馬桜 掲示板


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字で8文字以内)   クッキー保存
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
[1483] 落語漬け&「蜜蜂と遠雷」スピンオフ短編集 読了 投稿者:ばおりん 投稿日:2020/02/22(Sat) 09:52   [返信]
新型コロナウィルスの影響でキャンセルがいくつか有ります。

このところ纏まって時間があると読書にフィットネス倶楽部が良い気分転換に成ります。
金曜日はフィットネス倶楽部は休みです。

先ず、今月の宿題三題噺をこさえてます。
@冬将軍 A体調不良 B手編みのセータです。なんとか纏まりました。
お馴染みのミチコさんの経営する美容院が舞台です。
*なんか完全シリーズ化しております。 下げが少しインパクトが無いのが欠点です。

昨日は、初演の会とGWの独演会と二人会の噺の準備をする為に13時に落語協会へ。
三階で五代目・小さん師匠の【王子の狐】をDVDで見る。
生で聴いた事が有りませんので、良い勉強になりました。
先代・馬生師の宇野信夫作の「けむり」と云う新作をCDで聴く。渋い 笑いも少ないし下げも「?」と云う感じ。
この噺はパスですね。

青蛙房版の円生全集の【後家殺し】と昭和名人集に有ったライヴ版の【中村仲蔵】の速記をコピー。
二席とも集英社の文庫本「圓生古典落語」の速記とは少し違います。
文庫の方はレコードの圓生百席の速記で、後世に残す事を考えて細かく描写があります。
レコードの裏表を一席に無理やり押し込めてますので間延びしてる。ところも有ります。
仲蔵は、寄席で口演する場合はもっと尺を縮めないと・・・課題はたくさんあります。
【芸十夜】の中に出て来る『名人の忘れ物』です。

終えて、帰宅して「初演の会」の原稿をなんとか書き上げ管理人さんへ送る。

☆「祝祭と予感」恩田陸著 読了 *蜜蜂と遠雷のスピンオフ短編集です。
いやぁ〜〜 面白い! 面白過ぎ!! 
当然「蜜蜂ー」を読んですぐだったので、短編の主人公たちに感情移入が素直に出来ました。
この所 時代小説ばかり読んでばかりいたので、現代もので新鮮さが有りました。
内容は有名ピアノコンクールの出場者の話です。
それも一人ではなく大勢(主要4人は各々の個性が強い)で、ある種の群像ドラマです。
その脇役たちが主役になっている。スピンオフです。(稚拙な表現で御免なさい)
余りネタバレになるのを避けたいので・・・ご理解下さい。
しかし この小説を薦めて呉れた素敵な友人に感謝! です!!

やはり持つべきものは素敵な友達ですね。
[1482] 芸十夜・読了 投稿者:ばおりん 投稿日:2020/02/21(Fri) 09:07   [返信]
昨日は、いつもの様に起きてかみさんと朝食を取る。

朝からカレーコロッケ・・・美味い!
終えて、メールの整理をして、かみさんは実家に戻る。

こちらは、雑用を片付けて、【らくだ】の稽古を後輩諸氏にメールで送る。
たぶん一時間くらい掛かるので、これが後輩に正式に移す最後かも?
談志師匠から教わって結構多くの後輩に移しました。

この噺は上方から、三代目・小さんが持って来て、その後 色々な落語家が口演してます。
圓生:小さん:馬楽:馬生:談志と生で聴いてます。録音では、志ん生も聴いてます。(敬称略)

雑用が一段落したので、気分転換に泳ぎに行く。
相変わらず、ジャグジーに30分浸かり、ストレッチをしてプールへ。
25m泳ぎ・75m歩く を7本(もう少し出来そうですが体力が弱るとね)をこなす。

帰宅して、たまっていた本を読む。
【芸十夜】八代目・坂東三津五郎と武智鉄二の芸に関する対談です。
私の持っているのは、駸々堂から発売されたもので、初版のものです。サイン入りです。
一夜・一夜 毎晩の様に読んで十日間で毎年 初めて読む本にして一昨年の入院以来で久し振りに読みました。
いつもながら勉強に成ります。能は特に『神に捧げる芸能』なので、位取りの大切さが良く解ります。
また、義大夫(浄瑠璃)語りは、明日の事は考えない芸能だ! と云う事が良く解ります。
最近は、時代の変化と共に、「質」も随分変わって来た様です。
そこ行くと落語は江戸の昔 櫛屋の職人・京屋又三郎が「金が欲しい〜〜!」と言って始まった芸能です。

しかし 音遣いや息の詰め方などは、随分勉強に成ります。
後輩諸君にも読んで貰いたい一冊です。

*最近の版は出て来る人物が解らなくなってきているので注釈が付いてます。
私は、ここの出て来る名人上手の書いた芸談を随分読ませて貰いました。

この本は、五街道雲助兄さんにススメられて読み始めました。
兄さんは、落語家に成ってから、武智塾(歌舞伎のいろはと演技術を習ってます)で学んだそうです。

私も武智氏の古希記念の公演を歌舞伎座で拝見しております。
「平家女護島・俊寛」と「恐怖時代」を見てます。
この時の俊寛は、確か延若で船を見送り花道の切り穴に落ちる。と云う演出が有りました。
後年 仁左衛門がこの演出を取り入れてました。
[1481] 山野楽器落語の一日 投稿者:ばおりん 投稿日:2020/02/20(Thu) 09:18   [返信]
昨日は、やはり疲れてましたね。ぐっすり眠れて早めに目が覚めましたが・・・。
なかなか寝床から出られませんでしたが、8時半までに完全に起きて朝の雑用を片付ける。

12時少し前に家を出て早めに楽屋入り。

一部:馬桜落語講座 内容を変更して「江戸の地図を読む」でした。
落語【黄金餅】を地図の上で歩くと・・・矛盾しているんですよね。
架空の話として、楽しむより手がありません。一本松坂も有ります大黒坂も有りますが・・・
麻布ゼッコウ釜無村 木蓮寺は、有りません。まぁ 当たり前!!

【中村仲蔵】妙見様にお参りに行き、夕立に遭い法恩寺橋を渡って蕎麦屋に入る。
やはり講釈ネタですね。きちんとしてます。今度 晴れてる日に歩いてみようと思います。

二部は、若手落語会

*こういう状況(新型コロナウィルス)でお客様の入りを心配しましたが・・・大丈夫でした。

|、初天神 馬桜
*まくらが長すぎで噺は13分くらい・・・いけません!

|、上燗屋 たこ蔵
*昼食をとった為 聴けませんでした。

|、子別れ 馬るこ
*書いていいかなぁ〜!? 長襦袢を忘れてました。着ないで上がってた,あまり汗を搔きませんでした。

|、井戸の茶碗 おさん
*最初の、いきなり仏像を売るのは? で紙屑が自分の思っていた値が付かなくて、仕方なく売るほうが良い。
私は、先代・柳朝師に二つ目になり立ての頃、鈴本演芸場の地下室で集団で教わりました。
師の速記が掲載されている本が彼の家に有るので、読む事を勧める。
終えて、改めてお客様方々にお礼のお見送りをする。

三部 小きんと馬桜の落語道場

*やはり小きん師のお客様は凄いですね20名近いお客様が集合して私はその一割・・・嗚呼!
陽気なお客様でした。

|、落語トーク  馬桜・小きん
*時勢の話から、落語会のキャンセルのはなし 彼はまだ一件も無いそうです。

|、もう半分  小きん
*どなたに稽古して貰ったか? 訊くのを忘れました。

|、付き馬   馬桜
*まくらも入れて45分近く有りましたが、この噺が見えて来ました。
吉原から観音様→田原町の葬儀屋の道は歩いた事があります。

 中入り

|、不精床 小きん
*相変わらず口調が固いですね。もっと砕けても良いと思います。

終演後 友人とはなまるうどんを食べる。
隣席が中国語の若いご婦人四人組 ちょっとどきっとしますね。
ますます患者が増え続けています。手洗い・うがい欠かさずに!!
[1480] 城西国際大学・講義 千秋楽? 投稿者:ばおりん 投稿日:2020/02/19(Wed) 08:59   [返信]
昨日は、少し寝坊をしまして入浴・食事・雑用片付けをして家を10時に出る。

城西国際大学・講義の今期の最終日です。
カンジヤママイムさんふたりが、本日も受講生として参加して呉れる・・・なにか嬉しい。

2時限目「江戸の時間」を講義。11時10分から12時40分まで。
公式文書の時刻は、江戸はすべて「干支(えと)」表記です。登城が寅の下刻(午前5時前後)
*午前・午後の語源はここからです。

庶民は「数表記」で、俗謡の「お江戸日本橋七つたち」午前4時から5時です。
*「おやつの時間は江戸の八つ」です。語源はここから出てます。

詳しく説明して、五代目・柳家小さん師匠の「時そば」を見て貰う。
下げが一層理解が深まります。
国立小劇場のTBS落語研究会の映像で、珍しく「湯呑」が出ています。
学生さんの感想は、お蕎麦が見えたそうです。やはり名人は違います。
落語を生で見た事の無い人にも名人だと見えるのですね。大好評です。

昼食は、学生食堂で馬桜・はな平・カンジヤママイム・ぽん平の五人で食べる。
やはり 食事は大勢で食べて方が美味しく感じますね。
私は、今週のスパゲッティ(辛子明太子&温泉玉子)を美味しく頂く。

3時限目は「江戸の量・距離」です。小さん師匠の【試し酒】を見て貰う。
13時30分から15時まで。
NHKの日本の話芸で放映したものですが、東京落語会ので、これは生で舞台袖で見ております。
顔が赤くなるのは、当たり前で高座から酒の匂いがしてました。
思い出話をして、久蔵の家から出る前の戻って来た時の「眼」を良く見る様にとアドバイス?。
この感想も、凄かったですね。やはり初心者には一番最初に名人を見て貰うのが一番ですね。

リアクション・ペーパーに中国人留学生が「相声(そうせい)」と云う芸能が落語に近いものがあるそうです。
中国北部(天津)の芸能で、タレントは中国じゅうの人気者です。
お手伝いの方に「ユーチューブ」で拝見しましたが、全部中国語で訳が無いので、その面白さは「?」です。
が、大変 受けてました。笑いは人間だけに許された特権です。
免疫力も増すそうです。

@本日の「ヤマノミュージックサロン・池袋」の公演は、一部・二部・三部 みんな遣ります。
[1479] 充実した一日 投稿者:ばおりん 投稿日:2020/02/18(Tue) 09:32   [返信]
朝の内に雑用を片付けて、朝食を採り出掛ける。

池袋で地下鉄の「一日乗車券」を購入して落語協会へ。
丸の内線で大手町で千代田線に乗り換えて湯島です。
*地下鉄は、この駅が一番近いですね。

三階で、先代・馬生師匠の【付き馬】を見る。ユーチューブで時間の有るときにしっかり探します。
そして、圓生師の古い全集で【付き馬】を探してコピーする。
盲人の小せん師から教わって、色々工夫がしてあります。
私は談志師匠から教えて頂きました。

終えて、国立演芸場へ 【鹿芝居】を見に行きました。
少しお腹が減っていたので楽屋食堂でミニ丼を頼み完食。
文楽公演の大夫さんが食べてました・・・名前が出て来ない、残念!

演芸場は、中入りの時に楽屋入りで大谷友右衛門丈が特別ゲストで出て下さる。との事。
立教大学で同じ講義を受け持ちました。挨拶して暫くたってから思い出して下さいました。

出し物は「世話情浮名横櫛=源氏店=」です。
与三郎:馬生 お富:正雀 安:世之介 多左衛門:馬玉 藤八:菊春 お芳(下女):小駒
小駒の下女が一見すると、京塚昌子さんを、一回り小さくした感じで面白かった!
他に、馬治が二番番頭役(そんな役は無いが)瓦版売りの馬久・馬太郎 黒子が新前座の駒介と馬生一門大活躍です。
そして、権助:大谷友右衛門丈と云うご馳走です!
この芝居は、私も与三郎・お富・安と三役遣らせて貰ってますので・・・

楽しく拝見して、渋谷へ 半蔵門線で表参道で銀座線に乗り換える。
「岡本喜八誕生日会」2月17日がそうなんだそうです。会場はハヤCINE会と同じところです。
久し振りに岡本監督夫人・みね子氏にもお目に掛かりました。
*映画「ゆづり葉の頃」の監督・なかみね子さんです。
17時30分から日本映画監督協会の作成した監督インタビューを見る。30分番組の様でした。
谷口千吉監督で、インタビューアーが岡本喜八氏 という豪華版。
裏話で、面白かったのは市川崑監督作品の「東京オリンピック」のシナリオの手伝いをしたそうです。
崑さんが南平台が一坪12銭で400坪買った」その時の月給が50圓だったそうです。
なぜか? めちゃくちゃ このお金だけは覚えているそうです。平成二年の録画でした。

そして、映画「ブルークリスマス」を見る。良く出来ている作品だ!と思ったら脚本は倉本聰でした。
今を先取りしたような恐怖感を覚えました。
上映後質問コーナーで、記録係の女性(名前失念)が制作裏はなし これがめっぽう面白かった。
ここでは、書けない様なことまで・・・。

和気あいあいの内にお開き。充実した一日を過ごす事が出来ました。
[1478] 一期一会 投稿者:ばおりん 投稿日:2020/02/17(Mon) 09:04   [返信]
つくづく【芸】は一期一会ですね。

昨日 二月歌舞伎座の昼の部を見に行きました。三階 四列 15番
13世・片岡仁左衛門の27回忌追善興行です。
*この丈とは、色々不思議な縁が有って楽屋で「嵯峨談語」にサインを頂きました。
息子三人・孫二人・そして曾孫が一人 昼夜に分かれて出演します。
*愛之助は四国の美術館?で 座頭(ざがしら)の芝居をしています。

15世・仁左衛門が菅相丞を務めるので、おそらくこれが最後に成ると思い昼の部にしました。
*「道明寺」は、動きが少ない分だけ余計に疲れると・・・13世の芸談で読んだ様な・・・。
お歳も75歳ですので体力の限界だと思う。
*実際には」、見た目は若く 孫の千之助と恋人同士でもいける様な気がした。
この芝居は、なかなか出ない芝居で、菅相丞は13代目と15代しか知りません。
*写真で八代目・幸四郎と17代・勘三郎が遣った様です。
「加茂堤」「筆法伝授」そして「道明寺」の半通しで、前に見た時は、この後に「車引き」「佐太村」「寺子屋」でした。

今回は「道明寺」の感想を書き留めておきます。

覚寿は、延若・梅幸・芝翫・玉三郎と見てまして、今回も玉三郎でした。
高名な評論家の方が、動き過ぎで「世話物みたい」と云う評を書きましたが・・・
昨日は、動きを殺して「情で勝負」みたいな雰囲気を醸し出してました。
が、前期三人より「ニン」に有りません。でした。

苅屋姫は、玉三郎・秀太郎・孝太郎を見てまして、今回は孫の千之助が務めてます。
まだまだ未熟で初日見た方が酷評してました。
大丈夫かな? と思いつつ序幕の「加茂堤」で色気が無く、姫の袖使いもまだまだでした。
*女形の人では無いのでしょうが、胸の使い方をもっと勉強して欲しい。
これは、斎世親王の米吉にも言える事ですが、まだまだ勉強不足です。

長丁場の場面ですが、観客が芝居を楽しもう、と云う雰囲気が場内を支配してました。
ワキの役役が、見た中ではまだまだ二番手・三番手でしたがかえってそれが良かったです。

芝翫の判官代輝国も梅玉(当時・福助)の爽やかさに軍配が上がります。
そして、仁左衛門の道真が今回も群を抜いて良かったです。
身体がきつくなっているせいでしょうか? 「畳の合い引き」を使ってました。
公家独特の座り方が難しいそうです。足の裏と裏を合わせる。
木像の菅相丞は、左足・右足 と出して次が右足・左足と出し、本物の菅相丞は絶えず左足から出てました。

新型コロナウィルスの影響で観客動員が心配されましたが、昨日の日曜日は空いてる席は三階はありません。
そして、一幕見もいっぱいでした。

偽迎いが片岡亀蔵・親子二代でこの役を見てますが、愛嬌が有り、しっかり笑いを取ってました。

奴宅内の勘九郎も悪くは無いのですが、先代宗十郎の身体から出てる可笑しさに軍配が上がります。

そして、極めつけは菅相丞の花道の引っ込みで、感極まった仁左衛門が本水(涙の事)を流してました。
初めて見ました。寺子屋でぎりぎりの松王を見てますが、さすがに涙は・・・。
*17代目勘三郎の松王でホンミズも見てます。
良い追善に成っているのだなぁ〜! と思いました。

@大道具で気になったのは、階段に手すりが有りませんでした。
*本当はきちんとした名前が有るのでしょうが、浅学ですみません。
果たして変えて良いものなのか? 疑問です。高名な方もなにも言ってませんでした。
[1477] ヤマノミュージック サロン池袋の告知 投稿者:ばおりん 投稿日:2020/02/16(Sun) 22:56   [返信]
本当に宣伝下手です。下記の落語会 今週です!

☆二月山野楽器落語の一日
令和元年2月19日(水曜日)
場所:ヤマノミュージックサロン池袋
池袋駅東口 徒歩2分 MIビル3階
お問い合わせ:電話:03−3980−3003

第一部 
第170回  馬桜落語講座
講義内容:先代・馬生を偲ぶ
参考ビデオ「鰍沢」を見る予定です。
時:12時40分開場・13時開演・14時30分終演
木戸:2000円 役者&同業者:1000円

第二部 
186回 熱血・若手落語会 
時:14時40分開場・15時開演
木戸:前売り・1100円 当日1500円 
各種割引:学生&役者&山野楽器会員:1100円
番組
|、初天神      鈴々舎 馬桜
|、上燗屋      林家 たこ蔵
|、 子別れ      鈴々舎 馬るこ
|、井戸の茶碗    台所 おさん

第三部 
 第五回・小きんと馬桜の落語道場
 時:18時10分開場  18時30分開演
木戸:前売り&当日・2000円 各種割引有り 学生&役者 1000円
メール予約:baorin@reireisha.com
番組
|、二人でトーク    馬桜・小きん
|、落語         小きん
|、付き馬        馬桜
   中入り
|、もう半分       小きん

@三部は、お客様が来ないと・・・赤字に成りますので,よろしくお願い致します。
[1476] 如月・初演の会 告知 投稿者:ばおりん 投稿日:2020/02/16(Sun) 09:08   [返信]
宣伝が下手と言われました。
確かにその通りでもっと早い時期から遣らなければいけない。と反省!

毎月の勉強会「初演の会」は、今月は四年に一度しかない2月29日です。
内容も睦月・初演の会の予告と随分変わりました。
先ず、体調不良で休演した一刀君がリベンジに燃えて一月の演目に挑戦します。

たま平君は、【井戸の茶碗】に挑みます。
私が教えるはずの【人情八百屋】は、師匠の正蔵師が、まだ早い!。と云う判断です。

私は予告通り【王子の狐】を口演させて貰います。
八代目・春風亭柳枝師からその弟子であった三遊亭圓弥師に教わりました。
舞台に成っている、王子の扇屋さんで「初午の日」に口演させて貰った事も有ります。
@皆様のご予約をお待ちしております。ご予約下さい。

☆如月・初演の会  
  時:令和2年2月29日(土曜日)
  開場:17時10分 開演:17時30分
所:落語協会二階 03−3833−8563
木戸:1500円 学生&役者 1000円
お問い合わせ&ご予約
電話:(事務局):090−8567−2302
メール:baorin@reireisha.com
番組 
|、宿題三題はなし
冬将軍・手編みのセーター・体調不良  鈴々舎馬桜
|、創作落語    春風一刀
|、王子の狐    鈴々舎馬桜
|、締め込み    春風一刀
|、井戸の茶碗   林家たま平
[1475] 3月8日・黒門亭 告知 投稿者:ばおりん 投稿日:2020/02/15(Sat) 16:57   [返信]
この頃 黒門亭の観客動員数が天気が悪いと落ちているそうです。

まぁ人気の有る若手が出演すると40名の定員制の為にすぐに「満員御礼札止め」になります。
今回は、私よりも年長の林家ペーさんが出演致します。
本業のギター漫談では無く、古典落語の「やかん」に挑みます。
着物もピンクのお対で登場する予定です。

黒門亭・第二部

時:2020年3月8日(日曜日)14時10分頃開場 14時30分開演
所:落語協会二階・黒門亭 03−3833−8563
木戸:1000円
*予約は出来ません!。

番組
|、開口一番  前座
|、落語    三遊亭たん丈
*3月21日から真打昇進で、黒門亭では二つ目最後の高座です。
|、あたま山  鈴々舎馬桜
*先日の独演会で評判の良かった鳴り物入りで口演させて貰います。
 独演会にお越し頂け無かった方はぜひ来て下さい。
   中入り
|、落語・やかん 林家ペー
 *ピンクの王様が落語【やかん】に挑みます。
|、茶の湯   橘家圓十郎
 *巨漢の圓十郎の顔芸をお楽しみください。

@皆さま 予定に入れておいて下さい。
 お越し頂け無い方は…当日天気になるように祈って下さい!
[1474] 城西国際大学・講義 二日目 投稿者:ばおりん 投稿日:2020/02/15(Sat) 09:27   [返信]
昨日も紀尾井町に在る城西国際大学へ。

二時限目・講義内容「先行芸能からの影響・文楽 色」です。
色の定義を広辞苑から色々と有る事を教える。
仮名手本忠臣蔵の元となる「赤穂義士」は、今の子たちは知りません。
義経と頼朝の事件? も知りません。
大河ドラマで義経を取り上げたのは・・・昔になってしまったのか?
視聴率が低いのは、駄目な様です。【麒麟が来る】頑張って欲しいですね。
西洋音楽で無い、日本の音階の解説。でDVDで文楽の【三十三間堂棟木由来・平太郎住家」
太夫が綱大夫で、お柳を吉田文雀が遣ってます。

昼食は、馬桜・はな平・ぽん平の三人でそれぞれの好みで、私は月見うどんとコロッケを!

三時限は、「江戸のお金」で志ん朝師匠の【火焔太鼓】を見て貰う。
仕入れ値が二分(十萬円)のものが三百両(六千万)に売れて夫婦の狂気乱舞? 振りが大受け。でした。
価値観が解ると、この夫婦の態度? が良く解ったそうです。

土日月と休みで火曜日が三日目・千秋楽で「江戸の時間」「江戸の物差し(量と距離)」を話します。
記事No 削除キー

- LightBoard -