space
  鈴々舎馬桜  
space
  鈴々舎馬桜 REIREISHA Baou  
space
トップページ   プロフィール   公演情報・出演情報   アルバム   リンク   掲示板  
space
   
ごあいさつ 令和元年八月朔日

 八月に成りました。
お陰様でこのところ意識的に運動をしております。七月の後半は連日真夏日でしたが、なんとか負けずに頑張っております。やはり運動をしていると体調も良い様です。

寄席は上席(1日~10日)新宿末廣亭の昼の部13時45分上がりに出演させて貰います。トリは、毎年の吉例で林家正蔵師です。
他には馬風師が中入りでその前に権太楼師も出ます。お時間の有る方はぜひ、前座から聞いて下さい。
私は、4日(日曜日)早上がりですが、他の日は自分のところに上がり休演はありません。 十日間無事に勤められる様に頑張ります。

4日(日曜日)は、赤坂・常國寺さんで「精進料理と落語の会」が御座います。12時30分から精進料理を食べて、少し休憩を頂いて13時30分から落語会です。
夏はこちらも吉例に成りました「怪談噺」です。
今回は三遊亭円朝作の【真景累ヶ淵・宗悦殺し】です。 ここが面白く語れると、後の「お薗新五郎」「豊志賀の死」「お累の婚礼」など面白く聞けるはずです。
今回は、春先から随分読み込みをしましたので今まで聞いた事の無い場面に成ると思います。蝋燭を立て、火を灯して明治の雰囲気で聴いて貰います。精進料理の方の定員が20名で落語だけのお客様の定員も20名です。40名と云う限られた人数で聴く落語会・・・少し贅沢な会になります。どちらもまだ定員に若干余裕が有るそうですので、早めに申し込んで下さい。

11日(日曜日)は三遊亭円朝師匠の祥月命日です。落語家が大勢集まりその供養をします。歳時記にも「円朝忌」が記載されております。
*最近は「山の日」で祝日に成りました。菩提寺の谷中・全生庵で法要の後 円朝座を開催致します。第九次 第一回の公演です。
毎年・座禅堂での開催ですが、今年は全生庵さんのご厚意で全席椅子席に成りました。定員100名で七月中にソールドアウトに成りました。助演の古今亭菊之丞師が7月31日の朝日新聞の夕刊に記事が掲載され、その反応が凄く・・・お断わりするのに大有企画も私も大変で嬉しい悲鳴を上げてました。

第三水曜日は、今月は一番遅い21日です。 ヤマノミュージックサロン・池袋 「落語の一日」です。第一部 13時~14時30分 「馬桜落語講座」で昭和の名人・十代目 金原亭馬生師を取り上げます。先代には色々と可愛がってもらったエピソードが聴けます。映像は珍しい【鰍澤】が有りましたので、それを見て貰います。

第二部 熱血・若手落語会です。
15時~17時近く? 詳細は掲示板をご覧下さい。

第三部 馬桜と小きんの落語道場 
早いもので四回目に成ります。小きん師は珍しい演目【おさん茂兵衛】に挑みます。私は廓はなしの名作【付き馬】に挑みます。こちらも、詳細は「掲示板」をご覧下さい。特にこのところ【おさん茂兵衛】は寄席でも落語会でも掛かって無い様です。

そして、毎月の勉強会「初演の会」は31日(土曜日)に開催致します。8月は「終戦記念日」や原爆が投下された日など色々な行事があります。昔 戦争していた時の不謹慎な落語として53種類の落語が口演禁示に成りました。
戦争が終わり、その埋めた落語を復活させた先人に感謝の意を込めて、毎年8月は「特集・禁演落語」です。落語がなんの縛りも無く口演出来る幸せ、そして聴ける平和の時代に感謝しての「初演の会」です。
寄席は当然「余一会」が目白押しです。その中の公演は有る種無謀な行為かも知れませんが・・・令和と年号が変わっても戦争の無い平和な時代にしたくこの会を開催致します。私は【錦の袈裟・ポン熊編」です。主人公が与太郎では無く、町内のはねっ返りの熊五郎です。今 この型で遣る落語家は居ません。希少価値を買って下さい。また若手は、一刀が【紙入れ】こはくは【二階ぞめき】に挑みます。

今月もいろいろ忙しくさせて貰っております。
また 小さな落語会を開催したいと思ってる皆様 どうぞ遠慮なくメールを下さい。


鈴々舎 馬桜

 
 

【公演予定】

詳しい公演情報はこちらをクリックしてください。


雑誌七緒の表紙 雑誌七緒特集

「七緒 Vol.50」に鈴々舎馬桜登場!髑髏に妖怪…こわいけど惹かれるアイテムで夏の着物を遊んでみようという企画が掲載されています!ぜひ書店で!

space

【仕事のご依頼・ご相談】

■落語会・講演のご依頼、取材・出演などのご依頼・ご相談は メールにてご連絡ください。

【このサイトについて】

■このサイトの全データの著作権は「鈴々舎馬桜」にあり、画像・文章などを無断で使用・売買することを禁じます。
■リンクは http://www.reireisha.com/ にお願いします。事後で構いませんのでご連絡ください。

独演会の感想・サイトへのご連絡はメールにてお願いします。