馬桜 掲示板


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字で8文字以内)   クッキー保存
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
[772] 備忘録 投稿者:ばおりん 投稿日:2018/04/29(Sun) 10:02   [返信]
先ず、南北会談で「拉致問題」は、全く話題に成らなかった様です。
・・・あくまでよその国の出来事なんですね。
北の首領にノーベル平和賞を! と云う人が居るそうです。
世の中 広いですねぇ〜 まさに十人十色。

昨日の初演の会 で決まった三題噺のお題は
1、イケメン 2、園遊会 3、またぐ
この三題で一席の落語にして、5月12日(土曜日)に口演致します。
私が月番です。

GW独演会&若手との二人会のプログラム原稿を書き上げる。
噺のはなし を書いている内に稽古して貰った思い出が蘇える。
ほとんどの皆さんが黄泉の国に旅立ちました。
3日の【粟餅】は、円丈兄さんから・・・元気で長生きをして貰いたいですね。

上方の浄瑠璃の第一人者・竹本住大夫師匠がお亡くなりに成りました。
享年93 
文字大夫の頃から拝聴してります。
兄弟子の越路大夫の引退興行の口上の鮮やかさが思い出として残っております。
入院中に読んだ「なほになほなほ」も楽しく読ませて貰いました。
[771] 初演の会・反省 投稿者:ばおりん 投稿日:2018/04/28(Sat) 12:04   [返信]
昨日は午前中に雑用を片付けて出かける準備をして空模様を気にすると・・・
雨が降る予報でしたので、杖代わりに長い傘で出かける。

落語協会に行き、荷物を置いて「初演の会」のプログラム作成。
枚数に迷うが少し多めにに作成しました。
で、結果は予約して下さった方は全員お越し頂きました。
やはり嬉しいですね。

作成を終えて鈴本演芸場の「高座舞」に顔をだす。
皆さんにご挨拶をして前へ廻って拝見。
二つ目さんが熱心で形になってました。
稽古量・・・大切ですね。

落語協会へ戻り高座をこしらえる。
動きはのろいのですが、力はなんとか成りました。
受付に座って皆さんにご挨拶。

|、三題噺・ガーコンランド    菊生
*面白く聞かせて貰いました。
|、ねずみ            はな平
*三階のモニターが入って無い。
 さすがに階段の上り下りは大変なので・・・もれてくる声がたより。
|、闘病日記           馬桜
*時間が短かった割には良くできました。
 やはり一時間は持つ根多ですね???
|、三方一両損          菊生
*もう少し緩急をつけるともっと聴き易くなるはずです。

終えて、全員に近い方が、反省会&快気祝い に参加して呉れました。
そして、言葉の注意をして、黄金餅の木蓮寺の話に・・・
1、普通社版の速記は「麻布絶口釜無村木蓮寺」
2、弘文社版も同じで「麻布絶口釜無村木蓮寺」
3、昨日・菊生君が調べたものは「麻布絶光」でした。
木蓮寺は架空のお寺ですが、境内のもくれんの木が沢山植わっていたと思われます。
山田洋次監督作品「馬鹿まるだし」のお寺の庭にも木蓮の花が綺麗に咲いていました。
[770] 4月26日 投稿者:ばおりん 投稿日:2018/04/27(Fri) 08:53   [返信]
やはり足からの影響が随分有る事が良く解る一日でした。
動作がのろいですね・・・。
食事時間やシャワーを浴びる時間が健常な時に比べると掛かりますね。
*半分・・・愚痴ですね。(笑い)

雑用も片付けていますが、プログラム原稿の筆がなかなか進まない。
思考能力も落ちているんですかねぇ〜!
一応 1日〜4日までなんとか書き上げる。
残るは5月6日のみに成りました。

山口君のテレビ会見を見る。
・・・まぁ 家族の大切さ、酒の呑み方、友人の大切さが良く解る。
そんな感じを受けました。

夜は、食事を摂りドラマを見る。
原稿を書かなくていけないのに・・・。
正に・・・わかっちゃいるけどやめられない! です。

さぁ 初演の会 です。
[769] 明暗 投稿者:ばおりん 投稿日:2018/04/26(Thu) 12:38   [返信]
先ず 嫌な話題から TOKIOの山口君の事
NHKの番組で知り合った女子高校生に「キスしようとした」
・・・彼には一度 お会いした事があります。
まだ彼が独身の頃で浅草演芸場の楽屋です。
後輩の落語家さんのお友達で、受けた印象は「さわやかな人」でした。
日テレの「鉄腕ダッシュ」のファンで好印象を持ってました。
*因みにこの番組一度だけ出た事があります。

明るい話題は、映画「月光ノ仮面」で落語の指導をしたカラテカの矢部さんの事
彼が描いた「大家さんとボク」が手塚治虫賞を受賞した事です。
この本読んだ時から「ほのぼのとした笑い」を感じてました。
ニュースで知り早速お祝いのメールを送りました。
*もちろん レスメールが25時半に来てました。
 夜中 携帯の電源を切ってます。
この賞の価値観が解る人は、手塚治虫先生の偉大さが解る人です。

昨日は、一日 雑用を片付けてました。
[768] 黄金週間のお知らせ 投稿者:ばおりん 投稿日:2018/04/25(Wed) 08:35   [返信]
☆ 鈴々舎 馬桜24回 鈴鈴舎馬桜プロデュース公演

時:2018年5月1日〜6日 5日は休演日
第一部:鈴々舎馬桜独演会
    11時30分開場・12時開演・14時10分終演予定
第二部:若手落語家と馬桜の二人会
    14時40分開場・15時開演・17時10分終演
第三部:いろいろな落語会
    17時40分開場・18時開演・20時40分終演予定

所:お江戸日本橋亭 
   *地下鉄「三越前駅」下車 A10出口 徒歩・2分
入場料金:第一部&第二部共 前売り・当日売り:2500円・学生:1000円
     第三部は公演ごとに異なります。

番組
1日(火曜日)馬桜演題:らくだ・茶の湯 助演:鈴鈴舎八ゑ馬

2日(水曜日)馬桜演題:らくだ・茶の湯 助演:柳家吉緑

3日(木曜日・祝日))馬桜演目:中村仲蔵・つるつる 助演:三遊亭めぐろ

4日(金曜日・祝日)馬桜演目:中村仲蔵・つるつる  助演:柳家緑君

6日(日曜日)馬桜演目:五人廻し 稽古屋 助演:林家はな平 下座:田村かよ

第二部
1日(火曜日)入船亭扇蔵・鈴鈴舎馬桜二人会
扇蔵演目:崇徳院・百川  馬桜演目:死神・歯ンデレラ 助演:八ゑ馬

2日(水曜日)林家たけ平・鈴鈴舎馬桜二人会
たけ平演目:西行・幾代餅  馬桜演目:井戸の茶碗・厩火事 助演:柳家吉緑

3日(木曜日・祝日)古今亭菊生・鈴鈴舎馬桜二人会 =円丈・ザ・ワールドに挑む=
菊生演目:新寿限無・悲しみは埼玉に向けて 馬桜演目:インドの落日・粟餅
特別出演:三遊亭円丈  助演:三遊亭めぐろ

4日(金曜日・祝日)林家錦平・鈴鈴舎馬桜二人会
錦平演目:引越しの夢・文違い 馬桜演目:五貫裁き・幇間腹 助演:柳家吉緑

6日(日曜日) 立川平林・鈴鈴舎馬桜二人会 =談志十八番に挑む=
平林演目:疝気の蟲・明烏  馬桜演目:二階ぞめき・黄金の大黒
助演:林家はな平  下座:田村かよ

第三部
 6日(日曜日)端午の節句に女子会 今年は一日遅れ
川柳つくし:壷算 林家扇:立ちきり 柳家花ごめ:茶金
*オープニングトークあり。
 前売り:2000円 当日売り:2500円 学生:1000円

@いづれもお問い合わせご予約は、大有企画:(03)3801−6799
メール予約:baorin@reireisha.com
*予約しなくても大丈夫です!!

以上宜しくお願い致します。
[767] 4月23日 投稿者:ばおりん 投稿日:2018/04/24(Tue) 11:19   [返信]
昨日はぐっすり寝すぎで・・・所謂 寝坊で9時半に目を覚ます。
急いで朝食を摂り仕度をしてバス停へ。
10時20分発のバスですが・・・少し遅れて来たので助かりました。
時間通りに来ていたら間に合いませんでした。
11時からの日大病院の処置には充分間に合いました。
先生からいろいろ話を伺って順調に治って来てるそうです。
一週間に一度のペースで良いそうですが、来週は祝日なので・・・。
次回は5月7日に成りました。
薬が切れるおそれがあるので処方箋を頂きました。
帰りは徒歩で帰宅。そのまま薬局へ。
家の近所の薬局ですが、皆さんいろいろと親切に教えてくれます。

終えて、帰宅してメールの整理や雑用を片付ける。
【相棒】の再放送を見る。
すっかりテレビ爺さんになっております。
しかし 中心はやはり報道番組です。

映画館で映画も見たいのですが・・・なぜか自信が湧いてこない!
まぁ なにごとも黄金週間の独演会が終わってから・・・
と、自分自身に言い聞かせる。
[766] 4月22日 投稿者:ばおりん 投稿日:2018/04/23(Mon) 13:45   [返信]
退院後 今年始めてが続いています。
昨日は暑い一日でしたが、夕方まで家の中で雑用を片付けていました。
これがなかなか気力が満たないので・・・

先ず 退院後一冊も纏まった本を読んで無いことに気付く!
こんなに時間があるのに食指の動く本が無い!!
入院中に読んだ本は列記しておきましたが、どれも楽しく読めました。
特に「説教と話芸」は意外な内容で・・・なるほど! と云う事が解りました。
浄土真宗の中興の祖? 蓮如聖人にご落胤が多い と云う噂話の真相が・・・

夕方に少し家の周りを散歩。
万歩計をみると二千歩に少しかける。
なにか微妙に体内時計が狂い始めてます。

午後もぼんやりテレビを見て・・・
夕飯をしっかり摂り、NHKの19時からニュースを見て、
大河ドラマを見て、21時から金正恩の野望を見る。
テレビ・・・見すぎです。
独演会の演目の稽古も今日はしませんでした。
*これは駄目ですねぇ〜!!
[765] 読んだ本 投稿者:ばおりん 投稿日:2018/04/22(Sun) 09:18   [返信]
入院中に読んだ本

☆「二代目・中村吉右衛門聞き書き」小玉祥子著
  2009年9月10日 毎日新聞社刊

☆「なほになほなほ」竹本住太夫著
  2008年12月25日 日本経済新聞社刊

☆「新編 日本の名随筆 語ること 演ずること」宇井無愁ほか19名
  1996年4月25日 作品社刊

☆「演劇夜話」北條秀司著
   昭和53年10月15日 日月書店刊

☆「歌舞伎・研究と批評26 特集ー初代中村仲蔵」編集 歌舞伎学会
   2000年12月20日 雄山閣発行

☆「あやし」宮部みゆき著
   平成12年7月30日 角川書店刊

☆「狂言作者」小島二朔著
  昭和33年11月5日 青蛙房刊

☆「評釈【天守物語】妖怪のコスモロジー」笠原伸夫著
  1991年5月30日 国文社刊

☆「歌舞伎五十年 私の履歴書」永山武臣著
  1995年11月22日 日本経済新聞社刊

☆「市川小團次」永井啓夫著
  昭和44年2月25日 青蛙房刊

☆「説教と話芸」関山和夫著
  昭和39年2月10日 青蛙房刊

☆「芸十夜」坂東三津五郎(八代目)・武智鉄二 対談集
  昭和47年10月25日 駸々堂刊

☆「藝」六代・尾上菊五郎著
  昭和22年10月30日 改造社刊

☆「七世三津五郎舞踊芸話」利倉幸一著
  昭和52年9月15日 演劇出版社刊

☆「いろはかるた随筆」戸板康二著
  昭和47年12月25日 丸の内出版刊

☆「西行」白洲正子著
   1988年10月25日 新潮社刊
[764] 祝・なでしこジャパン&4月20日 投稿者:ばおりん 投稿日:2018/04/21(Sat) 11:21   [返信]
昨日は、9時から日大病院へ 
先週の超音波・血液検査の結果を訊きに行きました。
お陰様で、【異常無し】と云う結果が出ました。
やはりほっとしますね。

その足で形成外科へ廻り処置を受ける。
なにか退院時より酷くなっている様な気がしたら・・・
詳しい説明を受けて納得。肉:確かに盛り上がって来てます。
時間が掛かりますがこのままの治療法を続けます。
行きはバスでしたが、帰りは徒歩で帰宅。

メールを整理して改めて出掛ける。
今年始めての全生庵・円朝師匠のお墓参りです。
線香売り場のおばさんも誰かから情報を得ていて、心配されていたそうです。
元気になった姿を見せられて、こちらもほっとしてます。
お墓参りを済ませてご住職にご挨拶。
こちらも知っていました。
皆様にご心配をお掛けして本当に申し訳御座いませんでした。
回復している姿を見て向こうも安心して下さいました。
そして、今年も円朝師の祥月命日・8月11日(土曜日・祝日)
13時30分開場・14時開演 円朝座を開催致します。

辞去してお蕎麦屋さんの大島屋さんへ。
外国人のお客様が二組・八人 その他に谷中・根津・千駄木のマップを持っている人達。
店がお客様であふれてまして、盛りを頼んで退院後始めての「そば」です。
早めにたぐって・・・やはりお蕎麦は病院で出ないのが解ります。

美味しく頂いて、谷中銀座を抜けて「ゆうやけだんだん」から日暮里駅へ
観光客がこちらもあふれてました。
帰宅して、自分の【中村仲蔵】を聴く。
下手くそ〜! 今回は申し上げた様に馬桜が見た初代・中村仲蔵です。

夜中になでしこジャパンのアジア杯の試合を見る。
日本対豪洲 1−0 で勝ちました。
お陰でぐっすり眠れました。
[763] 4月19日 投稿者:ばおりん 投稿日:2018/04/20(Fri) 10:40   [返信]
やはり一日仕事のあとは疲れていました・・・
25時からゆっくり寝て8時45分までぐっすり眠れました。
*当然ですが夜中に一度も起きませんでした。
 トイレには行きません。

9時からかみさんとふたりで朝食を摂り、10時にかみさんは実家へ。
私はメールの整理をしてシャワーを浴びて傷口の治療。
*昨日のヤマノの感想が何通か来てましたが・・好評の様です!
終えて時間を見たら13時半を過ぎてました。
極々軽い昼食は、昨日楽屋見舞いで頂いたパンです。
14時過ぎに仕度をして出掛ける。
やはり駅までは結構時間がかかります。

日暮里に在る所属している大有企画へ。
昨年の師走の独演会で色々助けて頂いたお礼と借金を返しに!!
無事に借金を返して、色々情報交換。勉強に成りました。
いつか初演しようと思っている「水神」のCDを借りる。
ラッシュの時間になりそうなので早めに辞去。

やはり16時半過ぎだと山の手線は混んですね。
東上線もぎりぎりだったので一台見送って座って帰る。
帰宅して、「卯月・初演の会」の告知をして夕食を摂る。

黄金週間に口演する噺を改めて整理して稽古をする予定です。
川崎氏から送って貰った自分の【中村仲蔵】もその一席です。
入院中に読んだ「歌舞伎・研究と批評26 特集 中村仲蔵」を+して・・・。
後は、三遊亭円丈作【インドの落日】をどう口演するか?
・・・GW独演会 お時間のあるお方はぜひお出かけ下さい。
記事No 削除キー

- LightBoard -