馬桜 掲示板


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字で8文字以内)   クッキー保存
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
[1036] 独演会の感想 投稿者:のりピー 投稿日:2018/12/20(Thu) 17:25   [返信]
こんばんは!
ワクワクしながら電車に乗り継ぎ池袋
西武に着いたらお腹が痛くなりだして、滅多に食べないケンタッキーフライドチキンのせいだ!と気付く…

演者さんだけではなく、観客も落語会の日は体調を整えておくべきとつくづく反省・・。
前座さんが居ないで師匠のラフなトークは独演会らしくないですが、私は昨日の方が好きです。

ところで、そうなんです!
平成は干支知らないんです!
まあ、稀ですが、
前に「干支は何?」って訊いたら、
「えっ・カニですかねー」
と答えが返って来て
「カニ?」「は??」
って変な空気になりました。ビックリ!!

話は変わり、、、
まくらの抜糸で気絶…
あーやはり男性だなぁと思いました。
女性は痛くて気絶はないですから、気絶していたら、お産出来ないですから、、
1番痛い時に力まないと産まれないので、女性は産まれ付き痛みに鈍感に出来てるそうです。

多重人格
初演の会で、「水族館」は私の言ったお題なので、なんだか、愛着が湧きます。

病院の先生に二重人格の人でAの人格は糖尿病で、糖が出るのに、Bの人格の時は糖尿が治っちゃうだよねー!と
言う話しを聞いた事があって、人間って不思議だなぁ〜!?と思った事がありました。

私も、所謂キチガイネタ好きです。
私が好きなのは、精神患者が電話帳を読んでいるのを見た医師が
「どうだい?面白いかい?」と訊くと患者が
「ストーリーは簡単なんだけど、登場人物が多くて、、」
と言うネタが好きです。

公演中、師匠の所作を観ていた客席から「上手〜!」と歓声があがっていたの聞こえました?
内心、私は「でしょ〜!他の落語家さんとは違うでしょ!」
と思っていました。(なんだか、私も誇らしかったのは何故でしょう?)

お疲れ様でした。
喉お大事に、、
[1035] 山野楽器落語の一日・反省 投稿者:ばおりん 投稿日:2018/12/20(Thu) 09:31   [返信]
昨日は山野楽器落語の一日反省

昨日は今年最後の落語の一日
*来年への試金石です。

第一部:落語講座「平成の落語界」
30年の落語界の変遷と「今」の落語界現状を話す。
やはり、円丈兄さんの「新作落語」が大きな要因になってます。
この点を落語&演芸評論家はきちんと検証すべきですね。

第二部:熱血・若手落語会
大勢のお客様にお越し頂きました。
|、一文笛   林 家 たこ蔵
*サラクチからこの噺は無いので、前説を遣る。
着物に着替えていて聴けませんでした。
|、尻餅    鈴々舎 馬 桜
*先日の「初演の会」から二度目の口演。
お餅に関する自分の経験をまくらで一席。
|、そば清   鈴々舎 馬るこ
*変わった下げでした。
|、らくだ   台 所 おさん
*「火屋」の下げまでたっぷり聴かせて呉れました。
江戸時代の設定なので、明治語が入ってたのでアドバイスする。

第三部  年忘れ・馬桜独演会
こちらも大勢のお客様のお越し頂きました。
この場を借りて御礼申し上げます。
先ず、ボードを使って「江戸時代のお金」を説明。
「芝浜」を少し解説。
|、多重人格  
*精神科の小咄がポピュラーになると良いですね。
寄席で出来る様に時間を掛けて直して行きたいですね。
|、紙屑屋
*家で浚ってましたが、喉の調子がいま一つ。
また、「鸚鵡石(おうむせき)」をオウムイシと覚えてました。
木挽堂さんに終演後指摘される。有難い事です。
この場を借りて御礼申し上げます。
|、中入り
*休憩を取って正解でした。
|、芝浜の革財布
*子供いるヴァージョンでの口演。
何回か試行錯誤して昨日の発表?
まだまだ直す余地があります。
今年中に、なんとか完成品を届けたいですね。
[1034] さぁ 独演会 投稿者:ばおりん 投稿日:2018/12/19(Wed) 08:56   [返信]
昨日は一日 独演会に向けての準備でのんびり過ごさせて頂きました。

先ず 観客動員は半分あきらめました?
しかし 19日に忘年会を遣る集まりが多すぎますね。

小唄のお仲間・フィットネス倶楽部のおばさん達・朗読会の皆さん。
28日だと仕事も終わっていて・・・来年は12月28日 池袋演芸場です。

【多重人格】は 下げが一案でしたが改めて良い下げだと思いました。
落語は下げが命ですね。

【紙屑屋】浚っている内に、やはりこの噺が大好きな事が解りました。
寄席でどんどん出来る様にしたいのですが・・・声色や浄瑠璃が難しいのかな?

【芝浜】自分の演目になりつつあります。
子供がいるヴァージョンを固めつつあります。
まだまだ発展途上です。

予約をしなくても座席に余裕は御座います。
が、一応 ヤマノミュージックサロン池袋へ電話下さい。
電話:03−3980−3003 へ10時から17時30分までOKです。
椅子を用意する関係です。宜しくお願い致します。

その前に「熱血・若手落語会」が15時から御座います。

☆174回 熱血・若手落語会 
時:14時40分開場・15時開演
木戸:前売り・800円 当日・1000円 各種割引・800円
番組
|、一文笛      林 家 たこ蔵
|、尻 餅      鈴々舎 馬 桜
|、そば清      鈴々舎 馬るこ
|、らくだ      台 所  おさん

@皆様のご来場をお待ちしております!。
[1033] 暮れのご挨拶&稽古納め 投稿者:ばおりん 投稿日:2018/12/18(Tue) 11:07   [返信]
昨日は毎年師走朔日に一門揃って行っていた師匠宅へ暮れのご挨拶へ。
落語家は馬桜・武生・鈴之助・小せん・三語楼・八ゑ馬・かゑる・美馬
*獅堂・馬るこ・あお馬は仕事の為欠席。
色物の先生方は早めに来たり日程をづらした様です。
ホンキートンクのお二人と賑やかに食事

小一時間お邪魔して辞去。
落語協会へ  高座舞の今年最後の稽古。所謂 稽古納め。
来年は1月21日が稽古始なのでひと月くらい間が空くので、より真剣に稽古。
来年の総踊り【黒田節】と後はリハビリの為【五万石】です。
*まだまだ立ち居振る舞いが自分が思った様に成りませんね。
焦ること無く、地道に一歩一歩確実に歩みます。

一時間で終えて、独演会のプログラム作成。
2月11日チラシを挟んで池袋へ。
ヤマノミュージックサロン・池袋へ行き預かって貰う。
独演会・まだまだ座席に余裕が有ります。

その後 打ち上げ会場の同じビルの七階の北海道へ
明日は20時45分からです。
電話での予約でしたがやはり行かないと駄目でした。
向こうが時間を町がてました。
【芝浜の革財布】の出来が良ければ・・・素敵に酔えるのですが・・・。
皆様のご来場をお待ちしております。

真っ直ぐ帰宅して、「多重人格」の初演の録音を改めて聴く。
構成は、ままで良いと思います。
新しいくすぐりが少し入りました。
[1032] 歌舞伎座・夜の部 観劇 投稿者:ばおりん 投稿日:2018/12/17(Mon) 09:02   [返信]
昨日は「初演の会」の反省をゆっくりしましたが・・・
とりあえず19日の独演会の演目を浚う。
「芝浜」は、馬桜ヴァージョンの子供がキーポイントです。
「紙屑屋」は、声色が解るか? 
「多重人格」は、初演の録音を聴いてみる。
私の勘違いで、三題は「上皇・水族館・ダブルブッキング」でした。
プログラムには、上皇の代わりに二重人格 と表記しております。

入浴をして時間が来たので東銀座へ。 歌舞伎座・夜の部 観劇です。
少し早めに着いたので、木挽堂さんへ暮れのご挨拶。
今年も一年 色々と我が儘を聞いて貰いました。
お返しに素敵な本を頂きました。

歌舞伎座へ  三階5列29番で観劇。
お目当ては、梅枝丈の阿古屋です。
玄関で時蔵夫人と梅枝夫人に会い、病気の事を気遣って下さる。
言葉を掛けて貰いました。
退院後 まだなかなか自由に芝居が見られ無い・・・ので挨拶だけして三階へ。

阿古屋:梅枝 三曲(琴・三味線・胡弓)無事にこなしてました。
緊張感が伝わって来る舞台で、お手本は勿論 玉三郎です。
良く似てるところが有りました。
今度は本公演で二十五日間みたいですね。

岩永:玉三郎 すべて人形振り 富十郎で見た事を思い出しました。
歌右衛門の阿古屋か玉三郎の時です。突っ込んだ演技でした。
今回は玉三郎はマスク(仮面)を掛けて遣ってました。
海老蔵が、伊達の十役の吹き替えに用いた時と同じです。
声はもちろん発しません。
*この日 玉三郎の声は聞けませんでした。

重忠:彦三郎 期待してましたが、少しがっかり。
襲名の時の「石切梶原」が余りにも良かったので・・・。
口跡が良いので、この人の時代が来る。と思います。

榛澤:坂東亀蔵 良かったですね。行儀の良い芸質なんですね。
この人も口跡が良いので、もっと大きな役を与えると良いですね。

あんまと泥棒
村上元三作 先代・正蔵師も落語化して高座に掛けていたものです。
私も国立演芸場主催の企画公演「作者のいる落語会」で高座に原作者の許可を得て口演してます。
あんま・秀の市 中車 不思議ですね。この人が喋ると現代劇に成ります。
江戸の話ですから多少違和感を覚える。
泥棒:松緑 う〜〜ん 解らない。なにか違和感を感じました。
つられたのかな? 着物を裏返しにして、ぱっと着るのは初演の17代目勘三郎以来か?
映画「幕末太陽傳」で左平次役のフランキー堺が真似て遣ってます。

傾城雪吉原(けいせいゆきのよしわら)
角書きに「新作舞踊」と有りました。始めて見ました。25分の小品です。
傾城:玉三郎  風情でみせる踊りでした。
外で踊って部屋の中へ入る? 下駄を履いていたのを脱いだ。
歌詞も地唄の「雪」の文句が入ってました。
岩永でしたので、綺麗な玉三郎を見せる舞踊の様です。
役者本位の番組立てでした。お客様は大いに喜んでいました。
打ち出しが20時前 どんどん時間短縮です。
歌舞伎もそろそろ形態を考える時期に来たのかもしれません。
[1031] 改めて告知です! 投稿者:ばおりん 投稿日:2018/12/16(Sun) 11:22   [返信]
まだまだ座席に余裕が御座います。
お時間が有りましたらぜひお越し下さい。

第22回 年忘れ・鈴々舎馬桜独演会
時:平成30年12月19日(水曜日)
  18時20分開場・18時40分開演・20時40分終演
所:ヤマノミュージックサロン・池袋
  JR・地下鉄・東武線・西武線「池袋駅」東口下車 徒歩2分
  MIプラザ三階
 電話:03−3980−3003
木戸:2500円(自由席・60名定員制)
問い合わせ・予約
 メール:baorin@reireisha.com        
電話:03−3801−6799 (大有企画)
番組
|。創作落語・多重人格
|。音曲噺・紙屑屋
|。三遊亭円朝作
  芝濱の革財布
*三席相勤め候
[1030] 初演の会・大反省 投稿者:ばおりん 投稿日:2018/12/16(Sun) 09:30   [返信]
昨日は午前中に雑用を片付けて早めに家を出る。
16時少し前に落語協会に着きプログラムを作成。
2月11日の独演会・円朝座・左談次を偲ぶ会を入れる。
菊生君もはな平君も自分たちのそれぞれの落語会を挟み込む。

寒いので入りを心配しましたが・・・
ご常連の方々がそれでも来て下さいました。
先ず、来月の三題は「百回目の勝利・田村邸切腹・日めくりカレンダー」です。
この三題を上手く纏めて林家たま平君が挑みます。
来年からは、馬桜・たま平・一刀の三人で公演して行きます。

|、平成最後のクリスマスパーティー  馬桜
*いやぁ〜 「天城越え」を歌って、ほっとしたら頭が白くなり・・・
慌てました。三題の一つ「鴨南蛮」をうっかり忘れて・・・冷や汗ものです。
もう少し練り直して、下げももっとすっきりしたもの・・・と、考えてます。

|、加賀の千代      はな平
*まくらで自分が過ごして来た前座時代の海老名家のエピソード話す。
どんどん力を付けて来てますね。
これ噺も師走の持ち根多になりますね。
季節感(特に大晦日の過ごし方が)が落語の世界とかけ離れて来てますね。

|、雛鍔     菊生
*子供のまくらを振る前に初演の会の思い出を喋る。
個性をもっともっと出すと良いですね。
今 この噺を口演する落語家は少ないので池袋の昼席あたりで口演すると・・・。
なにはともあれ「円菊襲名への道」頑張って欲しいですね。

尻餅       馬桜
*加賀の千代と入り方が同じなので・・・全くの私のミスです。
今回が全くの根多卸しなので要領が稽古の時は解りませんでしたが・・・。
なんとかこの噺 師走の寄席で時間の無い時に良いですね。
お餅を搗く音もなんとなく変化が付けられました。
終演後 ご常連のお客様に久し振りにきちんとした下げを聞きました。
と、言われましたが、この噺の下げはいじる方がセンスが無いと思います。

終演後 村役場で忘年会を兼ねた反省会。
鍋を取り美味しく頂きました。
このメンバーの卒業公演は1月17日(水曜日)ヤマノミュージックサロン池袋の
第三部で公演致します。詳細は近々お知らせ致します。
[1029] 討ち入りの日 投稿者:ばおりん 投稿日:2018/12/15(Sat) 10:30   [返信]
頃は元禄14年極月なかの四日の夜 討ちたつ時刻は丑満つの・・・・
昨日は赤穂浪士の討ち入った日ですが・・・あまり関係無かったですね。

午前中に雑用を片付ける。「暮れの挨拶」に後輩が来て呉れました。
12時30分に中板橋駅で待ち合わせ。
文雀・たけ平・馬るこの三人です。
そのままキッチン亀へ行き、本日のおススメ 和風ハンバーグを四人で頼む。
食事をしてコーヒーを飲みながら色々情報交換。
初席の顔付けで、昭和一桁生まれの金馬師・川柳師が元気に出演してる。
四人とも、このお二人には世話になっておりますので・・・。
楽しい時間を過ごす事が出来ました。

一旦家に戻り仕度をして、中目黒の整体へ。16時の予約です。
やはり十日間 寄席に出ると疲労が蓄積しますね。
小一時間近く施療して貰う。身体がしゃきっとしますね。
終えて、真っ直ぐ帰宅。

で、夕飯まで時間があったので左談次兄さんの漫談の録音を聴く。
足を怪我したあとの話で・・・大いに笑わせて貰いました。
明日の「初演の会」の根多を浚う・・・上手くいくか? 心配です。

夜は「昭和元禄落語心中」最終回を見る。
末廣亭の楽屋で聞いた襲名口上を小里ん兄さんが出演したました。
24時過ぎの録画撮りだったそうです。
こう言うドラマが観客動員に役立ってます。

さぁ 今日は「初演の会」です。
まだまだ座席に余裕が御座います。
皆様のご来場をお待ちしております。
[1028] 12月13日 投稿者:ばおりん 投稿日:2018/12/14(Fri) 09:50   [返信]
昨日は久し振り少し寝坊しました。
やはり 一日中の外出は疲れますね。

13時30分から御成門の「音響芸術専門学校」の二年生に講義。
内容は落語の幅広さの話しで芝居噺のビデオを見せる。
完全通し? は先代・林家正蔵師「双蝶々・雪の子別れ」下げ間際の芝居噺。
そして、円生師の「猫の忠信」と「死神」の芝居掛かりになるところ見て貰う。
これですべての講義を終えましたが・・・彼らがどう受け取るか?
この世界(芸)はやる気の有る者と努力した者が勝ちの世界です。
頑張って欲しい・・・と、思ってます。

講義を終えて池袋のBOOK OFFで「初演の会」の三題噺の新作で使うものを
探しました。
【天城越え】のカラオケを探しましたが・・・見つかりません。
そこでヤマノミュージックサロン・池袋 で相談したら、秘策を教えて貰う。
で、カラオケ手に入れました。
15日(土曜日)まだまだ座席に余裕が御座います。

真っ直ぐ帰宅して、三題噺の構想の練り直しです。
お楽しみはこれからだ!!
[1027] 洒落 宗匠選 投稿者:ばおりん 投稿日:2018/12/13(Thu) 23:58   [返信]
篝火舎 心亭選

洒落付け 題:剣に関するものごと一切

95点:地の位
 キキ・女将が留めに入り争い
|、鞘当これからが面白い       小ゑん
80点
 キキ・先が読めずにいるお釈迦さま
|、鋩子(ぼうし)づくりの囲い者   一朝
70点
 キキ・見かけはいつも極あたり前
|、刺客この世は住にくい       小ゑん
60点
 キキ・繋がったまま出すきざみ葱
|、刃先が悪けりゃ謝ります      一朝
55点
 キキ・危ない芸を見せる修験者
|、刃渡りが煮えくりかえる      一朝
90点 人の位
 キキ・剣術指南さすがご大家
|、小太刀のいい人          さん喬
55点
 キキ・職人気質仕上げ砥の数
|、砥ぎ師昔を懐かしむ        右之吉
65点
 キキ・値を付けにくい折り紙の染み
|、古刀に迷う            小里ん
75点
 キキ・逢魔が時の暮れなずむ辻
|、斬り合いの鐘           志ん橋
85点
 キキ・見えぬ拵え凝った差し裏
|、短刀は小粒でぴりりと辛い     小ゑん
100点 点の位
 キキ・晴れの旅立ち揃う行列
|、二本差し七つ立ち         右之吉
55点 雲隠し
 キキ・まさかのことが起こる激しさ
|、しのぎ夜恋は曲者         一朝
自句
|、白刃舞を舞おうよ         心亭
記事No 削除キー

- LightBoard -