space
  鈴々舎馬桜  
space
  鈴々舎馬桜 REIREISHA Baou  
space
トップページ   プロフィール   公演情報・出演情報   アルバム   リンク   掲示板  
space
   
ごあいさつ 平成三十一年四月朔日

 平成最後の「挨拶文」に成ります。
*この文章は三月中に書いてますので新元号は「?」です。
三月は、一年振りに「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」に参加して旧交を温めたり、 新しい人達とも知り合いに成り素敵な時間を過ごす事が出来ました。
また、慰問で行った老人ホームの方から、夕張メロン色(オレンジに近い)マフラーを頂きました。 こう言うのは嬉しいですね。

寄席出演は吉例の四月下席(21日~3日)上野鈴本演芸場・昼の部 大喜利「高座舞」が有ります。 私は正雀君と交代高座で14時15分上がりで口演致します。
奇数日ですのでお間違い無く。
21・23・25・27・29です。
割引切符が御座いますので、前々日の24時迄にメールを 下さい。当日 もぎりの所に切符をご用意させて貰います。
メール::baorin@reireisha.com です。
確か結構リーズナブルな値段に成ります。 この時点で良く把握しておりません。
改めて「掲示板」で告知します。

7日(日曜日)黒門亭の一部に出演させて貰います。 トリは古今亭菊丸師で【甲府ぃ】で私は膝代りで、珍しい古典落語【ももんがぁ】を口演させて貰います。 他には、柳家小はぜ君と橘家たけ蔵師匠が出演致します。 しかし 黒門亭の料金はいつもながら1000円は安いですね。

13日(土曜日)は、毎月の勉強会『初演の会』です。 今年は毎月【お富与三郎】を口演させてもらってます。 今回は、木更津から帰って来た与三郎がお富と再会致します。芝居で遣る「玄治店」です。
三題噺は「新元号・三角関数・何か変な事言ってますか?」で。、たま平君が月番です。 一刀君は【町内の若い衆】たま平のもう一席は【看板のピン】です。 詳細は「掲示板」でお知らせ致します。皆様のご来場をお待ちしてます。

14日(日曜日)は、赤坂の「常國寺」さんで落語会です。 早いもので今回で12回目です。 落語と精進料理の会でお料理を用意する限界が20人だそうです。 お早めにご予約下さい。

毎月第三水曜日は、ヤマノミュージックサロン・池袋の「落語の一日」です。 今月は17日で、一部が「馬桜落語講座・昭和の名人 六代目・三遊亭円生」です。 参考映像は【猫の忠信】を見ます。円生師匠の余り知られて無いエピソードをお話致します。
第二部は「熱血・若手落語会」で、私がトリを勤め【死神】を口演させて貰います。 おさん【堀の内】たこ蔵【短命】馬るこ【猫と金魚】で前座の美馬君も出ます。 詳細も同じく「掲示板」でお知らせ致します。
三部は私と馬るこ君との二人会で、馬るこ君が【らくだ】を、私が【心眼】を口演して、 もう一席は軽い落語に挑みます。これは是非お越頂きたいと思っております。 改めてDMを送りますが、ご予定に入れておいて下さい。

26日(水曜日)は「JAL名人会」の録音録りの落語会が内幸町ホールで御座います。 トリが円丈師で演目は解りません。
私は中入りで【七段目】を口演させて貰います。
他には、台所おさん・昔昔亭桃之助の若手真打です。楽しい会になりそうな予感がします。
18時開場・18時30分開演で入場料は1000円です。 この落語会も改めて「掲示板」でお知らせ致します。

今月は黄金週間の独演会の演目の稽古も有りますので、ぼんやり出来ません。 年号が変わり時代が大きく変わろうとしておりますが、自分の信じた道を歩かせて貰います。 また、「ちいさな落語会」どんどん遣って行きたい。と思っております。 ぜひ ご相談下さい。
みなさまのメールを待っております。
今月もご贔屓の程 宜しくお願い致します。


鈴々舎 馬桜

 
 

【公演予定】

詳しい公演情報はこちらをクリックしてください。


雑誌七緒の表紙 雑誌七緒特集

「七緒 Vol.50」に鈴々舎馬桜登場!髑髏に妖怪…こわいけど惹かれるアイテムで夏の着物を遊んでみようという企画が掲載されています!ぜひ書店で!

space

【仕事のご依頼・ご相談】

■落語会・講演のご依頼、取材・出演などのご依頼・ご相談は メールにてご連絡ください。

【このサイトについて】

■このサイトの全データの著作権は「鈴々舎馬桜」にあり、画像・文章などを無断で使用・売買することを禁じます。
■リンクは http://www.reireisha.com/ にお願いします。事後で構いませんのでご連絡ください。

独演会の感想・サイトへのご連絡はメールにてお願いします。