space
  鈴々舎馬桜  
space
  鈴々舎馬桜 REIREISHA Baou  
space
トップページ   プロフィール   公演情報・出演情報   アルバム   リンク   掲示板  
space
   
2023年 令和5年 如月 朔日
 お陰様で1月を無事に終えました。
元旦からNHKの「ラジオ深夜便」の放送が有り聴視率もNHKの番組でトップ5に入ったそうです。
嬉しい誤算です。師匠・馬風も聴いて下さったそうです。 感想は、「よく覚えていたなぁ~!」 と元旦に伺いま したら言われました。
初席は、コロナ過の中で迎えました。暮れには二万人を超 えた日も有りました。それでもお客様が詰めかけて下さ り陽気なお客様で口演し易かったです。 「初演の会」もわざわざ大阪から来て下さったお客様が居て、若手二人の大根多挑戦も喜んで下さいました。 私の【景清】もお陰様で東京版を始めて聴いた様で好評です。良いスタートを切る事が出来ました。

2月は、5日(日曜日)の黒門亭の二部の中入りに出演させて貰います。トリは三遊亭窓輝君で【帯久】を口演致します。 私は、鳴り物入りの賑やかな噺に仕立てた【あたま山】を20分で口演致します。他には橘家圓太郎師と古今亭佑輔君 が出演致します。祐輔君は美人噺家で二つ目ですが、すでに 多数の追っかけが居る様ですのですので、定員が30名に増 えましたがお早めにお越し下さい。 今年から「予約電話」は不要になった様です。

今月一番のイベントは、11日(土曜日・祝日)「建国記念日」に、プロデュース公演が有ります。第一部が私のライフ ワークの一つ『円朝座』を開催致します。場所は吉例で お江戸日本橋亭です。私は、三年振りに【長講・文七元結】 を口演させて貰います。ゲストは、蜃気楼龍玉師匠です。第九次は、ゲストの皆さんには毎回「鰍沢」をお願いして来 ましたが、今回も【鰍沢】を口演して貰います。 8月11日(金曜日・祝日)の谷中・全生庵での『圓朝座』は、 【真景累ヶ淵】の通しを予定しております。

第二部(15時開演)は、「馬桜独演会=着物の会=」です。 毎年・着物でお越しのお客様に私の「手拭」をプレゼントさせて貰いましたが、お客様から苦情のメールを頂きまして、着物が無い人は「手拭」を買わなければならないので・・・。 で、今年はご来場のお客様全員にもれなく私の「手拭」をプレゼントさせて頂きます。
独演会ですので三席口演させて貰います。

一席目の【崇徳院】は、お嬢さんの視点から見た一席に仕立て上げました。ひょんな事がきっかけで、この噺の構成を思い つきました。まだまだ練り直さないといけませんが・・・ぜひ 皆様の目と耳でお確かめ下さい。
二席目は、私の創作落語【如泥の鼠(じょでいのねずみ)】を口演させて貰います。 この噺も、松浦静山の書いた『甲子夜話』に出ていた噺を脚色 して口演させて貰います。伸縮自在の噺に成り鳴り物入りでも口演可能になりました。今回は予算の関係で鳴り物は入りません。
中入りを挟んで、トリ根多は【つるつる】を口演させて貰います。今年はお客様が楽しい気分で家路について貰いたい噺を口演させて貰います。 ホール代などが上がり経費が掛かりますので・・・お友達を誘って是非お越し下さい!。

17日(金曜日)は、ヤマノミュージックサロン池袋で「落語の 一日」です。

一部(13時~14時30分)「馬桜落語講座・昭和の名人の癖」 と、題して⑧文楽・⑤志ん生・⑥圓生・⑤小さんのエピソードを お話し致します。3月は31日に⓾馬生・③志ん朝・⑦談志 他 を続きで考えております。

二部(15時~17時)は「熱血・若手落語会」です。私はサラ 口で【紀州】を久し振りに口演させて貰います。たこ蔵君は、放 送作家の創作した落語【チキンラーメン誕生秘話】馬るこ【やか んなめ】おさん【ねずみ】です。 詳細は「掲示板」をご覧下さい。

三部は、落語芸術協会の桂文治師匠の落語会です。

毎月の勉強会「初演の会」は、従来の時間に戻り25日(土曜日) 17時30分開演です。詳細は「掲示板」で告知致します。私は、一度口演した事のある【西行】を改めて、井上靖と白洲正子の「西行」関係の本を読み直して洗い上げて一席にして口演致します。ご贔屓から、③圓歌 ④痴楽 ⑦談志のCDを頂きましたので参考資料には恵まれております。
たま平は【あくび指南】歌実は【子ほめ】に挑みます。特に歌実 は、従来に無い噺にしてみます。と宣言しております。 私も聴くのを楽しみにしております。

二月は一年で一番日数がありませんが、読書量をなんとか確保した いと思っております。落語関係の資料も読まなければいけないし、 話題の小説も読まないと・・・最近の芥川・直木賞読んでません。 本を読む事が大好きで、図書館や古本屋さんに行くのが苦になりま せん。
おススメの小説など有りましたら、遠慮無くメールを下さい。 先月読んだ、小堀遠州を題材にした、葉室麟著「孤蓬の人」は、お茶を遣る友人のお勧めでした。楽しく読ませて貰いました。利休は何冊か読んだ事が有りますが遠州は始めてでした。

今月もご指導・ご鞭撻の程 宜しくお願い致します。


鈴々舎 馬桜

 
 

【公演予定】

詳しい公演情報はこちらをクリックしてください。


雑誌七緒の表紙 雑誌七緒特集

「七緒 Vol.50」に鈴々舎馬桜登場!髑髏に妖怪…こわいけど惹かれるアイテムで夏の着物を遊んでみようという企画が掲載されています!ぜひ書店で!

space

【仕事のご依頼・ご相談】

■落語会・講演のご依頼、取材・出演などのご依頼・ご相談は メールにてご連絡ください。

【このサイトについて】

■このサイトの全データの著作権は「鈴々舎馬桜」にあり、画像・文章などを無断で使用・売買することを禁じます。
■リンクは http://www.reireisha.com/ にお願いします。事後で構いませんのでご連絡ください。

独演会の感想・サイトへのご連絡はメールにてお願いします。