space
  鈴々舎馬桜  
space
  鈴々舎馬桜 REIREISHA Baou  
space
トップページ   プロフィール   公演情報・出演情報   アルバム   リンク   掲示板  
space
   
令和四年元旦
 明けましておめでとう御座います。 お陰様で無事に新しい年を迎える事が出来ました。明けて73回目の正月です。 子供の頃に感じた、「わぁ~! お正月だ!」と云う気 分は残念ながらありません。一つには、やはり「コロナ の影響」だと思います。 一昨年・昨年と二年連続で色々な関わって来た落語会が 出来なくもやもやした気持ちで新しい年を迎えましたが 今年も同じ様な気持ちです。

師走の独演会は、お陰様で自分で考えた構成(【掛取萬 歳】の新規の掛け取りや【味噌蔵】の宴会場面での「ス テテコ」が、思った依り好評でほっとしております。 但し 稽古は本息で遣らないといけない! と云う事が 身に染みて解りました。 仕事納めのヤマノミュージックサロン池袋の講座と落語 会も好評で気持ち良く歳を越す事が出来ました。

念頭に当たって今年の目標を掲げるのが定番ですが、何 より健康で病気の無い一年にしたいと思っております。 無事これ名馬なり:名言だと思います。 無理をしないでのんびり一年間頑張っていきたい!、と 思っております。 昨年と違うのはもう少し計画を立てて一日を過ごそうと 思います。 落語の稽古量と読書量を少し増やしていきたいですね。

今年の落語の課題は、毎年吉例の落語会を無事に勤める事です。
2月11日(金曜日・祝日)お江戸日本橋亭
第一部 馬桜独演会=着物の会
第二部・圓朝座
第三部・役者 たちの落語会。

一部で、小三治師を偲んで最後の口演演目【猫の皿】と 自分で最後の高座は、この噺と決めていた【粗忽長屋】 を、中入り後 圓丈兄さんを偲んで、お稽古して頂いた 【幇間腹】と【粟餅】の四席を勤めます。 体力的にいささか心配ですが、その為にフィットネス クラブに行っているのだ! と自分に言い聞かせてます。
二部の「圓朝座」のゲストは、花組芝居の座長・加納幸 和氏に【鰍沢】を口演して頂きます。 私は【緑林門松竹】の続きを口演させて頂きます。
三部は「役者たちの落語会」です。仲良くさせて貰って いる「花組芝居の役者」さん中心の落語会です。

5月1日(日曜日)~5日(木曜日・祝日)黄金週間馬 桜プロデュース公演。
第一部・五日連続馬桜独演会
第 二部・三部・企画公演 
掲示板に早めに告知致します。
今年は必ず公演出来る様に願っております。

8月11日(水曜日・祝日)谷中・全生庵・圓朝座 ゲ スト未定 吉例の昼間の公演です。

8月25日(木曜日)池袋演芸場特選会 「馬桜夏の独 演会」 此処で【中村仲蔵】を考えてます。

12月28日(水曜日)池袋演芸場特選会「第26回 年 忘れ馬桜独演会」 【文七元結】か【富久】となにか鳴り 物入りの噺を考えてます。

以上がすでに決まっております。 どうぞ皆様の予定の中に入れて置いて下さい。

お正月は、4日(火曜日)にヤマノミュージックサロン池袋 で「初笑い・熱血若手落語会」が御座います。
私は二部:15時30分開演で、トリで【明烏】を勤めます。 掲示板に詳細は師走に書いてありますので宜しくお願い致し ます。
今年もなるべく毎月「落語の一日」を開催したいと思 っております。

30日(日曜日)は、毎月吉例の勉強会「初演の会」です。 今年も会場探しに大変苦労しそうです。一日も早くコロナ が収束して落語協会の二階で公演出来る日が来る事を祈って おります。
今回は池袋駅から映画館へ行く道に在る、としま 区民センター 会議室502号室 です。
*豊島区南池袋1-19-5 Gビル南池袋01 5F 此処が好評なら公共施設ですのでルールを守れば、私の考え ている条件:①山の手線の中 ②駅から近距離 ③席料が五千円以下。の三条件を満たすのです。

今年も、芝居・映画・読書を楽しんでいきたいと思ってます。 歌舞伎から小劇場系と幅広く見たいのですが、コロナ感染が 気になります。オミクロン株、やはり感染力が強い。と聞く と、二の足を踏みますね。 映画も話題のものはチェックして見に行きたいと思ってます。 読書の方は、相変わらず落語関係の資料とミステリーと歴史 小説が中心になると思います。おススメのものが有りました ら遠慮なく「掲示板」にお書込み下さい。

今年も一年 ご指導・ご鞭撻の程 宜しくお願い致します。 今月も色々な行事の多い月です。 手洗い・うがい・消毒・検温 欠かさずに頑張って行き ます。 読書の方は「忠臣蔵」関係の本を読むつもりです。【中村仲蔵】も改めて勉強し直します。

最後に成りましたが今年一年ご指導・ご鞭撻有難う御座いました。 感謝しております。

鈴々舎 馬桜

 
 

【公演予定】

詳しい公演情報はこちらをクリックしてください。


雑誌七緒の表紙 雑誌七緒特集

「七緒 Vol.50」に鈴々舎馬桜登場!髑髏に妖怪…こわいけど惹かれるアイテムで夏の着物を遊んでみようという企画が掲載されています!ぜひ書店で!

space

【仕事のご依頼・ご相談】

■落語会・講演のご依頼、取材・出演などのご依頼・ご相談は メールにてご連絡ください。

【このサイトについて】

■このサイトの全データの著作権は「鈴々舎馬桜」にあり、画像・文章などを無断で使用・売買することを禁じます。
■リンクは http://www.reireisha.com/ にお願いします。事後で構いませんのでご連絡ください。

独演会の感想・サイトへのご連絡はメールにてお願いします。