space
  鈴々舎馬桜  
space
  鈴々舎馬桜 REIREISHA Baou  
space
トップページ   プロフィール   公演情報・出演情報   アルバム   リンク   掲示板  
space
   
ごあいさつ 令和元年神無月 朔日

 お陰様で九月は無事に乗り切れました。

今月の寄席出演は上席から池袋演芸場の夜の部 18時30分上がりに出演致します。 トリは、弟弟子の馬るこ君です。他には素敵な出演者でいっぱいです。私のあとの中入りは(近頃・中トリ と云う言葉を使う素人さんがいますが間違いです)円丈兄さんです。 尊敬してる先輩の噺と楽屋で色色な事(おもに円生師匠の事)を聴ける楽しみで、ワクワクしております。

11日(金曜日)は、横浜の相澤幼稚園に園児とそのお祖父さんお祖母さんに落語を聴いて貰います。 まず、始めに園児に聴かせます。小話を何席か聴いて貰います。 そして保護者には「健康法」となにか笑いの多い噺を聴いて貰います。 20年近く通わせて貰ってます。ご縁があってご贔屓の息子さんが通っていた時始めて行きました。 その息子さんが、今は大学を卒業して社会人になってます。私も色々勉強させて貰っております。

13日(日曜日)黒門亭の二部へ出演させて貰います。 トリは、たこ蔵君で【化け物使い】で、私はくいつき(中入り後 すぐに上がる芸人)で、鳴り物入りで 【肝つぶし】を口演致します。他には柳家さん弥師と二つ目の人気者・春風亭ぴっかりさんと云う素敵なメンバーです。 皆様のご来場をお待ちしております。

16日(水曜日)第三水曜日で、池袋山野楽器で「落語の一日」です。 場所の表記を「ヤマノミュージックサロン・池袋」としてます。 アディダスビルの隣で三階に御座います。

第一部 馬桜落語講座(13時~14時30分)「昭和の名人・10代目・金原亭馬生」で、【鰍沢】を見て貰います。 *八月に講義をする予定でしたが、私が体調を崩して出来なかったので、改めての講義です!

第二部は、熱血・若手落語会 です。早いもので183回と回を重ねております。私は、久し振りに【茶の湯】を口演させて貰います。この噺を遣るために茶道の稽古に行きました。お茶は色々な事を教えて呉れます。お茶を点てるだけで無く、作庭・掛け軸・生け花・茶碗・茶入れ・薄器など 楽しい時間を過ごす事が出来ました。自分で茶杓をこしらえ先代・中村芝翫丈に箱書をして貰いました。銘は「静(しずか)」です。節の無い茶杓でこの名前を付けました。その当時の静役者の第一人者の箱書きをお願い致しました。素敵な思い出です。 他には「掲示板」へ各自の演目をお知らせ致します。

第三部は「落語だけじゃない落語会」です! ご来場の皆様に【カツサンド】が付きます。 カツサンドを用意する為に定員を30名させて貰いました。 カツサンドは鶴見に在る、とんかつ屋さん「むら井」さんのものです。 *お店では売っておりません。ここのカツサンドは美味しくて評判が良いんです。で、お客様に食べさせたいので企画しました。 この詳細も「掲示板」に告知致します。

毎月の勉強会「初演の会」は今月は26日(土曜日)です。17時10分開場・17時30分開演です。 宿題三題噺は、助っ人で活躍してくれた桃月庵こはく君が最初で最後の月番を務めてくれます。楽しみにしております。 こはくサヨナラ公演です。大勢のお客様にお越し頂きたい。と思っております。 この会も詳細は掲示板でお知らせ致します。

今月もお陰様でなにかと忙しくさせて貰います。

また 地方でも都内でも小さな落語会を開催してる呉れる方を募集? しております。 ご遠慮なく連絡下さい。 お願い致します。

また、最近は流行の小説を全く読んでおりません。どうしても落語関係の資料が多く成ります。 特に江戸の地名をアタマに入れないと・・・ 来年は円朝作「緑林門松竹(みどりのはやしかどにまつたけ)」を口演して行きますので身体の調子の良い時に下町を歩いてみるつもりです。

また、「掲示板」は、皆様のものです。おススメの芝居・映画・コンサート・等 お書込み下さい。

また、落語会・寄席・芝居・映画の感想もお書込み下さい。

今月も宜しくお願い致します。

鈴々舎 馬桜

 
 

【公演予定】

詳しい公演情報はこちらをクリックしてください。


雑誌七緒の表紙 雑誌七緒特集

「七緒 Vol.50」に鈴々舎馬桜登場!髑髏に妖怪…こわいけど惹かれるアイテムで夏の着物を遊んでみようという企画が掲載されています!ぜひ書店で!

space

【仕事のご依頼・ご相談】

■落語会・講演のご依頼、取材・出演などのご依頼・ご相談は メールにてご連絡ください。

【このサイトについて】

■このサイトの全データの著作権は「鈴々舎馬桜」にあり、画像・文章などを無断で使用・売買することを禁じます。
■リンクは http://www.reireisha.com/ にお願いします。事後で構いませんのでご連絡ください。

独演会の感想・サイトへのご連絡はメールにてお願いします。