりん 投稿日:2022/07/29(Fri) 08:18   [返信]
今日の一句
|、また一人コロナ患う猛暑の日
*四万を超えて都知事の無策かな

木曜日は比較的のんびり起きてしっかり朝食を取ります。
メール関係の雑用を片付けてフィットネスクラブへ。36度7分で入館。
12時44分 血圧 125 63 でプールへ。
ジャグジーに入り身体をほぐして13時30分から「腰痛肩凝りのケア」に参加。
45分 フルに動きます。結構ハードです。
15時03分 血圧 125 71 で退館。

15時15分の整体の施療 今回は上手い人に当たりました。
終えて真っ直ぐ帰宅して軽い昼食を取りながら、相棒の再放送を見る。
【Wの悲劇】妻の浮気問題です。今更ながら夫婦って何なんでしょうね?。
で、落語協会から新真打のお披露目のセットが届いている。
そして、メールで白酒師が二度目のコロナ感染。
歌舞伎の猿之助丈も「オミクロン株」と今度の「BA5」と二度罹ってます。
白酒君は、前回罹った後に話を聞きましたが、宝くじに当たる様なもんだ!。と言ってましたが・・・
今回は、落語協会だけでも真打・二つ目・前座・お囃子10人以上の人が罹ってます。
初心に返り、うがい・手洗い・消毒・検温 忘れずに! 勿論コロナワクチンの注射も!!

相棒が終ると、東京都のコロナ感染者の発表時間で、えっ? 四万人を超えました。嗚呼〜〜!!
*正式な人数は40406人です。

30日の「試演会」は、万難を排して開催致します。
ご予約をして下さいましたご贔屓様 体調管理に充分お気をつけ下さい。

20時過ぎ雷が鳴り雨がざぁ〜〜っと降っていくらか涼しくなりました。
記事No 削除キー

- LightBoard -