馬桜 掲示板


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字で8文字以内)   クッキー保存
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
[1781] 黒門亭の件 投稿者:ばおりん 投稿日:2020/10/11(Sun) 12:18   [返信]
お願いです!

10月17日(土曜日)の黒門亭 第一部に出演致します。
コロナ感染騒動で黒門亭は、定員がなんと10名だそうです。
そして、すべて電話予約制に成りました。
その電話受付番号は(03−3833−8563)だけに成りました。
万が一の事が有った時に連絡先の確認です。
そして、その週の月曜日 10時から受付開始です。

私の場合は従って明日12日(月曜日)10時からです!
お越し頂ける方は・・・宜しくお願い致します!

詳細

時:2020年10月17日(土曜日)11時30分開場 木戸:1000円

番組 二つ目がトリ

|、開口一番     前座
|、落語       林家  たけ平
|、落語       鈴々舎 馬桜

   中入り

|、落語       古今亭 菊志ん
|、落語       橘家  文吾

@寄席形式ですので演目は解りません。
*皆様のご予約をお待ちしております!

[1780] 颱風の影響 投稿者:ばおりん 投稿日:2020/10/11(Sun) 09:34   [返信]
昨日も雨の寒い一日でした。

午前中に雑用を片付けて、午後から図書館へ。
行く道に毎回目を楽しませて貰ってる家の外の花壇?に「マーガレットコスモス」と言う花を発見。
まぁ 贅沢な名前ですね。黄色いきれいな花でしたので写メールで思わず撮る。

氷川図書館に「鬼言冗語」を返却。新しい小説【天下人の茶】伊東潤著を借りる。
14時から上映予定だった,無声映画「パンドラの箱」ドイツ映画会は中止。
見たかったのですが…颱風の為だそうで、延期で無くて中止で11月は違う映画だそうです。


早めに切り上げて帰宅。

13時30分からテレ朝で「相棒」特集「越境捜査」と「待ちぼうけ」の二本。
越境捜査は、覚えてましたが【待ちぼうけ】は・・・始めての様な気がする。
我が家はある時期から録画設備を置か無くなったり一時はテレビも四年間ほど有りませんでした。
ある時期 帰国子女みたいな頃が有りました。


ニュース番組は「颱風14号」の事ばかりで雨が凄い様ですので皆様充分お気をつけ下さい。

今日の一句
|、贅沢な名前を知って秋の花


[1779] 鬼言冗語鬼・読了 投稿者:ばおりん 投稿日:2020/10/10(Sat) 10:19   [返信]
☆「鬼言冗語」岡 鬼太郎著 岡倉書房 昭和10年4月20日刊

復刻版で、前から読みたい一冊でした。

東銀座の木挽堂さんに前から頼んでいたのですがなかなか市場に出なくて・・・。
私の古いご贔屓が、この本を豊島区の図書館で見つけてメールで教えて下さいました。
早速 近所の氷川図書館に行き、この本の申請をしました。
時間が掛かりましたが、ようやく借りる事が出来、ゆっくり楽しませて貰いました。

岡鬼太郎は、落語も書いてまして、四代目・柳家小さん師の最後の口演演目が氏の作【鬼娘】もそうです。
今や古典落語と言われている【意地競べ】も氏の創作です。
内容は明治から大正、そしてお亡くなりになる年(1943年10月29日)まで劇評です。
*ご本人は「劇評」と言わず「噂」とか「評判」の言葉を用いました。

明治5年の生まれですから團菊の生の舞台を見ていて、それが芝居を観る基本姿勢に成ってます。
所謂 團菊爺のひとりです。(他には・岡本綺堂・川尻清潭 など)
役者に大切なものは、その脚本(浄瑠璃)の読解力・磨いてきた品・芸の大きさの格など、勉強に成ります。

そして「顔」の大切さも書いてます。六代目・菊五郎の丸い顔は駄目出しされてますが・・・。
技巧に長けている。と褒められています。 
所謂:天保六歌仙の入谷の外題【雪暮夜入谷畦道(ゆきのゆうべいりやのあぜみち)を考えたそうです。

そして、問題は【碁太平記白石噺】の読み方です。
手元の歌舞伎事典(平凡社刊)には、「ごたいへいきしろいしばなし」です。
鬼太郎も「しらいし」では無く「しろいし」と言う。とはっきり書いてます。
「芝居型物の話」15「歌舞伎座の揚屋」の文章に、(昭和3年12月〜昭和8年11月・全50回)
この浄瑠璃の白石は「シラ」石ではなく、「シロ」石と読むのが本当で、しろ石といふ土地の名なればこそ、
碁太平記と碁石を當込んだ外題になってゐるのだと言ひます。
と言う記述があります。

ところが、今の文楽協会では、この外題に振り仮名を振ると「ごたいへいきしらいしばなし」です。
私は、とくに「音(オン)」で違うと・・・駄目なんです。
落語に【白子屋政談】が、あります。この噺をもとに「髪結新三」が出来ました。
「しろこやせいだん」と読むのは、伊勢の【白子(しろこ)】から、出身で「紀伊國屋」から暖簾分けして貰う
時に自分の出身地であるから「しろこや」と言う名前にした。と言う経緯(いきさつ)が有ります。

どっちなんですかね?

[1778] 10月9日・テレビ漬けの一日 投稿者:ばおりん 投稿日:2020/10/10(Sat) 09:49   [返信]
昨日も雨が降り一日中寒い日でした。

朝 雑用を片付けてから入浴。
その後 朝昼兼用の食事をゆっくり取る。

13時39分からテレ東の映画【セイフ】を見る。
特殊能力(数字にめちゃくちゃ強い)を持った少女(中国人)の取り合いするドラマ?
ニューヨークを舞台に、チャイニーズマフィア・ロシアマフィア・そしてニューヨーク警察が絡み。
その上に居る? 市長も絡んでのドンパチで面白かったです!


終えて、テレ朝の【相棒・少年A】を見る。
今日の推薦人は、ロンドン五輪女子卓球団体で銀メダルを獲得した平野早矢香さん。
社会派のドラマらしく「無国籍者」問題を扱ってます。
推定1万人くらいいるそうです。そう考えると、私は・・・充分幸せです!


夕飯までに「鬼言冗語」を読み終える。


19時のNHKニュースを見て「チコちゃんに叱られる!」
和菓子にあんこが多いのは?  肉が食べられ無かったから〜! なるほど。
饅頭は三国志の頃からありますからね。あれって確か紀元180年〜280年くらいの話ですよね。


そして21時からは、待ちに待ったサッカー日本代表戦(今年始めて)。
残念ながら0−0でスコアレスドローでカメルーン戦は通算1勝1引き分けです。
良い試合でした。充分楽しめました。
東京新聞のスポーツ担当者は「もの足りない」と有りましたが私は試合を見られただけで充分です。

今日の一句
|。君が代を聴く秋の夜やテレビ前
[1777] 雨の一日 投稿者:ばおりん 投稿日:2020/10/09(Fri) 09:26   [返信]
颱風14号の影響か? 昨日は一日雨で寒い一日でした。

すっかり意気地が無くなって来て、ディスクワークの一日でした。

木曜日で、かみさんと一緒に食事をする。(相変わらずおかず沢山で有難い!)
時間が来たのでかみさんは実家へ。私は雑用を片付ける。

気になっていた、始くんへ連絡を取る。本人が出て「只今 隔離中」ですが元気な声で安心しました。
感染経路も不明で三密の所へも行って無いし・・・依り怖いですね。
熱も無く、身体も正常ですが感染から10日経たないと保険所はPCR検査をしないそうです。
「陰性」に成っているかどうか? は、まだまだ解らないそうです。

米国の大統領が元気で執務室に入った。というニュースを見ましたが・・・。
医師団は相変わらず「陰性」に成ったとはひと言も言いません。
そこで、まず認可されていない薬を投薬されて、それを罹った人達に無料で私と同じ様に投薬される。
と、言ってましたが まだ副作用の問題も解決されて無いので・・・どうなるんですかね?
世界で一番 優秀な医師団だから大丈夫だと思いますが・・・心配です


「相棒・BIRTHDAY」の再放送を見る。
推薦人は、日向坂46の上村ひなのさん(全く知りません。が小学生の頃から見てるそうです。)
これは、覚えてました。加藤清史郎君が子役で出てますが・・・大きくなりましたね。
12歳までしか生きられない子供か? それが12歳の誕生日を迎えて日に事件が起こる。
最初に出て来る女の子が・・・ラストシーンを見た途端に・・・泣けました!。
*下手な説明ですが、見た人には解るやり方が好きなんです!


今日の一句
十四(じゅうよん)も来てたと聞いた颶風かな

[1776] 金木犀の咲く道 投稿者:ばおりん 投稿日:2020/10/08(Thu) 08:46   [返信]
颱風14号が近づいてます。皆様 充分お気をつけ下さい!

昨日は、軽い朝食(ヨーグルト・葡萄・柿)を取り泳ぎに行って来ました。

フィットネス倶楽部に行く途中の豊島病院の庭に「金木犀」が咲いてました。

今日の一句
|、風に乗り金木犀の香りきく

*と、思っているんですが・・・そんな強力な匂いが感じない、いささかまずいですね。

フロントで検温 36度2分 平熱です。
なんとかいつもの25m泳ぎ・75m歩くを10本こなしジャグジーへ。
最大15分しか入れ無いのですがぎりぎりまで入って上がる。

昼食は丸亀製麺へ。こちらも「冷 ぶっかけ並 烏賊の天ぷら」美味しく頂く。


帰宅して、雑用を片付ける。【おさん茂兵衛】声出し稽古。

「相棒・ボーダーライン」カンニング竹山さんのリクエスト。
やはり社会派ドラマですね。仕事が無い・・・明日をも知れない日々。
自殺でけりを付けましたが、死んじゃいけません。人の命は地球より重いんですから!!

*10月の逗子の東光寺さんの落語会が一ヵ月延期でしたが11月も開催不能で中止に成りました。
 まだまだ小さな落語会・キャンセルが続いております。


19時のNHKニュースでトランプ大統領の周りの感染者23人に成る。
*ホワイトハウスクライスター と呼び始めた様です。
その内 国防省関係(ペンタゴン勤務?)者もいる。大丈夫か? アメリカ!
一番心配なのは、大統領は陰性になったと云う発表は未だに医者団からは有りません。
陽性のまま仕事をしてる・・・これでブリッ返したら・・・高齢でどうも血糖値の高そうな方ですからね。


その後 ユーチュブで吉右衛門の「鬼平犯科帳」を見る。
「女掏摸(めんびき)お富」この女掏摸が、坂口良子でした。
実は、幸四郎(初代・白鸚)の同じ回を見てます。(珍しく調べました。)
*脚本:新藤兼人 監督:吉村公三郎 掏摸:宇津宮雅代 
めちゃくちゃ印象に残ってまして、【一文笛】のまくらで使わせて貰ってます。
白黒のもので、こちらの方に軍配が上がります。
リメイクしたら、前より良くなったもの・・・少ないですね!
[1775] 予防注射 投稿者:ばおりん 投稿日:2020/10/07(Wed) 08:44   [返信]
昨日は板橋区の方から来ていた、高齢者の為の「健康診断」と「インフルエンザ予防接種」を。

朝食を取り、出掛けられる支度をして萩原医院へ。
私の主治医は、中学校の同級生です。
受付を済ませて、問診 36度4分で平熱です。過去の病気や今飲んでいる薬。
お陰様で健康体です。血圧 128・85 身長:164Cm(縮んだぁ〜!)体重64kg
その後 心電図・レントゲン・採血・採尿をこなす。 
そして、インフルエンザ予防接種もする。受付から二時間近い時間をついやす。

今日の一句
|、秋半ば予防接種や左うで


終えて、中板橋駅前のブック・オフへ 好きな作家さんの名前の読み方誤解してました。
谷津矢車(やつ で濁らないんですね)今度は図書館で検索が楽に成りました。
断捨離中で買いません。

帰宅して、一日中おとなしくしている。


[1774] 月曜日は・・・ 投稿者:ばおりん 投稿日:2020/10/06(Tue) 07:48   [返信]
毎週月曜日は、落語協会の二階で「高座舞」の稽古です。

昨日も午前中に雑用を片付けて午後から支度をして出掛けました。

落語協会に入るときは必ず検温致します。36度2分 正常です。手を消毒して洗い・うがいをして二階へ。
15時前に入り16時まで小一時間 たっぷり稽古させて貰いました。
「風折烏帽子」と「鶴亀」です。師走の独演会に向けての稽古です。
稽古中に二つ目の古今亭始君が陽性反応が出た!。と云う情報が入る。
・・・落語協会から正式発表があると思います。


黒門亭は復活・第一回は「満員」だったそうです。
*つ離れしたという事です。
二部は、成らなかった様です・・・大変な事態です。


真っ直ぐ帰宅して、車中は読書の時間です。

今週一週間の予定を改めて立て直す。
今まで、ひとりも居なかった会員に出たので何らかの規制が掛かると思います。


今日の一句
|,秋刀魚焼く逢魔ヶ刻や味な空

[1773] 映画・歌行燈&たけくらべ を見る 投稿者:ばおりん 投稿日:2020/10/05(Mon) 09:24   [返信]
フェースブックにアップされていた、映画「歌行燈」を見る。
詳しい事は相変わらず調べない人なので良く解りませんが・・・。
東宝と新生新派の共同制作の映画の様です。

主人公の恩地喜多八:花柳章太郎
残念ながら生の舞台は拝見した事が有りません。新派を駄目にしたひとりです。
*誤解の無い様に、彼は自分の後継者に演技術も芝居のいろはも教えませんでした。
その代わり沢山の著作があります。

お袖:山田五十鈴
沢山の名舞台と名作映画を見せて貰いました。そしてその若き日の美しさ・・・「おさん茂兵衛」出来そうです。
能の「海士(あま)」の気迫の演技は凄すぎ! まさに【芸十夜】の世界。

次郎蔵:柳永二郎
自叙伝的な「新派五十年」(タイトル違うかも?)も読ませて貰っております。
舞台も晩年のものを見せて貰っております。邦画界の名バイブレイヤーですね。

恩地源三郎:大矢市次郎
この頃から「老け」役だったんですね。「明治一代女」の箱やの峯吉もみております。
後は、誰かの父親役です。 この人の本も読んでおります。

辺見雪叟:伊志井寛
舞台は、歌舞伎座の新派公演で「湯島」を見てます。主税でしたが「ニン」では有りませんでした。
TBSのドラマ「咲子さんちょっと」の父親役が一番印象に有ります。

宗山:村田正雄(初代?)
始めて見ました。二代目は、「たぬき」で志ん朝師に頼まれて「かっぽれ」を教えに行った時にご挨拶させて貰いました。
橘ノ圓(たちばなのまどか)師匠を好演した方の先代? 良く解りません。
全体的に「芸道もの」は、嘘くさくなるのですが、【海士】の舞を教える時の許しを得る下り・・・良いですね。


で、そのままにしていたら【たけくらべ】が見られました。
美空ひばりが主人公のみどりを演じていて凄い自然体でした。
天才を感じました。真如は、だれだか解りませんでした。
そして正太郎が若き日の市川染五郎(当代 白鸚)です。
樋口一葉の名作で読んでいたのですが、すっかり忘れてました。
美登利の姉の花魁の役が、若き日の岸恵子。これがきれいでした。
そして、近所の仕立て屋で駄菓子屋のおばさんが山田五十鈴。
花魁上がりと云う設定でしたが、それらしく見えました。

吉原風景で、明治の大門と鉄漿どぶと、跳ね橋を見せて呉れました。
若手の落語家には見て貰いたい一本ですね。

始めて知りましたが、大店の「角海老の大時計」なるものを知りました。
で、音楽が何処かで聴いた様な・・・NHKの初期の大河ドラマ「赤穂浪士」のテーマ曲と同じ様な・・・
担当が芥川也寸志で同じ人ですから、ぱくりに成らないんですね。


今日の一句
|、値も高し不漁の年の秋刀魚焼く


[1772] 黒門亭の件 投稿者:ばおりん 投稿日:2020/10/04(Sun) 21:26   [返信]
先ず フロントページの「挨拶文」を お読み下さい。

10月17日(土曜日)の黒門亭 第一部に出演致します。

黒門亭は、定員がなんと10名だそうです。

電話受付(03−3833−8563)だけに成りました。万が一の事が有った時に連絡先の確認です。

そして、その週の月曜日 10時から受付開始です。

私の時は従って12日(月曜日)10時からです!

来週ですのでお間違いの無い様にお願い致します。
記事No 削除キー

- LightBoard -