馬桜 掲示板


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字で8文字以内)   クッキー保存
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
[1840] 末廣亭・中日 投稿者:ばおりん 投稿日:2020/12/06(Sun) 09:53   [返信]
昨日はクロネコヤマトの宅急便が午前中に来るので9時までに入浴して待つ。
これが・・・待つと来ないんですよね。
朝食を取り雑用を片付けて出掛けられる支度をして待つ。
12時少し前に来て呉れる。午前中で再度の配達なので贅沢は言えません。

いつもの時間の電車に東上線は乗れる。丸の内線でぐるっと回って新宿三丁目へ。
車中は、小佐田定雄著「新作落語の舞台裏」を読み始める。面白い!

左橋の時に楽屋入り。左橋【時そば】鉄平代正雀【鴻池の犬】中入り
くいつきは、和助「曲芸」お〜 という小さな歓声が上がる。うん 初心者が多いの?
志ん弥【宮戸川】馬桜【歯ンデレラ】きく麿作です。お陰様で良く受けました。
高座を下りる時まで拍手が有りました。 文中敬称略

急いで着替えて池袋の東武デパートへ、かみさんとたち吉でお歳暮の買い物?
なんとか、早い内に手配が出来ました。本当は先月までに遣っておかなけらばいけないのに・・・。

終えて、かみさんは実家へ 私は我が家へ戻る。
ストーブは出てるし冷蔵庫を開けると・・・たくさんの種類の食べ物が・・・有難い事です。
雑用を片付けて、夕飯はかみさんが買った「穴子寿司」を美味しく頂く。

今日の一句
|、ストーブや最低気温怖く無し
[1839] 2020年12月4日&末廣亭・四日目 投稿者:ばおりん 投稿日:2020/12/05(Sat) 09:13   [返信]
先ず管理人様
師走の挨拶文のアップ有難う御座います。

相変わらず寝床の中からなかなか出られません。
頑張って起きて、雑用を片付けて入浴。
外を見ると「襤褸(らんる)」の様な雲。
お風呂から上がって朝食を取り末廣亭へ。

楽屋入りは昨日と同じ時間で、高座は勢朝師が上がっている。
左橋師と出番を変わった様です。
勢朝師【大師の杵】・鉄平師【権助魚】下げは談志師匠のご贔屓Y氏の考えたものでした。
終演後 その話をしたら、鉄平さんは初耳だった様です。

中入りの後は、和助師「曲芸」・志ん弥師【たらちね】・馬桜【七段目】
*きのうにつづいての口演でした。付け:まめ菊・太鼓:さん坊・三味線:まい・あき 二丁三味線 贅沢!
三日目の帳面を見ると、トリは【明烏】。黒門町直伝です!
聴きたかった〜〜!!

終えて、歩いて小田急線の新宿駅へ 結構距離があります。
下北沢へ 浅井竜介展(陶芸作家です!)
下北沢の駅が変わって本多劇場側は行きましたが、一番街は久し振りです。
場所は「武蔵屋画廊」元 呉服屋さんで、素敵なスペースで一年に二回くらい落語会を・・・。
と、考えてましたが・・・患ってしまって休止になり、足が大丈夫になってからは、コロナ騒動です。
収束したら、小さな落語会 沢山遣りたいと思っております。
浅井さんの作品を見ながら「価値観」が同じ人と話をするのは・・・楽しいですね。

辞去して池袋へ バスで日大病院行きに乗り大山西町で降りてファミレス・ジョナサンへ。
柳亭芝楽師の「申請」の指南をして貰う。
同じ様なシステムだと思ったら、申請の種類が違って結構時間が掛かる。
17時過ぎから21時近くまで居ましたが、従業員の人は嫌な顔一つしないで対応して呉れました。
なんとか申請手続きが出来て帰宅。

寒い夜道でした。空を見たら月が雲間から覗いている。

今日の一句
|、師走の月襤褸の雲の間より
[1838] 末廣亭・三日目 投稿者:ばおりん 投稿日:2020/12/04(Fri) 09:16   [返信]
いつも通り起きて寝床から出られないのは・・・寒いから。
先ず、お風呂に入り身体を温めてから雑用を片付けて朝食を取る。

有難い事なんですが・・・おかずが有り過ぎ。
*かみさんが私の好きなものをこさえて呉れて冷蔵庫がいっぱいです。
カツ煮:ハンバーグ:茄子とピーマンの油味噌:牛蒡・人参・蓮根のきんぴら:治部煮:鶏の南蛮揚げ
酢豚(土曜日から):ほうれん草のおしたし:ポテトサラダ:たくあん:梅干し: 少しづつ美味しく頂きます。
*駅弁なんかも、ひと色のものもすきですが、幕の内弁当が一番なんです。

いつもより、少し遅めに家を出る。

左橋の高座の時に楽屋入り。左橋【片棒】・鉄平【寄合酒】で中入り
くいつきは、和助「曲芸」・志ん弥代演小團治【ガマの油】
芝居関係の噺が出て無かったので、馬桜【七段目】三味線・あき 太鼓・ごはんつぶ 付け・まめ菊
大変良いお客様で、終わってから楽屋に戻るまで拍手が続きました。有難い事です。

昨日の根多帳を見ると、トリは【居残り佐平次】残って聴きたかったですね。
小勇時代から高座に掛けていて、黒門町(先代・文楽)のお墨付きです。
品川の師匠(四代目・橘家圓蔵)が面白かったそうです。*文中敬称略

帰宅して、軽い昼食を取り「相棒・少女」の再放送を見る。
終えて【芝濱】の稽古。

*独演会(12月28日)まだまだ座席に余裕が御座います。
 予定の解りました方は、メールでご予約下さい。

今日の一句
|、木の葉舞う柿と銀杏のランデブー
[1837] 末廣亭・二日目 投稿者:ばおりん 投稿日:2020/12/03(Thu) 09:38   [返信]
昨日の天気予報は当たりましたね。
雨で寒い一日でした。

今日の一句
|、予報見てセーター探す時雨かな

午前中に雑用を片付けて長い傘を持って出掛ける。
地下鉄は丸の内線を利用してぐるっと回って行く。
池袋12時ジャストに乗って新宿三丁目に着いたのは12時35分でした。
少し早いけど雨が降り出して来て楽屋入り。
高座は菊之丞で【長短】先代・助六師の型で江戸っ子と上方者でした。
勢朝【大師の杵】・ホンキートンク「漫才」・左橋【代り目】・鉄平【大安売り】中入り
和助【曲芸】・志ん弥【強情灸】・馬桜【幇間腹】 楽しんで語れました。

帳面を見たら、昨日のトリ(柳家小満ん)は【寝床】でした。
残って聴きたかったですね。 
自分の出番を終えて、権太楼の時に楽屋を辞去。 *文中敬称略

ビックロに寄って、『文化芸術活動の継続支援事業』に申請するつもりで「ネット配信道具」を探す。

帰宅して、車中は読書の時間で「ふところ手帖(正続)」子母澤寛著を読み終える。
大変面白く読ませて貰いました。三尺物(股旅物)の種本です。

申請の仕方をパソコンからしましたが・・・正直面倒くさいです。
もう一度 区分を良く読み改めて申請し直しです。

夕飯は、私の好きな穴子寿司で美味しく頂き【相棒】を見る。
う〜〜ん 少し線路が違って来てます。シーズン19 レベル落ちてます。
飲み屋の女将が芸者上がりが・・・ピンと来ない!
結構高そうな店で…警視庁のあの二人の給料で飲みにいけるのかな?

東京のコロナ感染者「500人」なんかジャストだと変。


[1836] 師走・朔日&末廣亭・初日 投稿者:ばおりん 投稿日:2020/12/02(Wed) 09:18   [返信]
今年も残すところ一ヵ月に成りました。

12月1日は、吉例通り暮れのご挨拶で師匠・馬風宅へ。
弟子達はコロナ感染を避けて私が代表で伺いました。
二つ目さんは、お手伝い? 八ゑ馬・かゑる・あお馬の三人。
皆で朝食を師匠を囲んで美味しく頂きました。
11時に成り、馬るこ君が美馬を連れて暮れのご挨拶に来て、2021年の2月11日の件のお礼を言う。
師匠に挨拶をして辞去。

三田線で神保町へ出て都営新宿線に乗り換えて新宿三丁目へ。
早い楽屋入りで、楽屋に居た勢朝・鉄平両師からクレーム「楽屋入りが早すぎです!」
解ってましたが、菊之丞師にまめ菊君を下席。鳴り物入りでまたまたしごく事を承諾の了解を!
快諾を頂いて「ビックロ」へ ネット配信の件で色々機材を見に行きました。
店員さんに色々レクチャーして貰いました。
新しい事を遣るのは・・・やはり大変です。

鉄平師の【代書屋】の時に楽屋に戻り。すぐに中入り(二度取る様です)になる。
くいつきは、和助師の太神楽。志ん弥【浮世床】。
私は、根多が付かないと判断して初日ですから縁起を担いで【ぞろぞろ】。
下げは、床屋さんですからね。
下げて受けましたので、ほっとしました。

すぐに着替えて、権太楼師の【町内の若い衆】の途中まで聴いて次へ。
池袋演芸場に師走の独演会のチラシと切符(B列1〜8)を届ける。
一番前は、座れません。予約でこの列のこの番号が欲しい、と言えばこの時点で可能です。
新二つ目の のゝ香君と市好君にお祝いを渡して手ぬぐいを頂く。

辞去して上がると、花緑師に会う。
五代目・小さん師の色紙の件でお礼を言って帰宅。

「相棒・鮎川教授最後の事業・解決編」を見る。
*人はなぜ人を殺してはいけないか。重いテーマです。

その後、前に自分が口演した【貧乏神】を聴く。
末廣亭のトリの時、鈴本演芸場のトリの時(平成28年と29年)のもの。
今回は依りグレードアップ致しました。是非 独演会お越し下さい。

今日の一句
|、満月や師走の空に寒々と

*江戸の昔は「太陰暦」朔日に満月 考えられない光景でした。
[1835] 霜月晦日 投稿者:ばおりん 投稿日:2020/12/01(Tue) 08:52   [返信]
今日の一句
|、ダウン着て霜月晦日駆け足で

昨日は午前中に美容室に行きアタマを整え、帰宅して入浴。
*美容室のカットだけ・・・なんと980円です。

風呂上がりに食事を取り、食休みしてから「ダウンコート」を探す。
薄手のものが有るはずが・・・無い、探すのに結構時間が掛かり見つからず。
少し厚手ですが着て出掛ける。

落語協会へは15時30分過ぎに着き、手の消毒と検温・36度1分で入れます。
すぐにうがいと手洗いをして二階へ。
階段を上がり切り「生け花」見る。黄色いバラが綺麗です。

【鶴亀】を浚い【茄子かぼ】【猫じゃ猫じゃ】と『貧乏神』のあんこの踊りを重点的に稽古。
後輩達も私も、皆 マスクを付けての稽古です。
本当は「オカシイ?」と感じ無ければいけないのに・・・何も感じなくなってますが、予防第一です。

17時で終わり、下で色々雑用を片付ける。
で、真っ直ぐ帰宅。

明日の準備をして入浴をして就寝。
[1834] 準備? 投稿者:ばおりん 投稿日:2020/11/30(Mon) 08:55   [返信]
昨日はディスクワークの一日で、家にじっとしておりました。

先ず、12月28日(月曜日)の独演会のDMをご贔屓各位にメールで送る。
これが結構時間が掛かりました。

もっと早く片付けば、読書の時間でしたが・・・残念です。
12時に朝昼兼用の食事を取る。

午後もDM作成で時間を取られる。
お陰様でなんとか15時までに終える事が出来ました。
その後は公式HPの挨拶文に掛かりました。
夕飯までになんとか書き上げ今日一にはパソコンと向き合ってました。

明日から早いもので師走です。
上席は、新宿末廣亭 昼の部14時上がりで10日間出演致します。
15分の演目を浚わないと・・・いささか不安です。

夕飯を19時に食べ、20時45分に「麒麟が来る」を見終る。
本能寺まで、後一ヵ月で行けるのかしら・・・余計なお世話ですが心配?

見終えて芝楽師に電話して「第三次・文化継続支援事業」のレクチャーして貰う。
ネット配信も含めて、まだまだコロナの為に活動出来ない時の準備だそうです。
「初演の会」のネット配信は、林家はな平君にお願い致しましたが、これからは自分で遣らねば・・・。

今日の一句
|、すべて終え師走に向かうこころ意気
[1833] 令和・鹿芝居 辛口の感想 投稿者:ばおりん 投稿日:2020/11/29(Sun) 10:23   [返信]
昨日は雑用を片付けて出掛けるところへかみさんが帰宅。

伝達事項とプレゼントを貰う。*圓生全集 一巻(昭和36年1月の再販版)こちらの方が貴重本。
かみさんの和裁の先生のお父様の遺品を整理していたら出て来たそうです。

時間が来たので江戸東京博物館へ小ホールの『令和・鹿芝居』を観に行く。
早く着いたので売店で色々な品を見る。残念ながら欲しいものは・・・有りませんでした。

時間が来たので、会場へ入る。幕は江戸三座の筆頭「中村座」のもの。
どこかで見た人がこちらに挨拶をして下さる。本牧亭の女将さんでした。

番組(前座さんは使いません)

|、牛ほめ 桃月庵こはく
*若手の落語家さんらしい工夫がチリバメラレテいましたが・・・

|、強情灸 金原亭馬久
*この人も本当の熱い湯に入った事が無い事が解りました。噺は難しいですね。
 昔 人形町の楽屋で先代正蔵師が、某若手の落語を聴いていて駄目だしを聞いたのを覚えてました。

|、村越茂助・左七の字 宝井梅湯
*講談師らしく、修羅場を読めば良いのに・・・と、休憩時間に女将さんと話しました。
 この時期だから「二度目の清書」(これは真打の演目ですから持ちネタに無いかも)
@前座(あえて名をふす)さんの釈台の運び方が違う。

|、四人癖  柳家緑君
*金翁師と小三治師の国立演芸場楽屋での会話をマクラにしてその金翁師から習った一席。
 来年秋に昇進が決まりました。「一日の長」を見せて貰いました。

中入り

*本牧亭の女将さんと色々雑談。短い時間でしたが楽しい時間でした。

|、鹿芝居 怪談・牡丹灯籠 原作:三遊亭圓朝 脚色・演出 林家はな平

個々の演技は棚に上げます。気になったのは、林家あんこのお米で腰が曲がってました。
お峰が伴蔵に焼きもちを焼く年増(30歳〜35歳)の役どころです。
これだけは終演後 受付の某さんに言って置きました。(大きなお世話だと思ってます)

終えて友人と両国界隈を散策。

今日の一句
|、河豚刺しや祝いの酒はひなた燗
[1832] 後 一ヵ月に成りました。 投稿者:ばおりん 投稿日:2020/11/28(Sat) 10:31   [返信]
あたふたとした金曜日が過ぎて・・・改めて告知です!


☆第24回 年忘れ・鈴々舎馬桜独演会
   池袋特別公演・夜の部
時:令和二年12月28日(月曜日)
   18時開場・18時30分開演  終演:20時30分(予定)
所:池袋演芸場
   03−3971−4545
  JR/営団地下鉄・西武池袋線・東武東上線 池袋駅北口徒歩2分
木戸:全席指定・3000円    定員:106名

番組
|、ご祝儀・鶴亀  鈴々舎馬桜
*足が大分回復して来ましたので久し振りに高座で【鶴亀】を踊らせて貰います。

|、開口一番    前座
*古今亭菊之丞門下のまめ菊君が務める事が決まりました。

|、貧乏神=鳴り物入り     鈴々舎馬桜
*随分グレードアップしました。中に入り(あんこ)も色々試行錯誤中です。
声色は歌右衛門も出て来ます。乞うご期待!

中入り

|、三遊亭圓朝作
  芝濱の革財布  鈴々舎馬桜
*円朝師から小圓朝師に伝わり、三代目・桂三木助師がこさえて、それを立川談志師が二つ目の頃お稽古して貰い。
私も二つ目の時に、習いました。楽屋ではやし家林蔵師が「内の師匠(彦六師だ無く最初の師、三代目金馬師)はね。
子どが出て来たんだよ。」と言われてそれなりに膨らましてみました。

お陰様で、この芝濱は「オンリーワン」の演目に成りました。ぜひ 皆様の耳と目でお確かめ下さい。

下座は夏の独演会に続いて井上りち師が引き受けて下さる次第です。
[1831] 有り過ぎの金曜日・・・ 投稿者:ばおりん 投稿日:2020/11/28(Sat) 10:16   [返信]
昨日はいろいろ有り過ぎの金曜日でした。
日大病院へ 9時の予約で出掛けました。

先週の検査結果は異常無しだっんですが・・・区の検診表を持って行く様にと主治医に言われ持参したら・・・
肝臓では無く、腎臓で少し高い数値が有る。との事。

先生は、私は肝臓が専門ですから腎臓内科で相談して下さい。との事。
え〜〜っ とりあえず腎臓内科に行きましたら、研修医になる前の大学四年生の問診の稽古で、宜しいでしょうか?
との事、嫌とは言えませんからお稽古の相手をさせて貰いました。これが・・・面白かった!
病歴と両親の死因などを訊かれて色々思い出しました。
遺伝とかあるんですかね?  中学生の時の「労咳」から始まって・・・波乱万丈の病歴です。
正に「フェニックス馬桜!」です。
で、専門医の問診の後、採血や採尿やら・・・ですべて終わったのが12時近かったです。

今日の一句
|、木枯らしで襟をを立てての帰宅かな。


一旦帰宅する。良いタイミングでクロネコヤマトの宅配便の方に会う。
また来て貰うのは、なにか申し訳無いので・・・受け取りの判を押す。これからはサインですかね?。

2021年の落語会のチラシの件で、橘さつき師と電話会談? 色々注文をして了承を得る。

それが終った頃、柳亭芝楽師から電話が入り13時からファ三レス・ジョナサン大山店へ。
ゆっくりする暇も無く出掛ける。文化庁の支援金? のレクチャーです。
カキフライを美味しく頂き、その後 丁寧に教えて貰い有意義な時間が過ごせました。

急いで帰宅。16時近かったです。16時半から歯医者さんの予約が入ってました。
急いで歯を磨いて必要なものを持って歯医者さんへ。

お陰様で、歯のメンテナンスは無事に終わりました。
後は三か月の一回くらいの割で歯の掃除だそうです。
来年の「二月下旬」に連絡を呉れるそうです。

終えて、勉強部屋で雑用を片付けて帰宅。夕ご飯を美味しく頂いてニュースを見る。
東京都の感染者数の数を聞いて「気を失いました。」 独演会・・・大丈夫! 開催させます!!
記事No 削除キー

- LightBoard -