馬桜 掲示板


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字で8文字以内)   クッキー保存
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
[1077] リクエストに応えて 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/01/21(Mon) 10:22   [返信]
先日 個人的に「初演の会」へ行けないのでせめてプログラムが見たい。
と、云うメールが来ましたので今年のプログラムは此処を利用させて貰います。


A面

題字:初演の会
時:平成31年1月11日(金曜日)
於いて:落語協会二階
木戸:1500円 学生&役者:1000円

B面

ご挨拶                          鈴々舎 馬 桜

明けましておめでとう御座います。今年の「初演の会」はこの三人(馬桜・一刀・
たま平)の同人で開催致します。私はボケ防止の為に講釈根多の「お富与三郎」を
連続で口演させて貰います。頭が固くなって来てるのと、新しい事に挑戦してれば
惚け無い!。と云う先人からの教えです。勿論 稽古量を増やしていかないと覚え
られなく成って来たのも事実です。
周りから、そんなに覚えてどうするの? と訊かれますが「ボケ防止です!」応え
ております。秋が来ると古希を迎える一年を精一杯で無く、八分目くらいで乗り切
りたいと思っております。

一刀は、そのブログを読むと「ラーメン」が大好きな様です。落語も同じくらい、
嫌それ以上に好きになって貰いたいと思っております。真打までの道のりはまだま
だ有りますが努力を怠る事をしなければ素敵な落語家さんになれそうです。私自身
もまだ彼を良く理解しておりませんが、根は真面目な様ですので、五代目・小さん
の剣道と落語も同じで「守破離(しゅはり)」*師匠の言う事を良く守り、その後
その殻を破り、師匠から離れて自分の芸を確立する。この精神で言うなら今は、と
リ合えず「守」を重要視して貰いたいと思っております。素敵な先輩達に沢山稽古
して貰って演目を増やして貰いたいと思っております。

たま平は子供の頃から知っていますので、あの子がこんなに大きくなって二つ目に
昇進したのは、それだけで嬉しかったです。師匠で有り父親の正蔵が背中で弟子を
引っ張ってこられる落語家に成りたいんです。と云う事を良く言っております。
難しいですが、今の正蔵は出来てる様な気がします。この言葉の意味を良く良く吟
味して師匠の落語に対する姿勢を見習って貰いたい。と思っております。子供の頃
から踊りを稽古してますので、私が教わって【稽古屋】【猫の忠信】【七段目】ら
所作がきれいに出来無いと無理な噺を移していくつもりです。おそらく七月辺りに
「鳴り物入り噺特集」も考えております。

どうぞ温かい目でおめまどろき所は寛容の心を持ってお付き合い下さい。

C面

噺のはなし

|、宿題三題噺                       林 家 たま平
*日めくりカレンダー・百回目の勝利・田村邸切腹 この三題を一席に纏めて口演
致します。どうなりますか? 今回は落語家になって始めての挑戦です。こればっ
かりはアドバイスも出来ません。お楽しみはこれからだ!

|、時そば                         春 風 一 刀
この噺を知らない落語ファンはいないと思います。兄弟子の三朝に稽古して貰った
そうです。五代目・小さんの十八番でした。細い蕎麦と太い蕎麦の音の出し方を直
に先輩が口演しているのを楽屋へ戻って来てから駄目出しをしているのを脇で聞か
せて貰いました。そしてこの噺のポイントを自分で調べてお金と時刻が面白い味わ
いを出しているのが解りました。根多卸しが終わってからアドアイスをするつもり
です。それは三朝が丁寧に教え上げも厳しくしたと思うので、口演する前にとやか
く言うのは礼儀に反します。

|、長命                          林 家 たま平
お正月でもあり、初回の「初演の会」でもあるので縁起を担いで演題表記も「長命」
となります。寄席でも初日や真打昇進の披露興行だと楽屋帳にはこの書き方です。
柳家さん喬に稽古を付けて貰ったそうです。覚えてから他の落語家さんのこの噺を
聴く事を勧めました。先ず基本をきちんと守りそれから破へ行く道です。彼のキャ
リアでは当然です。私の世代で売りにしてたのは、談志・円楽の二人でした。私も
先師・談志から教わりました。その大元の小さん直系から習ったのですから、基本
中の基本です。ここから色を付けるのは何度も高座に掛けてからです。

|、お富与三郎・弐                     鈴々舎 馬 桜
前回の続きです。粗筋は高座でお話致します。発端を聴いたのは始めてです。と大
勢のお客様に言われました。講釈師も最近はこの噺を高座に掛けて無い様です。
東京かわら版の情報覧にも日本橋亭の楽屋帳にも記載がありません。昔の本牧亭の
在った頃なら金襖(きんぶすま・大名のお家騒動)や世話物・三尺物(侠客)と色
色と一日で聴けたのですが、今更ながら寄席が一軒無くなると伝承して来たものが
根底から崩れる様な気がします。これはそう言う意味で言えば生世話(きぜわ)の
傑作です。これから噺が進むに連れて色恋・殺しとどんどん難しくなって来ます。
*文中敬称略


D面 (裏面)

☆如月・初演の会
時:2月2日(土曜日)
  開場:17時30分 開演:17時30分
所:落語協会二階 03−3833−8563
木戸:1500円 学生&役者 1000円
お問い合わせ&ご予約
電話:(事務局):090−8567−2302
メール::baorin@reireisha.com
番組
|、宿題三題噺    春 風 一 刀
|、お富与三郎・参  鈴々舎 馬 桜
|、死神       林 家 たま平
|、新聞記事     春 風 一 刀
*月初めに「初演の会」は、始めてです。
三人が土曜日に揃うのはこの日しか無いので・・・。


☆第三回・小きんと馬桜の落語道場
 時:2019年2月20日(水曜日)
  18時10分開場  18時30分開演
場所:ヤマノミュージックサロン・池袋
   030−3980−3003
木戸:前売り&当日・2000円 各種割引有り 学生&役者 1000円
予約申し込み:baorin@reireisha.com
番組
|、二人でトーク    馬桜・小きん
|、つるつる       馬桜
|、ねずみ穴       小きん

以上が、正月の「初演の会」のプログラムです。
[1076] 助六配役・・・思いつくままに! 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/01/20(Sun) 09:40   [返信]
祝・十三代目 市川團十郎襲名 「助六所縁江戸桜」配役一覧

五月 團菊祭・お手本           六月 若手公演

花川戸助六:市川團十郎            市川團十郎
白酒売り新兵衛:尾上菊五郎          松本幸四郎
三浦屋揚巻:坂東玉三郎            尾上菊之助
白玉:中村時蔵                 中村梅枝
髯の意休 :松本白鸚・中村吉右衛門     尾上松緑
かんぺら門兵衛:市川左團次          坂東彦三郎
朝顔仙兵衛:市川猿弥             市村橘太郎
福山かつぎ:市川猿之助             中村萬太郎
田舎侍・利金太:片岡市蔵           片岡亀蔵
奴・片岡亀蔵                   中村松江
通人:片岡仁左衛門              市川中車
満江:片岡秀太郎               坂東玉三郎

@五月は今考えられる最高の顔合わせ だと思います。
意休は60代で健康じゃ無いと大変だそうです。
毎日じゃ大変で日替わりにしました。
若手の公演では、かつての三之助が舞台を〆ます。
そして どうしても菊五郎劇団が中心の顔付けになります。
[1075] 映画・ニッポニアニッポン&古書展 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/01/19(Sat) 11:48   [返信]
昨日は午前中に雑用を追えて14時に渋谷のスタジオ・HIPPOへ
映画【ニッポニアニッポン】才谷遼監督作品のアフレコです。
大宴会の余興の場面で道化師が出て来ます、その声の担当です。
他に殿様の三人の息子を私ひとりが吹き替えです。
楽しんで遣らせて貰いました。
中でなんと唄を歌うのですが・・・お手本は宝田明さん ですが・・・難しい!
「蚤を飼っていたのじゃ」の『かって』がどう聴いても「買って」に聴こえる。
たいして良い耳では無いが・・・職業病でアクセントには五月蝿い のです。
何回か録り直して貰ってようやく監督と制作スタッフからもOKを貰えました。
一般公開は、3月9日(土曜日)ユジュク阿佐ヶ谷と渋谷・アップリンクです。
もっと詳細が解りましたら、お知らせ致します。

スタート時間が押せ押せでしたが90分近く掛かりました。
終えて16時を廻っていた様です。
辞去して、花まるうどんで軽く食べて銀座へ

銀座松屋8階で開催されてる「大古書展」へ 木挽堂さんへ顔を出す。
残念ながら陣中見舞いが無い・・・申し訳無い。
花緑君も三木助君もお望みのものをお買い上げ下さってそうです。
喜ばれました。
私も、欲しい本が有り・・・躊躇しながら買いました。
かみさんには内緒です。 まだまだ読まなければいけない本が山積みです。
ご主人と色々お話をさせて貰い、また貴重なものを見せて貰いました。
正に「眼福の至福の時間」を過ごす事が出来ました。

真っ直ぐ帰宅して、雑用を片付けて夕飯を摂る。
お腹の調子も大分良くなって来ました。
3月20日の山野楽器の三部の公演も柳亭芝楽師匠が引き受けて下さいました。
ほっとしますね!
後は、有望な二つ目さん達に四月以降の予定を訊いていこう。と思ってます。

さぁ 2月2日(土曜日)の『初演の会』で口演する【お富与三郎・出逢い】の稽古です。
[1074] 新しいご縁 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/01/18(Fri) 09:27   [返信]
昨日は午前中に雑用を片付けて仕度をして「ある新年会」へ。
新宿京王プラザホテルで税理士のY氏の事務所での16時30分から講演。
70分でしたが、楽しく講演させて貰いました。
そしてアンケートで? 今年映画を見た人がふたり。
寄席は0でした。まだまだマーケットが沢山あります。
*その後の新年会で乾杯のご発声の方が舞台で褒めて呉れました。
司会の方が、その後の事務所の今年の計画発表の時も・・・退出出来ず。
しかし これが意外に面白かった。
時代が反映されているんですね。
AIがこれからどんどん起用されそうです。
一番凄いのは税理士の居ない国が有るそうです。
*多分 国民背番号制で(マイナンバー制度が近い)収入支出が解る?
それを見学に所長みずから行くそうです。

終えて着替えて、改めて新年会に参加。
同じテーブルに弘文出版の井上氏と久し振りにお会いしました。
今は現役を退いてご隠居さんだそうです。
余興のお餅つきと所長さんが懇意にしてる歌い手さんがそれぞれ見せて呉れましたが・・・
まだまだ落語家が余興に行く開発の余地が有りそうです。

20時30分にお開き。
真っ直ぐ帰宅してアジア杯 ウズベキスタン対日本戦を見る。
先発メンバーを前回より10人替えての試合でした。
先制されましたが、すぐに同点に追いつき後半に逆転。
まさにドラマの筋の様な展開でした。
これでリーグ1位で通過 スケジュールが楽に成ります。
楽しみですね!!
[1073] 山野楽器落語の一日 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/01/17(Thu) 09:23   [返信]
昨日は朝から体調が悪く豊島病院で精密検査。
結果は異常無し 風邪からくる腸炎 と云う診断。
少し時間がかかり過ぎで一部の「落語講座」は、馬るこ君に急遽代演を頼む。
1時30分になんとか入って、黒門町の【つるつる】を鑑賞。
少しエピソードを話してお開き。

第二部
|、からぬけ  鈴々舎 美 馬
*馬るこ君の一番弟子です。
|、二人旅   台 所 おさん
*聞けませんでした。
|、糖分控え目初天神 鈴々舎 馬るこ
*始めて聞かせて貰いました。
|、宗論    林 家 たこ蔵
*着替えていた為聞けませんでした。
|、厩火事   鈴々舎 馬 桜
*自分で考えたまくらと新しいくすぐりも受けました。
|、お楽しみ抽選会
 出演者の手拭いをお年玉としてプレゼント

第三部
「初演の会・卒業公演」
|、三人でトーク
|、明烏   鈴々舎 馬 桜
*声が本調子では無かった・・・と、感じたご常連のお客様がお出でに成りました。
|、棒鱈   古今亭 菊 生
*これも着替えてて聞けませんでした。
|、富久   林 家 はな平
*初演でしたので、まだまだ延びしろがあります。
 おそらく回数を重ねていけば持ち根多になると思います。

役者の小林隆さんが来て下さいました。
残念ながら感想を聞くのを・・・忘れました。
[1072] 始まりました 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/01/17(Thu) 00:08   [返信]
第35回 銀座・古書の市

我が儘を聞いて貰ってる東銀座の古本屋さん木挽堂さんからカタログ?が届いてます。
期間 1月16日(水曜日)から21日(月曜日)まで
銀座の松屋デパートの8階のイベント広場で開催されるそうです。
昨年は入院中でしたのでいけませんでしたが5〜6年顔を出しております。
色々な面白いものが見られて至福の時間を過ごす事が出来ます。

今年は、カタログの中に落語関系で面白いものを発見(おおげさ)しました。
先ず、五代目・柳家小さん師匠(落語界初めての人間国宝)の狸の絵の掛け軸。
五匹の狸がそれぞれの扮装(三番叟・分福茶釜他)で描かれています。
こんな沢山の狸が一同に介したのは始めて見ました。
出番が近かったので花緑師に見せたら、彼も始めて見た様で・・・。
花緑「私が買っても良いんですかね?」
馬桜「そりゃ売り物なんだから縁の有る方が買った方が良いよ!」
で、早速 「売約済み」に手配しました。

そして、もうひとつ 山藤章二画の随分前に切手になった「三代目・桂三木助の芝浜」
花緑師に用事が有って来ていた、現・三木助君が同じ台詞を!
山藤氏のサイン入りで額装がしてあって・・・リーズナブルなお値段で彼の小遣いでも買える。
と、言う事でこれも「売約済み」にして貰いました。
そして、1月16日は三代目さんの祥月命日だそうです。
なにか、そこには見えない「縁」を感じました。

私が歌舞伎ファンとしてもっとも注目したのは「九代目・市川團十郎の扇面」です。
当たり前ですが、結構なお値段です。(最もお金があっても飾っとくところが無い)
出来れば、早稲田の演劇博物館か国立劇場の資料室で買ったら、良いなぁ〜!。
と思いました。
最も一番良いのは市川宗家が買って海老蔵から十三代・團十郎の襲名公演のとき
歌舞伎座の二階ロビーに展示して欲しいですね。
なにせ九代目は「劇聖」と呼ばれ「天覧歌舞伎」の先駆者です。
毎年 五月の『團・菊祭』は、九代目と五代目・尾上菊五郎の遺徳を偲ぶ公演です。
歌舞伎を近代化した人の真筆が、あの震災にも戦災も逃れたのですから・・・。
こんな縁起の良いものはありません。
素敵な人が買って呉れると良いのですが・・・。
[1071] 1月15日 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/01/16(Wed) 09:17   [返信]
昔なら成人の日ですが・・・色々法律が変わって・・・正直何考えてるの?
と思います。
なぜ15日か? 色々意味があるんですがね。
まぁ 愚痴っても・・・始まりません。

昨日は、午前中に雑用を片付けて13時から落語協会の三階で稽古。
早めに着いて、本日の山野楽器落語の一日の三部のプログラムを作成。

時間が来て、たま平君が来て【死神】の稽古。
前の「御印紋」も稽古する。
丁寧に教えていかないと・・・継続していきません。
やはり、御印紋を口演すると40分を越える。
2月2日(土曜日)の「初演の会」は。これは・・・多分ありません。
下げも知ってる限りの事を教える。
いつだか 読売新聞に掲載されただけでも15以上はあります。
考えられたら,自分の好きなもので遣りなさい!
この辺が落語の良いところです。

整体に行くまで少し時間があったので志ん朝師の【厩火事】を見る。
私は、先代・歌奴師に教えて頂きました。
黒門町とも少し違います。
ぜひ あなたの目と耳でお確かめ下さい。

16時から中目黒で整体。
今年始めてで身体がほぐれてほっとしております。
真っ直ぐ帰宅。
食事を摂り、少し風邪気味だったので市販の薬を飲んで早めに就寝。

さぁ 山野楽器落語の一日です。
皆様の御来場をお待ちしております!
[1070] 映画・クリード U 炎の宿敵 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/01/15(Tue) 09:35   [返信]
昨日は午前中に雑用を片付けて入浴をすませ池袋へ。

映画「クリード U 炎の宿敵」を見に出掛ける。
実は、T は見て無いのですがロッキーの延長線上に有ると云うので・・・。
今年始めての映画です!
公式HPの売り文句(宣伝文)は下記のもの

『ロッキー4/炎の友情』で最大のライバルにして親友のアポロは、
ロシアの王者イワン・ドラゴと対戦。
壮絶なファイトを繰り広げた末に倒され、そのまま帰らぬ人となった。
あれから歳月が流れ、ついにその息子同士がリングに上がる。
シリーズに新風を吹き込んだ傑作と全世界から大絶賛を受けた
『クリード チャンプを継ぐ男』でロッキーのサポートを受け、
一人前のボクサーへと成長した亡きアポロの息子、
アドニス・クリード(マイケル・B・ジョーダン)。
対する相手はドラゴの息子、ヴィクター。
ウクライナの過酷な環境から勝ち上がってきた最強の挑戦者だ。
アドニスにとっては、父を殺した男の血を引く宿敵となる。
アポロVS.ドラゴから、アドニスVS.ヴィクターへ。
時代を超えて魂のバトンが手渡される因縁の対決。
絶対に見逃すわけにはいかない。世紀のタイトルマッチのゴングが、いま鳴り響く!

ロッキーは今から30年前の映画だそうです。
こちらも年を取りましたがシルベスター・スタローンも歳を取りました。
そして今回も鍛えた筋肉の素晴らしさを見せて呉れます。
前の試合から何ヵ月後の試合の間に肉体を鍛え上げてくるアドニスの役者魂を見せて貰いました。
ロシアでの試合の中で・・・根多バレに成りますが、ここでロッキーのテーマだろ!?。
と云うところで音楽が流れました・・・涙腺が弱くなりました。涙があふれて来ました。
今年始めての映画はおススメです!
[1069] 祝・襲名 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/01/14(Mon) 11:17   [返信]
祝・十三代目市川團十郎、八代目市川新之助襲名。

テレビ中継を拝見。
團十郎襲名の決意と覚悟を見せて貰いました。
頭には随分白いものが増えました。

息子の勧玄君は海老蔵を襲名したい、と言ったそうです。
末頼もしい息子ですね。それはオヤジがかっこ良いからだと思いました。

新元号の團十郎。平成の團十郎が十二代・昭和が十一代・九代目は劇聖。

歌舞伎界一番の大名題を襲名するのは体力・気力・努力 (金栗四三の言葉)
頑張って欲しいですね。
[1068] 1月13日 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/01/14(Mon) 10:45   [返信]
昨日は寝床の中からなかなか抜け出せなくて・・・・
8時少し過ぎに起きたのに9時までぐずぐず寝床に・・・。

朝食を摂り、雑用を片付ける。
午後いち でフィットネス倶楽部へ。
ジャグジーに30分入り 身体をほぐす。
25m泳ぎ・75m歩くを8本
*二本少なくて・・・どんどん回復して来てます。
股関節をほぐす為に腿の振り上げ50回づつ
そして、再びジャグジーに浸かる。

帰宅して、遅い軽い昼食を摂る。
大相撲中継を見ながらパソコンから独演会・円朝座・偲ぶ会のDMを送る。
稀勢の里・・・負けました。残念!
千賀の浦部屋は、十両の隆の勝・貴源治が勝ちました。
関脇に昇進した貴景勝も勝ちました。
幸先の良いスタートです。

大河ドラマ「いだてん」も見る。
勘九郎・母方の祖父・先代芝翫の顔に近くなって来てる。
目は中村屋ですが顔の長さ? が成駒屋 と云った感じですね。
伝説の名人橘家円喬師が出て来ました。
面白く拝見しました。

そしてアジア杯 日本対オマーン戦を見る。
1−0 で辛勝です。
後半の40分過ぎの長友は・・・あれは完全にハンドでしたね。
新米の審判で救われたところも有りました。
記事No 削除キー

- LightBoard -