馬桜 掲示板


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字で8文字以内)   クッキー保存
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
[1387] 国立大劇場・辛口の感想 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/12/09(Mon) 08:01   [返信]
昨日は、早い時間に食事と雑用を片付けて国立大劇場へ。
「初演の会」の疲れがいささか残ってまして、眠らないか? 心配でしたが・・・。

三階 11列27番で観劇。

後ろの席のばばぁが(完全に悪口です)紙袋をやたらがさがさの繰り返し。
何なんですかねぇ〜 人の迷惑 と云うものを考える力が日本人は皆無なんですかね?。
階段席ですから、私の耳元でまぁ うるさいこと。
こっちが人気商売じゃ無かったら、啖呵を切って喧嘩してました。
こう云う人には、改めてマナーの勉強のし直しをお願いしたいですね。国立劇場の最後尾の列のレベルが低下です。
幕開きから30分くらいは、駄目でしたが舞台が良かったから喧嘩に成らずにすみました。

盛綱陣屋で、和田兵衛の出から有り、中抜きしないで丁寧な演出。
座頭(ざがしら)二代目松本白鸚は、いい仕事してます。

和田兵衛の坂東弥十郎の身体の大きさ(肉体的に)が、役に立ちました。
愛嬌のある憎くていで、高麗屋を向こうに回して五分と五分のやり取りでした。

篝火:魁春 相変わらず色気は無いんですが、行儀の良い芸で歌右衛門を思いださせました。

早瀬:高麗蔵も控えめで、ほのかな色気を感じさせました。

主役四人のバランスが良かったです。芝居はつくづくアンサンブルだと思った。

そして、母 微妙が上村吉弥 この人がグレードをワンランク上の芝居にしてくれました。
南座の「顔見世」に出てるもんだとばかり思ってましたが、良かった!!

*記録映画を見る会(国立劇場主催)で見た、初代・吉右衛門のものが私の教科書です。
 映画は白黒でしたが、役者紹介だけカラーで、その歌右衛門の素晴らしかった事。

で、特筆は子役の小四郎を演じた松本幸一郎が大活躍です。
私の前の列の夫人は彼の台詞で泣いていました。

*終演後 高麗蔵丈にメールを送り「なにものですか?」と尋ねると。
幸四郎丈のお弟子さんで今回がデビューと云う事です。
部屋子にして、大切に育てて貰いたいですね。

ご注進の信楽太郎が幸四郎 もっと動いても良いのでは? 

伊吹藤太:猿弥 軽みは確かに有りましたが、七代目・坂東三津五郎のものを映画で見てますので・・・
17代目・勘三郎 現・梅玉(ご馳走と云う感じ)も見てますが、申し訳無いが一番良いものを見てるので!。

後半の首実験も、解り易い思入れなど(嫌う人もいます)、丁寧に演じてました。
床も道太夫・泰二郎:東太夫・寿治郎:谷太夫・松也、再び東太夫・寿治郎と充実してました。

@久し振りに艶とこくの有る芝居でした。

二番目は、木村錦花作「蝙蝠の安さん」チャップリン生誕130年
と云う事で幸四郎が取り上げました。 映画『街の灯』の上手い翻案です。
上手い構成で、歌舞伎の手法もふんだんに有り、清々しい気分で劇場を後に出来ます。
大家の友右衛門も良い味を出していました。猿弥がたっしゃなところを見せてます。
これはこれで結構なんですが、暮れの公演ですので【芝濱の革財布】など・・・見たかったですね。

今の役者さんは「生世話」が出来る人が少なくなってますね。
魚屋を幸四郎がどう演じるのか、を見たかったのですが、女房役者が居ません。
この座組だと、女形は姉さん女房に成ります。30代後半から40代の女形不足ですね。
[1386] 初演の会・反省 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/12/08(Sun) 08:46   [返信]
昨日は師走の初演の会でした。

起きてから出掛けるまでに雑用を片付けて【堀部弥兵衛】を浚うが・・・。
地噺は、どうなるか? 初演は難しいですね。
サッカーの試合をNHKテレビ観戦して、FC東京が先制されたところで家を出る。
4点差で勝たないと優勝は無いので、5−1は、冷静に考えれば無理ですものね。
久保君ひとりが抜けるとこうなるのか? そんなチームでは無いと思ってましたがエースの存在感が解りました。

早めに、落語協会入り 黒門亭の二部のトリは左龍君で【文七元結】。勉強に成りました。
はな平君とも話したのですが、この噺は時間を気にして遣る噺では、無いですね!。

時間通りに始めて、まず お題取り・四回転:シュレッダー:情報流出の三題に決まる。
正月は一刀君の希望で三題噺で無い新作を作って来るので二月の題です。
私が口演致します。

|、師走三題噺(オムライス・ジャッカル・ミイラ) 林家 たま平
*七面鳥を擬人化しての口演。破天荒な一席でしたが打ち上げでは好評でした。
お客様の反応が聞けるので、今後も続けて行きたいと思っております。

|、猫と金魚     春風 一刀
*やはり超ナンセンス落語は難しいですね。自分のものにするにはやはり時間を掛けないと・・・。
冒頭の会話、旦那『番頭さん金魚どうしました?』番頭『いいえ、私たべません!』これが大事なんですね。
プログラムにも書きましたが、談志師匠が『俺には無理だ〜!』と言ったのを覚えてます。

|、堀部弥兵衛   鈴々舎 馬桜
*やはり難しいですね。忠臣蔵はお若い方には「お馴染み」では、無い様です。
来年の師走は【安兵衛婿入り】でも口演しますか?
二人とも短い噺なので、持ち時間が30分以上あり、時計を見ながらお喋りさせて貰いましたが・・・。

|、転宅      林家 たま平
*やはり、人物の演じ分けは難しいですね。
ご本人の談として、たばこやのオヤジが少し若すぎる様な気がします。
と、言ったので「たまちゃんはまだ25歳なので、どうしても実年齢がでるからね。」と応えときました。
数を重ねれば持ちネタになると思います。

終えて、一刀君が体調不良で早退? お大事に!
打ち上げは、いつもの様に村役場、新しいお客様も増えて、いろいろな話で盛り上がる。
途中でたま平君が友人の結婚式の二次会へ 六本木のホテルへ。
披露宴も出席して、あいまをぬって「初演の会」での口演。お疲れ様でした。

お陰様で28日・独演会の切符も何枚か売れました。有難い事です!!
[1385] 初演の会 プログラム 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/12/07(Sat) 23:57   [返信]
お越し頂け無かったお客様との約束です。
プログラムを読んで下さい。

A面

師走・初演の会
時:令和元年師走七日(土曜日)
午後5時半開演・7時40分終演予定
所:落語協会二階
木戸・1500円 学生&役者 1000円

B面&Cメン

ご挨拶                                          鈴々舎 馬桜

色々と有った令和元年も残すことあとわずかとなりました。私にとっては忘れられない年に成りました。
先ず、70歳にの古希の祝いを迎える事が出来ましたが、一昨年の右足の病気以来、やはり自分が思う様に
動けなく成った事を自覚しております。狂言の「摺り足」も踊りの立ち居振る舞いも自分では納得しており
ません。ある種哀しくなります。しかし これも天命と素直に受け止め右足が遂いているだけでも神様に感謝しな
ければ行けない。と思っております。正座もまだまだ時間が短ければ良いのですが、長くなると足首に痛み
を感じ合挽を使わないと長い噺はまだまだ無理です。ただ救いは、膝は悪く無いので座れる事が出来る事です。
同期の連中にも膝の悪い者が何人か出て来ました。ある種の職業病だと思います。私が入門した昭和44年の長老格  
の人達で70歳以上の落語家はたぶん10人に満たなかった、と思います。世の中全体が長寿社会に成り、落語家
も例外ではなさそうです。今 団塊の世代は古希を過ぎてますが、皆元気に活躍しております。若い後輩も順調に
延びて来てますので落語界は暫くは安泰だと思います。ただ世の中の変化が私が若い頃よりは激しく変化していると 
思います。ついて行けない事が随分と増えました。噺の深みが理解出来なく成っている様な気もしてます。

たま平君は今年は「当たり年」だと思います。高校時代遣っていたラグビーが役にたったからです。まずTBSのドラマ
「ノーサイド・ゲーム」に始まりW杯が始まり日本がベストエイトの追い風を受け色々なラグビーに絡んだテレビ番組
で見かけました。これを機会にどんどんマスメディアの世界にも進出して欲しい。と願ってます。

一方 一刀君は地道にその実力を養いつつあります。今回の演目【猫と金魚】は、超ナンセンス落語の極めつけです。
こう云う噺に挑めるのも彼の中で、なにかが芽生えたんだと思います。

問題は、観客動員です。落語ファンと呼ばれている人達は五千人いるか? です。初期の「初演の会」は20人前後の

お客様に支えれれていました。そしてその次のメンバーは15人前後のお客様でした。この狭い空間で五人の差は大きい
のです。この三人でまだ20人を超えていない事実をきちんと考えてなんとか魅力ある番組を作って行きたい、と思って
おります。それにはお客様の応援が欠かせません。どうぞ今後とも宜しくお願い致します。 


噺のはなし

|、宿題三題噺(ミイラ・オムライス・ジャッカル)                   林 家 たま平
この原稿は一週間前に書いてますが、彼とは連絡をわざと取りません。のでどんな内容かは見当が付きません。
私が木乃伊と云う漢字がミイラと読むのを高校生の時に知りました。紀伊國屋寄席のポスターで円生の口演です。
後年この噺を手掛ける様に成りましたが、外国語では無い様です。

|、猫と金魚                                     春 風 一 刀
実はこの噺は、東大落語研究会編の「落語事典」には、掲載されておりません。新作で漫画家・田川水泡作の名作です。
と、言っても田川水泡氏が解らないと思います。【のらくろ】と云う当時(戦前から戦後)人気絶大の漫画家です。談志
ひとり会のポスターの原画は、この方でした。記憶違いでなければ練馬の方にお住まいでその原画を頂きに上がりました。 
その縁で、談志も一度だけ高座に掛けた事が有り、その感想は「難しい〜 こりゃ俺のもんじゃない。竹ちゃんのものだ!」
と言ったのを覚えてます。竹ちゃんとは橘家竹蔵、月の家円鏡の二つ目の頃の名前です。この噺は先代・柳家権太楼の為に書
き下ろししたもので、その噺を先代・月の家円鏡時代の円蔵が十八番にしてました。落語芸術協会では、伸治から文治に成った
先代が良く高座に掛けてました。挨拶文にも書きましたがこのナンセンス落語をどう料理するか、楽しみです。

|、堀部弥兵衛                                     鈴々舎 馬 桜
本来ならば、講釈師から教わった方が楽だったのですが・・・諸般の事情で色々調べて高座に掛けさせて貰います。参考資料は
小島政二郎の「堀部弥兵衛」と云う小説です。さぁ いざ取り組んでみると難しい難しいとても太刀打ちが出来なくなりました。
しかし 落語には「地噺」と言うジャンルが有りますので、その俎板へ乗せて見ました。息子の死因などは笑いの種に成らない
し、安兵衛を婿養子に迎えるエピソードは、面白いのですが、それは宇野信夫が芝居として書いて、最近では吉右衛門が国立劇場
で上演しました。その公演記録を参考に拝見しました。やはり見た方が面白いので・・・。師走で「赤穂義士伝」と言う考えも、も
う古いんですかね?。 

|、転宅                                        林 家 たま平
彼から演目の相談にのった時、迷わずこの噺なら同期の古今亭志ん橋が良いよ!。と勧めました。お手本は良いものを選ばなければ
行けません。これは、歌舞伎役者・先代中村芝翫に言われた言葉で肝に銘じてます。二つ目どうしで最近は根多の交換をする様になっ
た。と言う事を聞いて驚いております。思えば私が二つ目頃は良いお手本の師匠方が丁寧に教えて下さいました。
たま平はこの噺には随分悪戦苦闘した様です。人物の描き訳がきちんとできるか? 間抜けな泥棒の人の好さが伝わるか? 憎めない
という事の難しさ。この女の色気が出せるか、大店の主人に囲われている女です。そして 最後に出てくる煙草屋の親爺の人の好さ。
全部が善人? と言う落語らしい落語です。短くすると味わいが無くなってしまう噺なので・・・そこが腕の見せ所です。私も聴くの
を楽しみにしております。    *文中敬称略 


D面

☆馬桜初席・浅草演芸場・第四部 19時30分過ぎ
  2日・6日・9日・10日 交代高座

☆睦月・初演の会  
  時:令和二年1月25日(土曜日)
  開場:17時10分 開演:17時30分
所:落語協会二階 03−3833−8563
木戸:1500円 学生&役者 1000円
お問い合わせ&ご予約
電話:(事務局):090−8567−2302
メール:baorin@reireisha.com
番組 
|、宿題三題はなし  春風 一刀
|、雑俳       林家 たま平
|、初天神      鈴々舎馬桜
|、締め込み     春風一刀 

☆如月・初演の会  
  時:令和二年2月29日(土曜日)
  開場:17時10分 開演:17時30分
所:落語協会二階 03−3833−8563
木戸:1500円 学生&役者 1000円
お問い合わせ&ご予約
電話:(事務局):090−8567−2302
メール:baorin@reireisha.com
番組 
|、宿題三題はなし  鈴々舎馬桜
|、千早振る     春風一刀
|、人情八百屋    林家たま平
|、王子の狐     鈴々舎馬桜

☆12月山野楽器落語の一日
令和元年12月18日(水曜日)
場所:ヤマノミュージックサロン池袋
 池袋駅東口 徒歩2分 MIビル3階
お問い合わせ:電話:03−3980−3003

第一部 
第169回  馬桜落語講座
講義内容:平成の落語家・立川談志
参考ビデオ「黄金餅」を見る予定です。
時:12時40分開場・13時開演・14時30分終演
木戸:2000円 役者&同業者:1000円

第二部 
184回 熱血・若手落語会 
時:14時40分開場・15時開演
木戸:前売り・110円 当日1500円 
各種割引:学生&役者&山野楽器会員:1100円
番組
|、 松山鏡    林家 たこ蔵
|、宿屋の富   鈴々舎 馬桜
|、穴泥     台所 おさん
|、鰍沢     鈴々舎 馬るこ

第三部
☆時そばと芝浜を聴く会
時:18時30分開場・19時開演
前売り・2000円 当日・2200円
お問い合わせ
電話:03−3982−7285(事務局)
メール:dennshi.spt@gmail.com
春風亭傳枝:時そば・芝浜
ゲスト:二代目東京コミックショー(三蛇調教)

☆ 第23回 年忘れ・鈴々舎馬桜独演会
=特集・吉原はこんな所で御座いました=
時:令和元年12月28日(土曜日)
18時開場・18時30分開演・20時40分終演予定
所:池袋演芸場 03−3971−45454
*JR/絵団地下鉄 池袋駅北口下車徒歩2分
木戸:3000円・全席指定
ご予約&お問い合わせ
メール:baorin@reireisha.com
電話:大有企画 03−3801−6799
馬桜演題
|、二階ぞめき =鳴り物入り=
|、三遊亭円朝作
人情噺 文七元結
[1384] いろいろ 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/12/07(Sat) 09:40   [返信]
先ず、本日は師走・初演の会です。
席は余裕が有り、椅子席もまだ大丈夫の様です。
ご予約は電話でお願い致します。
090−8567−2302(事務局)へ お掛けください。

訃報

私の独演会の開演前に必ず演奏(流される)される「携帯電話を切りましょう!」
の作詞・作曲・歌の中島敦彦さんがお亡くなりに成りました。コーラスは井之上隆志さん。
小さな落語会の世話役が欲しい、と言うのでCD化して謝楽祭で千円で販売させて貰いました。
勿論 ご本人には許可を得て、印税の問題の話もしましたら、大笑いされました。
劇団・道学先生で数々の名作を見せて貰い、打ち上げで楽しい話を沢山聞かせて貰いました。
新しい作品が見られなくなるのは・・・寂しいです。
改めてご冥福をお祈り致します。
年下の才能豊かな人が亡くなるのは、つらいですね。

昨日は一日寒い日でしたね。

「堀部弥兵衛」の事で頭がいっぱいの時にいろいろ連絡事項が来て、なんとか整理して返事を出してます。

28日の独演会の鳴り物係 なんとか捕まえました。【二階ぞめき】お楽しみに!
【文七元結】漬けにこれから成りそうです。

初席の出番も三人で調整が付き、私は浅草演芸場 第四部・19時30分過ぎの上がりです。
吉窓・若円歌・馬桜の三人交代高座で、私は2日・6日・9日・10日です。
[1383] 12月5日 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/12/06(Fri) 10:15   [返信]
先ず、切り番の件 フロントページのカウンターが「399200」でした。
丁度 後 800番です!
踏んだ方は、なにか掲示板に書いて下さい。
勿論・扇子と手拭いをプレゼントさせて貰います。

昨日は早めに起きて、朝食をかみさんと採り雑用を片付けて出掛ける仕度をする。
新宿末廣亭の13時上がり、三遊亭萬窓師の代演です。
忘れ物は無いか? 確認して出掛ける。

早めの楽屋入りです、行ったら漫才さんが上がってる? うん??
二つ目の所に上がる柳亭市弥君が小田急線の事故に巻き込まれた様です。
携帯電話がある時代で、遅くなる事が楽屋一同が共有していたので、次の真打・古今亭菊太楼くんが用意して上がる。
菊太楼:てんしき その後 市弥:呑める 彦いち:初天神 ダーク広和:奇術
馬桜:歯ンデレラ  お陰様で受けました。きく麿君に感謝です。
桂扇生:芋俵  ぺぺ桜井:ギター漫談 桂文生:酔虎傳
師匠・馬風が楽屋入りして、先日のお礼を言って辞去。
池袋演芸場へ寄って「独演会のチラシ」を置いて貰う。

真っ直ぐ帰宅。
28日の独演会の前座・彦星君が師匠の独演会でそちらに行くので池袋には・・・駄目!
*代りの前座を探さないと・・・【二階ぞめき】は、鳴り物入りです。

帰宅してメールの整理をしている内に18代目・中村勘三郎の祥月命日で有る事を確認。
七年前に成るそうです。沢山の素敵な思い出が有ります。
知り合いになったきっかけは、いづれも先代・又五郎:勘九郎:橋之助の三人が一緒の楽屋の時
落語【中村仲蔵】の中に出て来る言葉の意味を橋之助君に訊きに行ったら、又五郎丈が色々応えて頂きました。
言葉の意味や、トンボは返る。見得はする。大見得は切る。と使い分けて下さい。とお願いされました。
帰るときに、わざわざ勘九郎丈が楽屋口まで送って呉れて、お礼を言われました。
なかなか訊けない事をこちらがいろいろ聞いたので、そのお礼だそうです。

それから、西新井大師の参道のお店、小柳家さんが中村屋の大のご贔屓でしたので・・・
ご紹介したら、二人とも意気投合して素敵な役者と素敵なお客様の出会いでした。
その後・・・追っかけを随分突き合わされました。
それがどれだけ血となり肉になったか! 二人には感謝しております。

改めて、二人のご冥福をお祈り致します。
[1382] 海老蔵改め十三代目・市川團十郎白猿襲名公演・助六配役表 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/12/05(Thu) 23:44   [返信]
随分前に眠れない晩があり・・・戯れに考えて見ました。
他の劇場との兼ね合いもあります。
どういう座組で公演するか? 仁左衛門の名前が無いのが寂しいですが・・・。

☆海老蔵改め十三代目・市川團十郎・白猿 襲名公演 助六配役一覧
花川戸助六:市川團十郎

   お手本組     若手
揚巻:坂東玉三郎・ 尾上菊之助
白玉:中村雀右衛門:中村七之助か梅枝
意休:市川左團次か中村芝翫:中村獅童 *老齢の役者に取って大変重労働な役だそうです。
白酒売り:尾上菊五郎:松本幸四郎か中村勘九郎
かんぺら門兵衛:中村吉右衛門:尾上松緑か市川右團次
朝顔仙兵衛:中村又五郎:市村橘太郎か中村萬太郎
福山かつぎ:中村梅玉:市川染五郎・
通人:市川中車か片岡愛之助:???
*若手の適任者を早めに造らないと・・・。
国侍利金太:片岡市蔵か片岡亀蔵:
母・満江:中村東蔵か中村時蔵
*時蔵に揚巻をさせたい。そして母は玉三郎にと云う案もあります。
口上:松本白鸚:*市川猿之助

*若手の時に口上と通人を一門として遣って欲しいですね。
七代目菊五郎襲名の時に17代目勘三郎が遣り、歌舞伎座最後の助六で18代目が遣りました。
やはり、一般の人にも顔が売れている人が良いですね。
[1381] 12月4日 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/12/05(Thu) 09:57   [返信]
昨日は普通に起き、雑用を片付けて落語協会へ。
クロネコヤマトさんにはこの所 随分ご迷惑を掛けてますが、なんとか本日は間に合いました。

14時に協会に着き、暮れのご挨拶をして、師走の独演会のチラシ(池袋演芸場の分)をコピー。
そして、来年2月11日のお江戸日本橋亭の一日公演のチラシの版下も出来てきたのでこれもコピー。
本日のハヤCINE会用のものです。

14時45分から二階で【ねずみ穴】の上げの稽古。
二年前に教えてそうですが・・・すっかり忘れてました。
呆けてはいませんが、結構 後輩たちには稽古しているので・・・
細かい直しをして・・・残念ながら今回は上がりませんでした。
所帯も持ち、子供も生まれた。と言う事を聞いたので少し厳しく。
*この噺で、ご飯が食べられる様にするには時間が掛かりますが・・・。
終えて、二人でお茶をする。
基本的な落語に対する姿勢が正しいので、ある種安心してます。
敢えて 名前は伏せます。

時間が来たので、銀座線で上野広小路から渋谷へ。
ハヤCINE会の定例会です。
今回のゲストは、黒澤明監督や岡本喜八監督のカメラマン・加藤雄大さんです。
色々な裏話が聴けて楽しい時間を過ごす事が出来ました。
特に「八甲田山」の撮影の裏話は圧巻でした。改めてこの映画見直します。
A班が木村大作氏 でB班が加藤さんだったそうです。

そして、最後の手締めの発声を頼まれ無事にお開き。
日系米国人が居て(ハワイの方でCGの技術者)生まれて初めて三本締めをしたそうです。
漢字を知らないと、三本〆の意味が解りにくいですね。

そして、28日の独演会の切符が結構な枚数が捌けました。有難い事です。
お開きに成って渋谷の駅に向かっていたら、電話が掛かって来てセカンドバックを忘れた事を指摘させる。
大急ぎで戻り、無事回収して帰宅。
[1380] 復活 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/12/04(Wed) 10:25   [返信]
お陰様で昨日はきちんと起きられました。
そして、入浴して朝食を採り、出掛ける支度をして【人情八百屋】を浚う。

錦糸町の某ホテルで13時30分から50分の口演。
先ず、用意して下さった座布団の置き方が・・・間違ってました。
先日の打ち合わせできちんと教えておくべきでした。
皆さんは知ってますか? 座布団の後ろ前を!

小咄を振って指先健康法から、【人情八百屋】を口演。時間通り50分で終了。
終演後 始めて生で落語を聴いた、と言う方が「感動しました!」と言って下さいました。
何よりの誉め言葉です。
この噺は、最初食指が動きませんでしたが・・・覚えて良かった!!

すべてを終えて、久し振りにチーズケーキとコーヒーでほっと一息。*コーヒーブレイク。
こう云う時間が好きです。

地下鉄・半蔵門線・錦糸町からで大手町まで、丸の内線に乗り換えて池袋へ。
池袋演芸場に寄り、12月28日の馬桜独演会の切符を置いて貰う。
B列1番〜8番 まで置いて来ました。前の方の席をご希望のお客様、一階窓口でお求め下さい。
そして、時間 ぎりぎりにお越し頂ける方は、通路側の席をご用意させて貰います。
また、真ん中の列(所謂・補助椅子)ご希望の方も、メール予約または電話予約の時に言って下さい。
まだまだ ご希望の席をご用意出来る状態ですが、出来なく成りましたら改めて告示させて貰います。

皆様の予約メール待っております。
[1379] 雀三郎師の会にゲストで出ます 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/12/03(Tue) 23:30   [返信]
桂雀三郎ひとり会

時:2019年12月14日(土)18:00開場 18:30開演
場所:お江戸日本橋亭
番組:
|、開口一番 桂慶治朗
|、くやみ 桂雀三郎
|、思い出トーク 馬桜&雀三郎
   中入り
|、七段目   鈴々舎馬桜
|、夢の革財布 桂雀三郎
*私の七段目は、当然鳴り物入りです。夢の革財布は上方版「芝浜」です!
 12月14日は、赤穂義士討ち入りの日で・・・七段目です!

料金:前売3000円 当日3500円 全席自由
メール予約:baorin@reireisha.com  私のアドレスでも予約承ります。

前売所:チケットぴあ(Pコード497-563)、イープラス、米朝事務所03-5808-1581
    ※プレイガイドは10月4日(金)発売開始
主催・お問い合わせ:兜ト朝事務所03-5808-1581

どうぞよろしくお願い申し上げます。
[1378] お陰様で・・・ 投稿者:ばおりん 投稿日:2019/12/03(Tue) 07:19   [返信]
完全に三日間安静ににしていましたら・・・熱も下がり悪寒も無くなり快調とまで行かないけど、大丈夫です。

食欲は有るのですが、食べ過ぎ赤信号が出てます。
ご飯を少なくするとおかずが沢山食べられる(馬鹿でも解る)ので量的に同じ・・・嗚呼!
パソコンを開けてメールで返事しなければいけないところをいくつかレスする。

問題は、12月28日(土曜日)池袋演芸場の独演会のチラシを郵送しなければ行けないのですが・・・
あて名書きを29日・30日・12月1日の三日間でで完成する予定が寝てましたので・・・。
改めて告知です!

☆ 第23回 年忘れ・鈴々舎馬桜独演会
=特集・吉原はこんな所で御座いました=
時:令和元年12月28日(土曜日)
18時開場・18時30分開演・20時40分終演予定
所:池袋演芸場 03−3971−45454
*JR/絵団地下鉄 池袋駅北口下車徒歩2分
木戸:3000円・全席指定
ご予約&お問い合わせ
メール:baorin@reireisha.com
電話:大有企画 03−3801−6799
馬桜演題
|、二階ぞめき =鳴り物入り=
|、三遊亭円朝作
人情噺 文七元結

@皆様のご予約をお待ちしております。
記事No 削除キー

- LightBoard -