馬桜 掲示板


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字で8文字以内)   クッキー保存
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
[983] 映画・華氏119&いろいろ 投稿者:ばおりん 投稿日:2018/11/09(Fri) 09:41   [返信]
昨日は午前中に雑用を片付けて御成門へ。
音響学院の二年生に講義です。
映画「羽織の大将」の前半を見る。
相変わらずフランキー堺さんの落語は上手い。
*映画ですから変わりませんが・・・

終えて、日比谷へ出て映画「華氏119」を見る。
大変興味深く拝見。
病める米国が見事に描かれてます。
中間選挙が終わって下院で民主党が勝利してアメリカが変わるか?
女性議員が大量に増えました。
またジェンダーやマイノリティと多種多彩で・・・失礼ながらいかにもアメリカです。
今回この映画を見て日本は・・・遅れている。

移動の車中は読書の時間です。
先日の古本市で買い求めた「作者部屋から」食満南北著 ウエッジ文庫
を読んでます。(復刻版です)
中で「天井を見せられる」が出て来ました。
落語【淀五郎】の中に出て来る台詞ですが、勿論 解説の中にも出て来ました。
意味も勿論理解しております。
しかし 近頃の役者さんは死語になっている様でしたが・・・
この本が書かれた頃までは使われていた様です。
筆者は11代目・仁左衛門付き作者 これでこの台詞が実感を持って語れます。
*因みに今は15代目・でお祖父さんに当たります。
[982] 立冬 投稿者:ばおりん 投稿日:2018/11/08(Thu) 09:07   [返信]
昨日は暦の上では立冬でした。
一日中 部屋の閉じこもり雑用を片付けてました。

先ず、花選を頼まれた「雑俳・眺牛会 洒落付け 笑いに関するものごと一切」
です。・・・これがなかなか選べず時間が掛かりました。
キキ(その句を引き立たせる呼び水?)は比較的楽に出来ました。
例:キキ:未来名人動作きびきび
   前座急げ(本文は善は急げ)
*本来二音は採らないのですが・・・採らせて貰いました。
 結果は18日に「開き」があるのですが同じ時間は常国寺さんで落語会です。
 残念ながら参加出来ません。

終えて勉強部屋で先代・正蔵師の「噺家の手帖」を読む。
江戸から伝わって来ている言葉や習慣が解り易く書いてあります。
「猿若町」の読み方が「さるわかちょう」で有る事が納得しました。
絵番付などの振り仮名に「さるわかまち」と云うのがありましたので・・・。

夜は、「相棒」を見る。
今回も結構重いテーマでした。
組織・必要悪・社会正義 色々考えさせられます。
[981] 再び告知・たびと亭  投稿者:ばおりん 投稿日:2018/11/07(Wed) 09:32   [返信]
昨日は「初演の会」の打ち合わせで馬桜・たま平・一刀と集まりました。
お昼を頂きながら来年の話をしました。
初演の会のコンセプトは、根多卸しをお客様に聴いて頂き批評を受けそれを次の過程に!
1月11日(金曜日)決定・2月2日(土曜日)予定・3月21日(木曜日・祝日)予定。
落語協会の二階の予約はふた月前の朔日から受付開始です。
上手く取れると良いのですが・・・。

たびとさんから連絡が有り、まだ座席に余裕が有るそうです。
そこで改めて告知させて貰います。

☆ 第22回 たびと亭・蕎麦と落語の会
    =鈴々舎馬桜を聴く会=
時:11月11日(日曜日)
   開場:12時40分・開演:13時00分
所:海鮮と手打ち蕎麦 たびと
  *東上線・志木駅南口下車 徒歩3分
予約:0484−87−7293(佐藤)
     11時〜20時 日曜休み
入場料:3000円(生ビール&手打ち蕎麦付)
  *定員:30名
馬桜演題:試し酒 他一席

すべて椅子席ですから楽に聴けますのでぜひご予約下さい。
[980] 11月5日&映画・スマホを落としただけなのに 投稿者:ばおりん 投稿日:2018/11/06(Tue) 09:19   [返信]
早めに起きて入浴・朝食・雑用を片付けて落語協会へ
14時から高座舞の稽古。
黒田節:槍さび:茄子かぼ を浚って15時に辞去。
良い汗を掻かせて貰いました。

一旦 家に戻り来年の予定の詰め。
黄金週間の日本橋亭の公演の念押しをして返事を待つ。

18時30分に友人と池袋で待ち合わせ。
夕食を摂り、映画「スマホを落としただけに見る」。
現代を映して怖いなぁ〜! と思う。
これでもかこれでもか、と云うトラウマの繰り返しにいささかうんざり。
見終わって、変な世の中になりました。と実感。
*青森の市議会議員に当選した29歳の人が実名と匿名でささやいている?
匿名の方がその人の人格が解るから・・・こんな奴を選んじゃった人・・・
後悔してると思う。
日テレ「ニュース0」で近頃の若者なら遣っているんじゃ無いですか!?。
この発言の方が怖い! 近頃の若者は二重人格になる。

「思い出が消えないうちに」川口俊和著 読了。
これで、映画「コーヒーが冷めないうちに」の内容が良く理解出来る。
姪っ子に感謝して彼女にも読んで貰う様に手配。
[979] 山野楽器落語の一日・告知 投稿者:ばおりん 投稿日:2018/11/05(Mon) 09:19   [返信]
昨日は一日ディスクワークで12月の公演や来年のイベントの整理をして過ごす。
お陰様で演目らが決まり番組の詳細は改めて「掲示板」でお知らせ致します。
そしてNHKの「新人落語大賞」を見る。
優勝は桂三度君、しかし入船亭小辰君との同点決勝でした。
個々の感想は・・・下記の落語会のどこかで申し上げます。
ぜひ お出掛け下さい。

☆山野楽器落語の一日
11月21日(水曜日)

第一部 第158回 馬桜落語講座
時:13時開演 14時30分終演
場所:ヤマノミュージックサロン・池袋 03−3980−3003
木戸:一般・2000円 学生&役者&同業者・1000円
申し込み:ヤマノミュージックサロン池袋 03−3980−3003
講義内容:江戸の時間 参考資料「時そば」

第二部 
173回 熱血・若手落語会 
時:14時40分開場・15時開演
木戸:前売り・800円 当日・1000円 各種割引・800円
番組 
|、金玉医者       鈴々舎 馬 桜
|、江戸荒物       林 家 たこ蔵
|、長短          鈴々舎 八ゑ馬
|、蒟蒻問答       林 家 はな平
@馬るこ君が休演で八ゑ馬君が代演致します。

第三部 
立教落語同窓会
 =一花二つ目昇進披露の会=
時:18時10分開場  18時30分開演
木戸:前売り&当日・2000円 各種割引有り 学生&役者 1000円
番組
|、三人でトーク      馬桜・馬久・一花
|、鮑のし          鈴々舎 馬桜
|、雪てん          金原亭 馬久
|、茶の湯          春風亭 一花
@橋本環奈で大変な事になったあの立教大学の卒業生と元講師の落語会です。
[978] 映画「ガンジスに還る」&いろいろ 投稿者:ばおりん 投稿日:2018/11/04(Sun) 09:13   [返信]
昨日も早起きをして入浴・朝食・雑用を片付けて神保町へ
岩波ホールの映画「ガンジスへ還る」の11時の回へ。
整理番号・94番目でした。

その公式ページの解説
インドの新鋭シュバシシュ・ブティアニ監督が弱冠27歳で手がけ、
ベネチア国際映画祭などで賞賛されたヒューマンドラマ。
雄大なガンジス河を背景に、誰にでもいつか訪れる「死」というテーマを、
ユーモアと人情味を交えて描いた。
ある日、不思議な夢を見て自らの死期を悟った父ダヤは、
ガンジス河の畔の聖地バラナシに行くと宣言する。
家族の反対にも決意を曲げないダヤに、仕方なく仕事人間の息子ラジーヴが付き添うことに。
安らかな死を求める人々が集う施設「解脱の家」にたどり着き、
ダヤは残された時間を施設の仲間とともに心穏やかに過ごそうとするが、ラジーヴとは何かと衝突してしまう。
しかし、雄大なガンジス河の流れが、次第に父子の関係を解きほぐしていく。

皆さん満足度100点だそうですが、私には少しのんびりなテンポでした。
今回も「死」と云うテーマと仕事人間を描いてますが、もうひとつピンと来なかった。
こちらがインドの事情を知らないせいだと思う。

上映後 古本市へ 残念ながら本山荻舟の「名人畸人」は売れて有りませんでした。
やはり出合った時に買わないと駄目なんですね。
その代り珍しい本が手に入りました。
「道頓堀」三田純市著 白川書院刊 箱入りで綺麗で・・・500円。嗚呼 安過ぎです!
上方落語【まめだ】の作者で芝居茶屋の若旦那でもあります。
ためらい無く買って帰宅。

テレビ中継でラグビーで「日本対ニュージーランド(オールブラックス)」です。
前半でブラックスより早くトライをしたので期待をしましたが・・・
個人技ではやはり差があります。
しかし31−69 は大健闘です! 来年が楽しみですね。

19時30分からNHKで「コントの日」を見る。
NHKらしく無い番組と構成でした。途中のCMのパロディーが面白かった。

途中 ニュース速報でホークスの連覇を知る。
第四戦で新井に代打を送った時に緒方采配の未熟さを知る。
六戦は全く見なかったのですが、ホークスはスクイズで先制点だった様です。
監督の頭脳の差が出た様ですね。
[977] 古本祭り 投稿者:ばおりん 投稿日:2018/11/03(Sat) 09:05   [返信]
昨日は午前中に雑用を片付けて午後から御成門の音響学院へ。
二年生への講義です。
先代・雷門助六師の【しらみ茶屋】を見る。
平成生まれの学生さんには「虱(しらみ)」と「蚤(のみ)」の違いを話す。
また、小山観翁師の著書の中に遣唐使が航海するときに虱を持った人間を連れて行った。
と云う記述が有ります。
虱は北にしか行かないそうです!。
「?」マークが私の頭の中では有りますが、歌舞伎鑑賞の師であり。
同じ流派(神崎流)の地唄舞の大先輩で色々な事を直に教わりました。
そして、その中に出て来る言葉「遊び」の意味と概念? を勉強。
今の子に「遊びに行こう」と誘われたらなにを連想する?
映画・カラオケ・ディズニーランド・キャパクラ・・・等
そして、男社会の落語の世界の話をしたら・・・時間です。

終えて、神保町の落語カフェへ。
独演会のチラシを持参したんですが、今日は昼間休業中でした。
時間まで古本屋さんを冷やかす。
欲しい本が目白押しです。我慢我慢でドトールへ。
サンドイッチとコーヒーで繋ぐ。
余った時間は、「思い出が消えないうちに」川口俊和著を読む。

何回か電話して留守電から生の声(17時35分過ぎ)が出て向う。
その前に気に成っていた本「作者部屋から」食満南北著を買う。
*文庫本で出版されてました。知りませんでした。
落語カフェさんにチラシ100枚を置いて貰う。
いつもはコーヒーを飲むのですが、今回は申し訳無いがパス。

淡路町まで歩くのですが、欲しい本がありました。
本山荻舟著「名人畸人」を見つける。
喉から手が出るほど欲しいのですが・・・我慢して帰宅。

帰宅して雑用を片付け夕飯を摂る。
そしてNHKの「昭和元禄落語心中」を見る。
[976] 霜月・朔日 投稿者:ばおりん 投稿日:2018/11/02(Fri) 09:25   [返信]
昨日は朔日ですので落語協会へ行く為早起きして入浴して朝食を摂る。
雑用を片付けて落語協会へ。
10時30分に着き、2019年1月11日(金曜日)を押さえました。
開場時間を17時30分・開演時間を17時45分で二時間の公演です。
平日ですのでいつもより15分遅れての開演です。
皆様の予定に入れて置いて下さい。

12月19日(水曜日)の師走・独演会のチラシを黒門亭のパンフレットに挟み込み。
11時までに終える。
予約を受け付けます。

TOHOシネマズ上野で映画「プーと大人になった僕」を11時25分の回で見る。
字幕版でしたが、原題は「クリストファー・ロビン」です。
残念ながら原作の童話は一度も読んだ事がありません。
この映画 くまのプーさんが主役ではありません。
大人に成って仕事人間になってしまったクリストファーがなにが大切か?
を気がつかせる為に100エイカーの森からプーが来ます。
で、いろいろ有って最後はめでたしめでたし・・のハッピーエンドです。
面白く見る事が出来ました。
半分くらい仕事人間ですから、耳の痛い言葉も有りました。
家族はかみさんとふたりきりですので・・・見終わった後・・・
「かみさん大切にしょう!!」でした。

帰宅して、雑用を片付けて再放送の「相棒」を見て。
社会正義を考えさせられます。
「お富与三郎」を稽古して、昨日買った「駅馬車」のエアーチェック。
きれいに映ってます。
時間のある時 じっくり拝見する予定です。

昨日は「一の酉」でしたが、今年は「二の酉」に行く予定です。
[975] 神無月・晦日 投稿者:ばおりん 投稿日:2018/11/01(Thu) 08:52   [返信]
昨日は早めに起きて入浴をして朝食を摂る。
メールを整理して池袋へ。
ロサ会館の「教誨師」を見るために!
一日一回の上映で10時30分からです。
結構な人数が居る。先日の「ルイスー」と依り入って居ました。
滅茶苦茶重い内容です。感想は改めて書かせて貰います。

終えて、買わないけど古本屋さんへ
八勝堂さんは閉店して覗いてみたらまるで空っぽ。
夏目書店さんへ シャッターが閉まっていて定休日? かな。

三省堂へ 行って「思い出が消えないうちに」川口俊和著 を買う。
で、コーヒーがおまけで貰えました。
途中すれ違うカップルでハロウィーンの仮装の人がちらほら・・・。

花まるうどんへ行って昼食を摂る。
量は「小」です。中ではもう私には・・・少し多すぎ。
お気に入りのコロッケをトッピング。

終えて、ブックオフ三階へ。
色々探してる本があるのですが、それはなかなか有りません。
時間があったので、二階のDVDとCD売り場を覗くと・・・
なんと、あの名作「駅馬車」が150円・・値段を確認してレジへ。
間違いではありませんでした。

真っ直ぐ帰宅して、雑用を片付ける。
落語協会の「落語会情報」へ。11月の落語会の情報を送る。
そして、公式ホームページの「挨拶文」を管理人さんへ送る。

夜はテレビで「相棒」を見る。
お友達? の酒向芳さんが出てる
*検察側の罪人 で個性の強い役が印象に残ってます。
今回も真犯人でした。嗚呼!
[974] 映画・ルイスと不思議な時計 投稿者:ばおりん 投稿日:2018/10/31(Wed) 08:44   [返信]
映画「ルイスと不思議な時計」感想

本当は吹き替え版が見たかったのですが、夜の最終回は字幕でした。
テレビで吹き替え版で佐藤二郎と宮澤りえが主役ふたりの声を遣っているので・・・。

下記のものがこの映画の宣伝文です。

こんな魔法の世界、観たことなかった!
誰もが楽しめるファンタジーながら、出てくるキャラクターはクセ者ぞろい。
常識の斜め上を行くマジックの数々、さらに笑いと感動もたっぷり!? 
『E.T.』や『バック・トゥ・ザ・フューチャー』、『ジュラシック・ワールド』を送り出してきた
アンブリン・エンターテインメントが、またもや大人から子供まですべての観客を夢中にさせる一作を誕生させた。

主人公は10歳の少年、ルイス。
不慮の事故で両親を亡くした彼は、伯父のジョナサンに引き取られる。
初めて会った伯父さんは、やさしそうだけど、ちょっぴり変な感じ。
伯父さんが一人で暮らす古い屋敷には、なぜかたくさんの時計が置かれ、
怪しげなムードが漂っている。しかも隣に住むツィマーマン夫人も、なんだか奇妙……。
じつはこの二人、魔法使いだった!しかもジョナサンはポンコツの魔法使い。
ツィマーマン夫人は一流の魔女!? ジョナサンの屋敷に隠された魔法の時計をめぐり、
ルイスと二人の魔法使いが、信じがたい世界の扉を開く!

色々と複線があるのでしょうが、正直字幕だと追いつかなかった。
夫人が持っている杖の先が紫に光る。そして着ている洋服も紫・・・?
なにか意味があるのか? 最後まで解りませんでした。

しかしやはり米国映画らしく最後はハッピーエンドで終わります。
気持ちよく映画館をあとに出られます。
子供でも吹き替え版なら大丈夫だと思います。
おススメの一本です。
記事No 削除キー

- LightBoard -