馬桜 掲示板


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字で8文字以内)   クッキー保存
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
[1282] 末広亭・三日目&初演の会 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/07/14(Sun) 09:12   [返信]
昨日もいつもの時間に家を出る。
もちろん雑用を片付けてです。
ダイヤが土曜日と平日では違うので少し早めに楽屋入り。
とんぼ・まさみさんの漫才の終わり近く。

|、本 膳     吉窓(ひな太郎代演)
|、東急駅長会議  清麿
|、漫談      ぺぺ桜井
|、花色木綿    藤兵衛
|、歯ンデレラ   馬桜
*二階まで開き、お陰様で良く受けました。
|、奇術      美智・美登
|、        小里ん
*子供まくらを振っている時に辞去

地下鉄で移動 落語協会へ
セブンイレブンへ寄ってコッペパンとトマトジュースを買って協会へ。
お腹を作って、プログラムを作成して黒門亭のはねるのを待つ。

座布団を入れ替えて準備万全。

|、来月のお題を頂く。
 1、春 2、ムーミン 3、大迷路  一刀

|、右脳対左脳    一刀
*1、ノーサイド 2、絽の着物 3、プラレール の三題を上手く纏めて
面白い噺に仕上げました。

|、権助魚      こはく
*下げは談志師匠のお客様が考えたものでした。
色々な形で伝承されてますね。

|、初音の鼓     一刀
*三人(殿様・三太夫・金兵衛)のキャラクターが立つ工夫ですね。

|、お富与三郎・稲荷堀 馬桜
*持ち時間が一時間ありました?
粗筋を丁寧に振り肝心の稲荷堀が20分で納まらなかった・・・嗚呼!

終演後 いつもの様に村役場で反省会。
楽しい時間を過ごす事が出来ました。
[1281] 末廣亭・二日目 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/07/13(Sat) 09:00   [返信]
昨日はゆっくり寝て・・・少し寝坊。

雑用を片付けて入浴して朝食を美味しく頂いて仕度をして出掛ける。
丸の内線で移動 車中で噺を浚う。

ひな太郎師の高座の時に楽屋入り。
|、幇間腹    ひな太郎
|、東急駅長会議 清麿
|、漫談     ぺぺ桜井
|、好きと怖い  藤兵衛
 *先々代の文治師匠が口演してました。
|、半分垢    馬桜
|、奇術     美智・美登
|、長短     小里ん

中入り前に辞去。

真っ直ぐ帰宅して色々雑用を片付けて大相撲中継を見る。
炎鵬・・・人気でますね。

独演会のプログラム原稿を書き(三分の二くらい)
本日の「お富与三郎・稲荷堀」を浚う。
座席・・・滅茶苦茶余裕があります。
皆様のご来場をお待ちしております。
[1280] 末廣亭・初日 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/07/12(Fri) 10:15   [返信]
昨日も早めに起きて朝食を頂いて雑用を片付ける。
入浴をして出掛ける仕度をしてお昼前に出掛ける。

早めに楽屋入り。漫才:とんぼ・まさみさんの高座から聴く。
|、強情灸     ひな太郎
|、バスドライバー 清麿
|、漫談      ぺぺ桜井
|、富士の雪    藤兵衛
 *初日で縁起を担いで「半分垢」は、帳面にはこの表記。
|、ぞろぞろ    馬桜
 *私は縁起を担いで【ぞろぞろ】を口演
|、奇術      美智・美登
|、親子酒     小里ん
   中入り
|、浮世床     久蔵
 *まくら沢山で将棋だけ。
|、浮世節     橘之助
|、楽屋風景&百面相 馬の助
|、長短      小さん
|、太神楽     和楽社中
|、笠碁      小袁治

*終演後 友人が来るはずが・・・来ない。
まぁ 電話するが連絡が付かない・・・嗚呼〜!!

帰宅途中 池袋のジュンク堂へ寄る
「江戸楽」が三省堂から連絡が入り取引していない出版社で、取り扱いが出来無い。
と、連絡が入り 出版社へ電話してジュンク堂と取引が有る。
と聞いて途中下車 ジュンク堂に有る最後の一冊 と云う事で買う。

帰宅して、江戸楽の特集・「江戸町火消」を読む
やはり【人情八百屋】の設定は「?」ですね。
改めて、洗いなおして設定をきちんとして口演致します。
しかし 江戸の町火消しの区割りがウキぺデアレベル。がっかり!
もっときちんと調べて旧町名と現町名を入れて呉れない無いと・・・
編集部は「江戸楽」の看板を卸した方が良い!
[1279] 7月10日 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/07/11(Thu) 08:58   [返信]
昨日は早起きをして午前中に雑用を片付けて11時前に家を出る。

昨日からの地下鉄の「一日乗車券」で移動。
先ず、落語協会へ。
お富与三郎の今回分だけコピーする。
*覚える事が遅く成りました。
円朝座のチラシを黒門亭のパンフレットに挟み込みして辞去。
居るあいだに、寿伴君に遇い「二つ目昇進のお祝い」を渡す。

千代田線で湯島から千駄木の全生庵へ。
毎月の月詣りを一日繰り上げてお詣り。
お寺さんに挨拶をして辞去。

大島屋さんへ寄り せいろをたぐる。
美味しく頂く。
8月11日の円朝座の後の打ち上げの会場の予約を改めてして辞去。

日比谷で乗り換えて東銀座で降りて友人達の天覧会へ。
【顔・顔・顔】と云うテーマでの展示。
映画関係の友人、黒澤氏と高松氏の作品を見る。
黒澤氏は好きな画家(モジリアニとピカソしか解らない)
高松氏は映画監督(黒澤・小津・ジョンフォードともう一人 名前が出て来ない)
高松氏は、ペパークラフトです。

近く来たので木挽堂さんへ。
欲しい本も何冊かあったのですが・・・我慢!
色々レクチャーして貰う。只で聞いて・・・申し訳無い。

辞去して池袋へ。
三省堂に寄り、「江戸楽(えどがく)」を探す。無い!
店員さんにお取り寄せをお願いして帰宅。
床屋へ行く。今日からの寄席出演の備えてです。

さぁ 今日から新宿末廣亭・昼の部 14時上がりです。
10日間 休まず出演致します。
@皆様のご来場をお待ちしております。
[1278] メンテナンス&ケア 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/07/10(Wed) 09:03   [返信]
昨日は早起きして、入浴して朝食を採る。
日大病院の形成外科に9時からの予約で歩いていく。
だいたい20分で我が家から着きます。
診察券を器械に入れて予約表を貰って地下二階へ

順調に回復してるそうです。
リハビリももつと熱心に遣る様に頑張ります。
*スクワット30回と言われてましたが・・・20回しか遣ってませんでした。
 連続で無くて良くて、朝・昼・晩と10回ずつでOKだそうです。
ドイツから女医さんが来てて見学?
やはり日本の医学は凄いんですね。
9時半までに会計を終えて帰宅。

雑用を片付けてフィットネス倶楽部へ
ジャグジーに30分入り身体をほぐしてプールへ。
25m泳いで75m歩くを7本 腿上げで水中ウォーキング。
40分掛けて丁寧に歩く。
終えて再びジャグジーに15分入り。帰宅。

お昼は素麺を頂きました。
やはり夏はこれなんですが・・・涼しいのでもうひとつでしたね。

【お富与三郎】を本読みの稽古。
時間が来たので仕度をして中目黒へ。

17時予約の整体です。
早めに着いたのでガード下の本屋・蔦屋に寄る。
橘右之吉師が掲載されてる「江戸楽」を探すが無い。
店員さんに聞くと扱って無いので取り寄せになる。との事。
それなら池袋の本屋さんに頼む事にして辞去。

整体施療 身体が軽く成りますね。
70歳を迎える為の準備が始まってます。
[1277] やらなければ・・・ 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/07/09(Tue) 08:01   [返信]
昨日は午前中に雑用を整理して14時からの高座舞の稽古へ。

足も大分回復して来てなんとか踊りについていく。
1時間 来年の群舞「風折り烏帽子」を重点的に稽古して貰う。
良い汗を掻かせて貰いました。

真っ直ぐ帰宅して雑用を色々片付ける。
そして、なんとか7月の「初演の会」のプログラム原稿を書き上げる。
管理人さんにメールで送る。
肩の荷が一つ下りる。

図書館で借りた
「演劇走馬灯」戸板康二著 三月書房 昭和59年3月25日刊 読了。
もう40年近く前の内容ですが・・・ほとんど解りました。
今回は、民芸関係の記事が多かったのは民芸の機関紙に書いたものをまとめました。
やはり歌舞伎の話が面白かったですね。
こうして読むと、新劇・・・見てませんね。

今月の「初演の会」のご常連の方々へDMを出さなければ・・・。
土曜日なのに予約が少ない・・・嗚呼〜!

「独演会」の座席指定をしなければ・・・。
遅れて来る方には通路側の席を用意させて貰います。
そしてプログラム原稿も書かなければ・・・。

「円朝座」の予約が多く来てます。
ご常連の皆様:今年は全席椅子席が好評です。
予定が決まりましたら予約して下さい。

雑俳の宿題も・・・。
[1276] 七夕 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/07/08(Mon) 10:19   [返信]
昨日は七夕・・・といっても関する事はなにもしませんでした。
願い事は・・・まず 記憶力が良くなります様に! ですね。
なにか 特別に食べるもの・・・有るのかなぁ〜?
七夕だからこれを食べた、と云う記憶がありません。

午前中に雑用を片付ける。
午後から池袋演芸場に26日(金曜日)の独演会のチラシと切符を届ける。
*全席指定なので毎回考えるのですが・・・。
 今回も窓口の指定席はB列(二列目)の下手寄りの席に成ります。
一番前が希望の方はメールでお申し込み下さい。
もつとも演芸場は何処の位置から見ても見やすいし聴き易いです。

打ち上げ会場を手配。
同じビルの四階の「甘太郎」です。
大人数なので大きな部屋にして貰います。
*いつもと同じ場所が取れました。
参加して下さる方 予約メールの時に宜しくお願い致します。

東銀座へ 歌舞伎座・夜の部を見に行きました。
時間が早かったので木挽堂さんへ。
「押隈」の掛け軸を買うお客様が居て、その品定めにご相伴。
六代目・菊五郎:七代目・幸四郎:二代目・猿之助と息子・段四郎のものなど
大変良い目の保養をさせて貰いました。眼福の時間でした。
また、團十郎関係の鳥居派の清忠の原画が表装されて掛軸に成っている。
来年の襲名公演の楽屋に飾っとくのには一番。
成田屋の贔屓が買わないかしら・・・。
本当は公共の施設が買ってくれるのが一番なんです。
国立劇場・早稲田演劇博物館・太田浮世絵美術館 など
展示した時に見にいけますからね。

時間が来たので歌舞伎座へ
三階5列31番で観劇。
海老蔵凄い・・・完全に打ちのめされました。
感想は改めて書かせて貰います。
[1275] いろいろ 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/07/07(Sun) 09:15   [返信]
お陰様でなにかと忙しくさせて貰っております。

先ず、ご報告
芥川龍之介の「鼠小僧次郎吉」図書館で検索して見つけました。
全集の中に有りました。岩波出版です。
今年は、初演の会で講談の「お富与三郎」を口演させて貰っております。
結構長い噺で「だれ場」も有ります。
六月が「鳴り物入り」八月が「禁演落語」と云う企画でしたので・・・
6月【小猿七之助】8月【錦の袈裟・ぽん熊編】を口演。
今年中に、芥川から見た【ねずみ小僧】を遣りたいと思います。

先日 夏のご挨拶に文雀・たけ平・馬るこ君達が来て呉れてキッチン亀で食事。
その折り 色々情報交換 勉強に成りました。
鈴本早朝寄席が、無くなりました。暫く休止だそうです。
寄席での勉強会は無くしてはいけないんですが・・・。
お客様で再開を願う方はぜひ、鈴本演芸場へ 再開の嘆願書を出して下さいね〜!。

☆DVD「人情紙風船】山中貞雄監督作品・エアーチェック終わりました。
この映画 江戸の風俗を比較的忠実に再現してるので音響学院の生徒に見せる。
残念ながら「質屋」意味が解りませんでした。
こちらの説明が下手なのか?  反省。

今日からは「初演の会」「独演会」のプログラム原稿を書かなくては・・・
稽古する噺も【お富与三郎】【船徳】【たがや】【鰻の幇間】【立ち切り】
そして、8月は円朝モノで【宗悦殺し】【緑林門松竹・発端】と続きます。

で、昨日は気分転換に久し振りに泳ぎに行って来ました。
[1274] 初演の会・告知 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/07/06(Sat) 09:35   [返信]
早いもので七月の初演の会は、来週の土曜日です。
お客様・・・どうぞお早めにご予約下さい。

☆文月・初演の会
時:令和元年7月13日(土曜日)
  開場:17時10分 開演:17時30分
所:落語協会二階 03−3833−8563
木戸:1500円 学生&役者 1000円
お問い合わせ&ご予約
電話:(事務局):090−8567−2302
メール::baorin@reireisha.com
*定員40名(椅子席6脚)
 椅子席希望の方はメールでも電話でも必ず言って下さい。
番組
|、宿題三題噺
 絽の着物・プラレール
ノーサイド       春 風 一 刀
|、権助魚       桃月庵 こはく
|、お富与三郎・稲荷堀 鈴々舎 馬 桜
|、初音の鼓      春 風 一 刀

@三題噺の内容はお楽しみ! です。
皆様のご来場をお待ちしております。
[1273] 訃報 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/07/05(Fri) 08:08   [返信]
私の高校時代の落語研究会の先輩の役者・福島勝美氏がお亡くなりに成りました。
享年70
この時代では早いですね。

テレビの世界でも活躍してまして、入れ歯安定剤のCMなどに出てました。
因みに本人の歯は全部自前で私の歯並び依り優秀でした。
あとは、 人事の問題で「鳩を飛ばす部長」役が印象に残っております。
最近は体調を崩して、先日も電話で少し話し「ラインを遣りなさい!」
と進められたばかりでした。
今度の夏の独演会も役者仲間を連れて来て下さる。
との事で、チラシの入った手紙を出す日でしたが・・・残念です。

同じ昭和24年生まれですが、早生まれで学年的には二年先輩でした。
*私は労咳の為 中学一年生を二度してる。
卒業後は大学に進学して「芝居」に目覚めた様です。
私がまだ二つ目だった頃「多摩小劇場」と云う劇団を立ち上げて渋谷で公演が有り、
見に行きました。
その頃 流行っていた前衛的なもので無くオーソドックな芝居の構成でした。

終演後感想を求められましたが、正直 余り面白い芝居では有りませんでした。
ただ 円熟期の三十代後半から四十代・五十代は「劇団・道学先生」の公演に出てました。
作演出の中島淳彦さんの書く芝居が面白く、毎公演ごとに通わせて貰いました。
終演後の呑み会で色々な役者さんを紹介して下さり、その方たちが独演会に来て呉れました。
特に中島氏とお亡くなりになった井之上隆志さんには「携帯電話を切りましょう!」
の録音をして貰いCD化して親しい後輩に配っております。
私の絡んだ落語会には必ず開演前に流させて貰っております。

沢山のご縁のきっかけを作って下さった先輩。
改めて感謝しております。
安らかにお眠り下さい。 合掌
記事No 削除キー

- LightBoard -