馬桜 掲示板


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字で8文字以内)   クッキー保存
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
[1067] 次回初演の会・告知 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/01/13(Sun) 10:14   [返信]
昨日は一日ディスクワークで何処へも行けず。
初演の会・卒業公演のプログラム原稿を書きあげる。
不思議なメールが届く。
【初演の会】以前は伺っていたのですが諸般の事情で行けなく成りました。
プログラムを頂けないか?
そこで公演終了後に内容を掲示板へアップ致します。
その前に次回の「初演の会」の告知です!

☆如月・初演の会
時:2月2日(土曜日)
  開場:17時10分 開演:17時30分
所:落語協会二階 03−3833−8563
木戸:1500円 学生&役者 1000円
お問い合わせ&ご予約
電話:(事務局):090−8567−2302
メール::baorin@reireisha.com
番組
|、宿題三題噺 
福男・ぞろ目・ご三家 春 風 一 刀
|、お富与三郎・参  鈴々舎 馬 桜
|、死神       林 家 たま平
|、新聞記事     春 風 一 刀
@インターバルが短いので今日から【お富与三郎】の本読み稽古。
[1066] 初演の会・反省 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/01/12(Sat) 12:26   [返信]
昨日も寒い一日でした。
11日は「鏡開き」でお昼はお汁粉を頂きました。

午前中に【お富与三郎】を浚い「初演の会」の雑用を片付ける。
時間が来たので仕度をして出掛ける。
本日の色は「赤」でシャツ・トレナー・マフラー・帽子 すべて赤です。

約束より少し遅れて落語協会事務所に着き、プログラムの作成。
高座は二人が用意してくれて助かりました。
平日で満員という訳には行きませんが、「つ離れ」はしてます。
とても良いお客様でした。

番組
|、来月のお題を頂きます。
「福おとこ」「ご三家」「ぞろ目」に決まる。
月番は、春風一刀君です。

|、宿題三題噺(田村邸切腹・100回目の勝利・日めくりカレンダー) たま平
*上手くまとめてしっかり笑いも取り、下げも効いてました。
 ご常連さんから高い評価を得ました。

|、時そば   一刀
*若手らしく習った通りの口演。
『守破離』の【守る】を実行しております。
色々な人のくすぐりを教えていきます。
地方など行った時に江戸の時刻を上手くまくらで振ると良いですね。

|、長命   たま平
*基本通りですので、これから自分の工夫を加える余地は充分に有ります。
伸縮自在になるまでには、時間が掛かりそうです。
私が二つ目に成って3年ばかり経ってからの高座のCDをお貸ししました。
やはり 今は一席でも多くの演目を増やす事が肝心です。

|、お富与三郎・弐  馬桜
大ポカ 船頭の仙太郎の名前が出てこず、仙三郎と言い間違いがありました。
途中で思い出してことなきを得ましたが・・・。
どんどん登場人物が増えて来ます。
*名前を覚えるのが大変ですが、呆け防止に成ります。
切り場の、「木更津に着き (これから第二の主人公・お富 と会います。)
さてどうなりますか? ( )の中が抜けました。
次回 2月2日はいよいよ お富と与三郎が祭りの晩に会います。
詳細を近じかアップさせて貰います。

終演後 村役場へ 移動。
反省材料盛りだくさんの打ち上げでした。
彼らふたりの性格も序序に解りました。
楽しい一年になると思います。
[1065] 初席・千秋楽 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/01/11(Fri) 10:50   [返信]
昨日は午前中に雑用を片付けて午後から泳ぎに行く。
メニューは、ジャグジー30分
25m泳ぎ・75m歩くを7本(3本軽め)。
股関節が柔らかくなるように腿上げを50本づつ。
そして再びジャグジーで身体を温めるのに30分浸かる。

帰宅して、七草粥を食べる。
胃の負担がなるべく無い様に・・・。
時間が来たので仕度をして出掛ける。

池袋→浅草は例によってバス移動。
車中は【お富与三郎】を聴きながら・・・。
早めの楽屋入り。
南喬・駒三・扇里 各師に新年のご挨拶。

高座は【昔むかし】と踊り・ぎっちょんちょん。
トリのさん喬師は【幾代餅】

打ち上げは、さん喬師のご贔屓の店で下座さん三人を含め
権太楼・馬桜・花緑・小菊・ニックス・ダーク広和(敬称略)
さん喬一門:喬志郎・さん若・喬の字・小んぶ・やなぎ。
事務員さん 計:15人で美味しく頂き、楽しい時間を過ごす事が出来ました。

帰りは、権太楼師に送って貰う。
車中で初席の色々な出来事を聞く。
某先輩がボケが始まった様で・・・なにか哀しいですね。
[1064] 本日です!! 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/01/11(Fri) 00:18   [返信]
本日の公演です。

☆睦月・初演の会 告知

月に一度の新しい噺への挑戦の落語会です。
ボケ防止にぴったりです。
「お富与三郎」は、粗筋を話してから口演致します。
なぜ 与三郎が木更津に行くか? が良く解ります。

☆睦月・初演の会
時:1月11日(金曜日)
  開場:17時30分 開演:17時50分
所:落語協会二階 03−3833−8563
木戸:1500円 学生&役者 1000円
お問い合わせ&ご予約
電話:(事務局):090−8567−2302
*座席は40席 椅子席は6脚です。
 ご予約のさいに必ず「椅子席希望」と言って下さい。
 椅子席 後4脚です。
番組
|、宿題三題噺
百回目の勝利・田村邸切腹
日めくりカレンダー    林 家 たま平
*苦しんでます。初挑戦ですから・・・。
|、時そば        春 風  一 刀
|、長命         林 家 たま平
|、お富与三郎・弐    鈴々舎 馬 桜
*ようやっと頭から腹に落とせました。
 1500円なら安い・・と思います。

@新同人のスタートの落語会です。
 まだ座席に余裕が御座います。
 電話予約をお待ちしております
[1063] 1月9日 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/01/10(Thu) 08:50   [返信]
日本人ってつくづく洒落が好きな国だと思った。
昨日は1月9日でいっきゅう で一休となり「とんちの日」だそうです。

午前中に雑用をなんとか片付ける。
チラシの封筒に入れ糊張りをして切手を貼ってなんとか全部で150通だす。
全員がお越し頂ければ・・・有り難いのですが、まぁ 無理ですね。
せめて三分の二なら大入りですが・・・。

午後から泳ぎに行く。
久し振りでしたので前より少し軽めにする。
ジャグジーで30分身体をほぐし。
25m泳いで75m歩くを6本(従来は10本)。
股関節をやわらげる為に腿(もも)上げを30本づつ。
50分くらいでこれをこなして再びジャグジーへ。

帰宅して、昼食を摂る。
時間が来たので仕度をして出掛ける。
池袋から浅草迄はバス移動 車中は【お富与三郎】を聴く。

少し早めの楽屋入りで、喬太郎師の「茶代」を聴く。
前から気になっていて、彼とも話しをしたのですが時間が伸縮自在です。
そして、小洒落た感じの一席になってます。

馬の助:琴柳:扇治:半七:喬志郎:各師と新年の挨拶。
東洋館の公演が五日まででした。
その前座さんと下座さんが演芸場へ。彼らにお年玉と手拭いを渡す。

高座は【昔むかし】と踊りぎっちょんちょん 良いお客様でした。
*昔むかしの中に「粗忽の蛇」を入れる。とにかく7分に仕上げなえれば。
トリのさん喬師は【笠碁】

まくらの途中でバスの時間があるので辞去。
8時49分のバスに乗り帰宅。
車中は無論【お富与三郎】を聴く。
[1062] 独演会の告知 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/01/09(Wed) 09:31   [返信]
昨日は泳ぎに行きたかったのですが雑用が片付かなくて・・・
下記の落語会のDMを年賀状を頂いた方々に手紙でお知らせです。
宛名書きもすべて手書きですので結構時間が掛かりました。

☆第23回 鈴々舎馬桜着物の会
時:11時40分開場・12時開演・14時終演
所:お江戸日本橋亭
  *地下鉄・銀座線 三越前駅下車 A10出口徒歩2分
木戸:2500円 
*着物でお越の方の手拭いを差し上げます。
ご予約:電話・03ー3801−6799
    メール・baorin@reireisha.com 
番組
|、開口一番 鈴々舎 美馬
|、落語   春 風 一刀
|、淀五郎  鈴々舎 馬桜
   中入り
|、七段目  鈴々舎 馬桜
*下座:田村かよ 

11日の「初演の会」まだまだ座席に余裕が御座います。
16日の「卒業公演」も同上

なにか落語会に追われてますね。
[1061] 七草粥&筋トレ 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/01/08(Tue) 10:53   [返信]
昨日は7日 朝は七草粥でした。
レトルト食品でお粥があり、プラスで【春の七草茶漬け】の具でOK。
かみさんが用意してくれました。
美味しく頂いて雑用を片付ける。
なかなかこれがはかどらない・・・どうしても今日は筋トレに行く。
と、決めてましたので時間14時からフィットネス倶楽部へ。
ところが・・・会員カードが見つからない。
電話して無くても大丈夫だと言う事を確認して出かける。

フロントで名前と生年月日と電話番号を書いて確認してOK。
スタジオへ 1時間ストレッチで身体をほぐす。
スタッフに訊いて自転車を30分漕ぐ。
負担が一番軽いので汗も掻かずに出来ました。
それから器械を使って1時間筋トレ。
・・・筋肉通にはならない程度の重さです。
どうなるかは? たぶん一日置いてですね。

終え、ジャグジーに30分入り、足の指をゆっくり揉んで身体を温める。
血液の流れが良く成ってますね。
帰宅して18時30分を廻っていたので夕飯を摂る。

夜はカレーライスです。
昨晩から仕込んでますので美味しい!!
[1060] 初演の会卒業公演・告知 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/01/07(Mon) 23:47   [返信]
☆初演の会卒業公演
  =リクエスト大会=
時:2019年1月16日(水曜日)
  18時10分開場  18時30分開演 20時30分終演予定
木戸:前売り&当日・2000円 
   各種割引有り 学生&役者 1000円
メール予約:baorin@reireisha.com
*なるべく予約をして下さい。
番組
|三人でトーク   馬桜・菊生・はな平
|、 明 烏     鈴々舎 馬 桜
|、 棒 鱈     古今亭 菊 生
|、 富 久     林 家 はな平
@私と菊生君はお客様からのリクエスト。
 はな平君は持ち根多百一席目で私のリクエスト
志ん生→談志→馬桜→はな平 と継承されて来た型です。
この三人での落語会はこれで残念ですが最後です。
[1059] 初芝居・役者への感想 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/01/07(Mon) 10:56   [返信]
印南内膳:尾上菊五郎 上上半吉
毎年新しい復活狂言を楽しませて貰ってます。
お孫さんと直接のからみは有りませんでしたが、悪役で大きさを見せました。
しかし 国崩し の役どころでは無いですね。
やはり天性の二枚目役者です。

生田兵庫之助:中村時蔵 上上半吉
始めて「生締め」の頭を見ました。
多少違和感が有りました。やはりこの人は女形ですね。
三津五郎が生きていたら彼の役どころだと思います。
もう一役・桃井家後室は「ニン」です。
一條大蔵卿がでると常盤御前は彼のものですね。

菊之助:上上吉
色気のある役者です。女形・立ち役 両方良いですね。
三幕目の姫路城天守の場を見て梅枝とで「将門」の光圀が見たいと思いました。
芯の役どころで見たいですね。
昨年の髪結新三を見逃しているので今年の「團菊祭」にぜひ!

松緑:上上半吉
菊五郎の遣った役が出来ますね。
狐の役は「四の切」の応用です。
引き出しがあるから楽々遣っている。様に見える。これが大切なんです。
そろそろ息子と「連獅子」が見たい。
時代物の国崩しが出来る数少ないニンです。

彦三郎:上上白吉
悪役なのに人が良いのか憎憎しさ・・・それが見えない。
それで吉では無く白吉 しかし相変わらず口跡は抜群。
大詰めの色奴は素晴らしい!

亀三郎:上半吉
お行儀の良い人ですね。
規範の演技です。

梅枝:上上半吉
阿古屋が自信になったのか? 双子の若殿様 愚鈍と聡明 もっときっぱり。

右近:上吉 
随分成長しました。しかし色気不足。
梅枝と前半・後半で交互で役を変えるとおもしろいかも?
花魁と若殿様 試す機会です。

萬太郎:上吉 
大人に成りました。童顔なので若衆の方が合うかも?

橘太郎:上上吉
立ち回り実に鮮やか! わくわくしました。
わくわく感のある芝居が少なく成りました。

寺嶋和史・眞秀:この二人が成人する日まで・・・長生きしたい。


*しかし若手がそれぞれが延びのびと演技してます。
そこが播磨屋芝居と違うところ。
劇場を楽しい気分で後にしました。 初芝居はこうでなくちゃ!!
[1058] 初芝居・辛口の感想 1 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/01/07(Mon) 09:53   [返信]
|,客席も三代で見る初芝居
|,初芝居晴れ着姿がちらほらと

昨日は国立劇場の「姫路城音菊礎石(ひめじじょうおとにきくそのいしずえ)」を拝見
三階8列31番で観劇 舞台が良く見えます。
この内容と見易さで2等B席 2700円は安い!

開演時間より30分近く前に着きましたが一階で丸一社中の獅子舞を見る。
寄席で見るのと随分雰囲気が違いました。
終えて、社中にご挨拶に伺うと古今亭志ん弥師に会う。
年始の挨拶をして客席へ。

プログラムを買いましたが、物語は読まず。
役者たちの「出演者のことば」を楽しく読ませて貰いました。

座頭(ざがしら)菊五郎の考え方が全員に行きわたって気持ちの良い舞台でした。
ここが播磨屋(吉右衛門)と違うところです。
後輩をひっぱって先人から受け継いだものを手渡してますね。
そして、なにより「楽しんで見て貰いたい!」です!。

序幕 曽根天満宮境内の場
場内を暗くして、姫路城をプロジェクションマッピングで見せて・・・
*根多バレです。
チョンぱ だったんですが・・・木がせこい! 「ちょん」の音では無かった!
しっかり打て(心の中で叫んでました!)
そして、この場の踊りが・・・なんと「USA」なんです。三味線で演奏してました。
場内これだけで大盛り上がりです。
気になったのは、境内の紅白の梅の位置です。
見慣れた、上手が紅で下手が白だったんですが、今回は反対でした。
まぁ 正しいのはこれだ。と云うのは無いんですね。

役者の感想は改めて・・・。
記事No 削除キー

- LightBoard -